★MotoGP2017 ロッシ「7位でレースを終えてチャンピオンシップ争いは語れない。」

ビニャーレス選手と同様にレース後半のタイヤのグリップを維持できないという問題を抱えているロッシ選手。この情況でチャンピオンシップ争いを語ることは出来ないだろうとしています。シャーシの変更で解決出来るのか、はたまたスイングアームなどが新たになるのか。。

Sponsored Link

オーストリアGPで抱えた問題を解決しない限り、ヤマハは2017年のチャンピオンシップを考えることは出来ないだろうとバレンティーノ・ロッシは語る。先週日曜のレッドブル・リンクで7位となったロッシはチャンピオンシップにおいて4位であり、マルク・マルケスから33ポイント離されている。

ロッシのチームメイトのマーべリック・ビニャーレスもロッシ同様に、5位を獲得したルーキーであるヨハン・ザルコに破れている。そしてこのレースではDucatiとホンダが1位から4位を独占する展開となっていた。

バレンティーノ・ロッシ

「7位でレースを終えた状態でチャンピオンシップ優勝を考えるというのは馬鹿げていますね。まずは競争力を発揮すること。ザルコは自分とマーベリックを負かしたので喜んでいますが、もし自分が5位だったら喜んではいないでしょう。自分はレースの半分をホンダとDucatiと戦い、残りの半分を他の2台のヤマハと走りました。タイヤのグリップが落ちてきた後は、他のバイクよりも加速に苦しんでいたと言えるでしょう。ザルコを負かすことではなく、ホンダやDucatiに勝つことを考えるべきです。」

ビニャーレスは現在のフレームが6月のアッセン以降1つの表彰台しか獲得していないことから、ヤマハがシャーシにさらなる変更を加えることには反対の立場を取っている。しかしロッシはヤマハの新しいパーツが解決策になるだろうと考えている。

「日本からの助けが必要です。正直あと1時間で次のレースを迎えるとしたら、何をすれば良いかわかりません。この問題を避けるために色々なことを試して失敗しているわけですから。ですから現状のパッケージで解決策があるとは思いません。ブルノではフラッグtoフラッグのレースのせいで表彰台を逃しました。シルバーストーンではブルノのようにスピードを発揮出来るかもしれません。」

(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★MotoGP2017カタールGP イアンノーネ「リアグリップを改善出来れば可能性あり」
★MotoGP2017 ミシュラン ニコラ・グベール インタビュー
★MotoGP2017アルゼンチンGP ビニャーレス「カタールでは自分に落ち着けと話しかけていた」
★MotoGP2017 アメリカGP アレイシ・エスパルガロ「唯一出来るのは今週末を忘れること」
★MotoGP2017 ダニロ・ペトルッチ「目標は常にDucati最高位でレースを終えること」
★MotoGP2017イタリアGP 決勝レース結果
★カタルーニャGP グランプリコミッション 昨年と同様のレイアウト使用を決定
★MotoGP2017オランダGP予選4位 ロッシ「面白いレースになる」
★MotoGP2017ドイツGP ロッシ「来シーズン初めに現役続行の判断をする」
★Moto2 中上貴晶 2018年からLCRホンダチームでMotoGPクラスに参戦
★MotoGP2017イギリスGP FP2結果
★MotoGP2017イギリスGP 決勝レース結果
★MotoGP2017サンマリノGP リン・ジャービス「ロッシの代役候補は4人いる」
★MotoGP2017 ロリス・バズ「スーパーバイク参戦に向けてTen Kateと話を進めている」
★MotoGP2017日本GP フォルガー「シーズン中盤のスピードを取り戻したい」
★MotoGP2017日本GP 8位ザルコ「レースで接触するのは普通のこと」
★MotoGP2017オーストラリアGP Q1結果
★MotoGP2017オーストラリアGP 6位イアンノーネ「未だに自分に疑問を持っている人間がいたら驚き」
★MotoGP2017マレーシアGP 予選2位ザルコ「優勝争い出来るペースはあると思う」
★MotoGP2017バレンシアGP FP2結果