★MotoGP2017オーストリアGP5位 ザルコ「トップ5に戻ってこれたのが嬉しい」

トップ5に戻ってこれたことが嬉しいと語るザルコ選手。ソフトタイヤを上手く機能させて、同じくソフトのリアタイヤを履くロレンソ選手に追いつこうとしたようですが、タイヤのグリップが落ちてきたために叶わなかったとのこと。

Sponsored Link

オーストリアGP5位 ヨハン・ザルコ

「良い形の日曜でしたし、自分達が達成したことを嬉しく思っています。今朝のウォームアップは難しく、雨が降ったらどうしようかと心配していました。しかし午後の天候は非常に高く、週末の中で最も暑い1日となりました。ですからソフトタイヤには最高のコンディションだったんです。フィーリングは良かったのですが、まだレースでどうなるのかということに関しては確信が持てずにいました。とにかく、スタートに関しては良かったですし、1周目からバトルに参加出来ました。」

「5周走った後に良い走りが出来る感触があったんですが、オーバーテイクを行うのはトリッキーな状態でした。5位で走行中にタイヤのグリップが落ちてきたので、5位を維持しようという走りに変えました。4位のロレンソを捉えようとも思ったんですが今日はそれは不可能でした。ビニャーレスが後ろからプッシュしていたので5位を維持することに集中していたんです。最終的には良い形でフィニッシュすることが出来、トップ5に戻ってこれて嬉しく思っています。この結果はチャンピオンシップにおいても自分の自信を取り戻すためにも良かったですね。トップの選手達と戦うのはエキサイティングでしたね。」


(Photo courtesy of tech3 yamaha)

<テック3ヤマハ プレシリリース>

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Pocket
LINEで送る

Sponsored Link
★MotoGP2017 マルク・マルケス「表彰台争いは出来る」
★MotoGP2017カタールGP マルケス「コーナー出口のロスが大きい」
★MotoGP2017カタールGP7位 レディング「こんな結果は予想していなかった」
★排気量3%アップながら出力18.3%アップの新エンジン搭載 スポーツモデル「YZF-R15」をインドネシアで発売
★MotoGP2017 クラッチロー「全てのメーカーで自分の速さを証明できた」
★MotoGP2017アメリカGP ザルコのオーバーテイクはアグレッシブ過ぎたのか?
★MotoGPヘレステスト 各チームのコメント Avintiaレーシング
★MotoGP2017フランスGP 木曜プレスカンファレンス全文翻訳
★MotoGP2017ミシュラン フランスGP決勝レースリリース
★ヘイデン一家 正式にヘイデン選手の訃報を発表
★MotoGP2017イタリアGP 予選7位ロレンソ「スタート次第ではトップグループで戦える」
★MotoGP2017スズキ ダヴィデ・ブリビオ「プロジェクトリーダー交代は成績と無関係」
★MotoGP2017オランダGP FP2結果
★MotoGP2017オランダGP 予選プレスカンファレンス翻訳
★MotoGP2017ブルノテスト イアンノーネ「バイクに対するフィーリングが大きく向上した」
★MotoGP2017予選5位 ダニロ・ペトルッチ「ストレートスピードが遅いことでタイムを失っている」
★MotoGP2017サンマリノGP ビニャーレス「ライバルとの差を詰めることが出来る」
★MotoGPイギリスGP 2018年のMotoGP開催を強く望むシルバーストーン
★ニッキー・ヘイデンの死亡事故の過失割合が明らかに ドライバーには懲役5〜10年の判決の可能性
★MotoGP2017日本GP 3位ペトルッチ「常に問題なのはドヴィとマルクの2人」