★MotoGP Marc VDSジャック・ミラーの後任はトーマス・ルティとの噂

ジャック・ミラー選手に変わる選手を探しているMarc VDSですが、どうやらMoto2のトーマス・ルティ選手がその穴を埋めることになりそうです。これが実現すれば、今年のテック3と同様に2人のルーキーという体制になりそうです。

Sponsored Link

Marc VDSは来シーズンに、フランコ・モルビデッリとトーマス・ルティの2人のルーキーを抱えることとなりそうだ。この2人はMoto2チャンピオンシップにおいて現在ランキング1位と2位。モルビデッリがルティに26ポイントの差を付けている。

モルビデッリのMotoGP昇格は6月にアナウンスされたが、ジャック・ミラーがPramac Ducatiへの移籍を決めたことで、Marc VDSは新たなライダーを必要としていた。

Speedweek.comを含むいくつかのソースによると、ルティはサム・ロウズ、ステファン・ブラドルを抑えて、ジャック・ミラーの後釜となることが決まったようだ。
ルティは2005年に125ccクラスのワールドチャンピオンになっており、2007年から中間排気量クラスでのレースを続けている。Moto2が始まってからは10勝しており、2016年をランキング2位で終えていた。

彼のMotoGPでの経験は2005年にホンダ、2016年にKTMをテストしたのみに留まる。なお、KTMのマイク・レイトナーは「ルティは我々のMotoGPバイクに驚くほど早く順応し速かった」と語っている。

ルティ自身も「すぐにミカと同じようなペースで走行でき、多くを学ぶことが出来ました」と語っている。

(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link