★MotoGP2017 Ducati ミサノでのファクトリーライダーによるテストを終了

ミサノテストの内容に関してはどのメーカーからもあまり情報が出てきませんが、イギリスGPへの準備、そしてサンマリノGPのセッティング出しをメインとしていたメーカーが多いようです。

Sponsored Link

ミサノで行われたテストを、アンドレア・ドヴィツィオーゾとホルへ・ロレンソはPM6:30に終えた。これは昨日のホンダとヤマハ、アプリリアと同様だ。Ducatiは他のメーカーと同様に、3週間後に行われるサンマリノGPへ向けた準備を終えたことになる。他のライダー達と同様にDucatiの両ライダーのラップタイムに関する情報はない。

Ducatiのダヴィデ・タルドッツィは「良い1日でした。特に大きな問題も起きませんでした。レースに向けて良いセッティングを見つけることに集中しました。このトラックは過去に苦戦しており、エレクトロニクスとサスペンションに関して作業が出来たのは良かったですね。特に大きく変わった内容のテストはしていません。」と語る。なお、ロレンソは92周、ドヴィツィオーゾは102周を走行している。

ドヴィツィオーゾはスタンダードフェアリングとオーストリアで使用したフェアリングの比較を行ない、ロレンソは引き続き新型フェアリングを気に入って使い続けるようだ。なお、テストライダーのミケーレ・ピッロは明日も作業を続ける。

(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link