★第41回出光イーハトーブトライアル大会開催~大自然と調和したトライアルバイクの魅力を味わう大会~

当社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:月岡隆)は、岩手県内において、8月26、27日の2日間にわたり開催する「第41回出光イーハトーブトライアル大会」に冠協賛いたします。

「イーハトーブトライアル大会」※1は、1977年より開催され、岩手県の雄大な自然を舞台に、自然と調和したモータースポーツの魅力を味わえるツーリングトライアル※2大会として、世界有数の参加者数を誇ります。本大会は、参加者が各々の技術レベルに合ったセクションに挑戦しながら、大自然の中での競技を楽しみ、沿道で応援してくださる地域の人々や、参加者同士の交流を深められる事も大きな魅力になっています。当社は1989年の第13回大会より冠協賛を継続し、コース沿道の地域の方々と共に、参加者が安全にレースを楽しめる環境づくりを支援しています。

Sponsored Link

第41回大会では大会創設時の原点に改めて立ち戻り、「本物の提供」と「次世代の育成」をテーマに、「国際A級以上のスキル」を参加要件とした「スポーツトライアルクラス」を新設しました。国内トッププロライダーを招待し、参加者に本物のスピリットに触れる機会を提供します。

本大会に先立ち、8月6日(日)、宮城県・スポーツランドSUGOにて、本番のトライアルを模したコースで実践的なテクニックが学べるプロライダー直伝の講習会「プレイーハトーブ」を開催しました。

また競技人口の裾野を拡げる取り組みとして小・中学生向けに「アドベンチャートライアル」の規模を拡大し、子供たちにオフロードバイクを自在に操る楽しさと本物の自然を体験する場を提供します。

当社は、今後もこうした協賛を通じて、モータースポーツ文化の発展と環境の調和に貢献してまいります。

※1:トライアルとは、高低差や傾斜が複雑に設定された採点区間(セクションと呼ぶ)を、いかに足を接地せずオートバイに乗ったまま走り抜けることが出来るかを競うモータースポーツ。

※2:ツーリングトライアルとは、一般道や林道、けもの道など、主催者が設定したコースを走行しながら規定のセクションを消化し移動する競技。

<出光興産株式会社 プレスリリース>

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★USヨシムラから2017年型CBR1000RR用エキゾーストが登場
★クロスオーバーモデル「400X」の各部の熟成を図るとともにカラーリングを変更し発売
★ヤマハ 「BOLT ABS」「BOLT Rスペック ABS」2017年モデル発売
★ホンダ 新型アドベンチャーモデル「X-ADV」を発売
★米GoPro 最新モデルが割引で購入出来る下取りキャンペーンを開始
★スーパーバイク世界選手権2017 イモラ戦のブレーキングをブレンボが徹底解説
★ニッキー・ヘイデンの事故発生時の現場映像を地元警察が入手
★マックス・ビアッジ 選手達と練習中にスーパーモタードで転倒し骨折
★「E-KIZUNA Project 協定」に基づくヤマハ発動機・さいたま市の連携について
★WSBK王者カール・フォガティ DirtQuakeで転倒し肋骨などを骨折
★2017年モデル GSX-R1000R ABS 発売
★BMW R1200GSのリコール対象台数は世界で150,000台以上のおそれ
★ドゥカティ・パニガーレV4が、EICMA 2017来場者による人気投票で「世界で最も美しいバイク」アワードを受賞
★ヤマハ発動機 応募締め切り間近!ヤマハ発動機ペーパークラフト20周年特別企画。”スケてて切れてる”パーツシートを20名様にプレゼント。
★ホンダ ペルーの二輪車工場で生産開始10周年記念式典を開催
★MVアグスタ ブレンボのPR16マスターシリンダーに関するリコールを発表
★鈴鹿サーキットでハーレーダビッドソン創業115周年を記念した大試乗会を開催
★ジョン・レノンが所有していたモンキー 約830万円で落札される
★「BiGMACHINE零(ビッグマシン ゼロ)」Vol.3が刊行!
★第45回東京モーターサイクルショー SHOEI、NGKブース