★MotoGP2017 ビニャーレス「再度シャーシ変更するより、セッティングを煮詰めたい」

オーストリアでは2016年型のバイクに乗るザルコ選手に追いつくことが出来なかったビニャーレス選手、ロッシ選手。ヤマハは再度シャーシの変更を模索しているようですが、ビニャーレス選手はシャーシ変更よりも先にセッティングを大きく変更することで、調子を取り戻せるのではないかと考えているようです。

Sponsored Link

ビニャーレスとロッシはレッドブル・リンクでリアグリップの低下に苦しみ、1年型落ちのバイクを操縦するテック3のヨハン・ザルコに続いて6位と7位でレースを終えた。シーズン前半に圧倒的な強さを発揮し、アッセンからヤマハの最新スペックのシャーシを使用しているビニャーレスは過去4戦の中でブルノのレースで表彰台を獲得した。しかしビニャーレスは再びシャーシを変更することはヤマハにとっては最適な方法ではないと感じており、シルバーストーンの前に今週日曜のミサノテストの中で現在のパッケージを最適化することが重要だと考えている。

マーべリック・ビニャーレス

「今シャーシを変更するよりも前に明らかな問題があります。おそらくバイクに集中して、なんとか今の状態で機能するようにしていくことが必要でしょう。セッティングを大きく変更してみて、それで機能するかどうかを見てみる必要があります。個人的にシャーシは変更したくないですね。ミサノでは懸命に作業をしてシルバーストーンへの準備をしたいと思います。」

「テック3の2016年型のシャーシがどうなのかはまったくわかりません。チームのほうが2016年型シャーシ、自分達の2017年型シャーシのポテンシャルをより理解しているでしょう。なんとかバイクを最高の形で乗ろうとしているんです。」

ビニャーレスは6月のアッセンの後で、新型シャーシは自分のライディングスタイルには合わないと語っている。そして彼は自分のアグレッシブなスタイルを、ヤマハのバイクに合わせなくてはならなかったとも語っている。

「ライディングスタイルを少し変更しました。当初はブレーキングがハードで、スロットルの開け初めも非常にアグレッシブだったんです。ただ、今はラップタイムを記録するには、あらゆるエリアでスムーズである必要があります。自分はブレーキングが非常にハードで、コーナーにも深く進入するんです。Moto3から最近のレースまでそうでした。ただ今はバイクに合わせて、バイクを上手く機能させるようにする必要があります。それに合わせてライディングスタイルも少し変更しています。」

(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★MotoGP2017 Red Bull KTM 2017年カラーのカウルで走行を開始
★MotoGP2017カタールGP ビニャーレス「自信を感じている」
★MotoGP2017 ロレンソ「Ducatiはヤマハのようにシャーシ開発に力を入れるべき」
★MotoGP2017ヘレスGP 決勝結果
★MotoGP2017ヘレスGP 2位マルケス「フロントタイヤが柔らかすぎた」
★元MotoGP王者ニッキー・ヘイデン 自転車で走行中に車と衝突し重体
★MotoGP2017フランスGP 予選プレスカンファレンス全文翻訳
★MotoGP2017カタルーニャテスト イアンノーネ「このプロジェクトとスズキを信じている」
★MotoGP2017ドイツGP 木曜プレスカンファレンス翻訳
★MotoGP2017ドイツGP 8位ドヴィツィオーゾ「リアタイヤのグリップ低下に苦戦」
★バルセロナ‐カタルーニャ・サーキット 「2018年もMotoGPを開催する」
★MotoGP2017オーストリアGP フォルガー「レッドブル・リンクでのレースは楽しい」
★MotoGP2017イギリスGP FP4結果
★MotoGP2017イギリスGP 予選4位ビニャーレス「FP4で良い仕事が出来た」
★MotoGP2017イギリスGP 予選6位ドヴィツィオーゾ「良いペースだが、レースでどうなるか」
★ヤマハ バイクライフサポートアプリ『RevNote by つながるバイク』とバイク専用ナビゲーションアプリ『ツーリングサポーター』とのサービス連携を開始
★MotoGP2017サンマリノGP ロレンソ「ここ数戦の調子の良さを確認したい」
★MotoGP2017サンマリノGP Q1結果
★MotoGP2017日本GP FP1結果
★MotoGP2017バレンシアGP ロレンソ「ドヴィを助けられる状況であれば助けたい」