★MotoGP2017イギリスGP レッドブル・リンクでの雪辱を果たすことを誓うアプリリア

アプリリア陣営によると、シルバーストーンはRS-GPの特性に合っているトラックという事ですが、高速コーナーでのパフォーマンスが特段高いバイクであったという印象は正直あまりありません。Marc VDSのシート獲得の可能性が無くなった今(※トーマス・ルティが参戦することとなった)、ロウズ選手はMoto2へ戻るのか?と言われていますが、残りのレースでアプリリアからしっかりとしたサポートが得られることを願わずにはいられません。

Sponsored Link

アプリリアも直近のミサノテストに参加。今週末のシルバーストーンへの準備、また来月のサンマリノGPへの準備を行っていた。ミサノでのテストはアプリリアに自信を与えたようで、彼らは現在イギリスGPへと集中している。

ロマーノ・アルベシアーノ

「シルバーストーンは良い結果が出せると思います。これはトラックの特性、そしてミサノテストのポジティブな結果によるものです。ここは完成されていた面白いサーキットです。高速での向き変えがありますが、この部分で我々は大きく前進しました。また、サーキット全体のキャラクターがRS-GPに非常に合っているんです。」

アレイシ・エスパルガロはレッドブル・リンクでの不満を解消したいと思っている。エスパルガロはレッドブル・リンクでは13位という結果だった。

アレイシ・エスパルガロ

「ここは自分が好きなトラックです。問題は天候だけですね。かなりの低速から加速するポイントは特にありませんし、実際問題ここが自分達の課題なんです。ですからシルバーストーンでは良いセットアップを見つけることが出来ると思います。オーストリア戦は苦戦しました。ただ、ここでは自分達の本来のレベルでレースがしたいですね。」

また、渦中のサム・ロウズにとってはイギリスGPはホームGPとなる。

サム・ロウズ

「ホームGPのファンの前でレースをすることが待ち遠しいです。ここのファンは常に実に手厚いサポートをしてくれるんです。天候に関してはどうなるか読めませんが合わせていくだけです。このサーキットは自分達が良い結果を残せると思われるサーキットです。あらゆる種類のブレーキングポイントと、流れるような高速コーナーがありますからね。」

(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Pocket
LINEで送る

Sponsored Link
★MotoGP2017カタールテスト2日目 ビニャーレス「今年は最低5名のライダーが優勝出来る」
★MotoGP2017カタールテスト3日目 イアンノーネ「進むべき方向性がわかった」
★MotoGP2017アレックス・リンス アルゼンチンGPにGOサイン
★MotoGP2017ヘレスGP マルケス「よく曲がるバイクに仕上げる事が必要」
★MotoGP2017ミシュラン ヘレスGP決勝レースリリース
★MotoGP2017イタリアGP ビニャーレス「ヤマハの高いグリップを最大に活かしたい」
★MotoGP2017イタリアGP アレイシ・エスパルガロ「良いポイントを獲得することが重要」
★MotoGP2017カタルーニャGP 5位ヨハン・ザルコ「トップ集団に追いつけると思っていた」
★MotoGP2017オランダGP ロッシ「常にトップ5を獲得しようとすることが大事」
★MotoGP2017ドイツGP アレイシ・エスパルガロ「土曜に備えて色々と試している」
★MotoGP2017 ケビン・シュワンツ「GSX-RRは20位で終わるようなバイクではない」
★MotoGP2017 マルク・マルケス「ホルヘは今期優勝出来る」
★MotoGP2017チェコGP マルケス「F1のように”ロリポップマン”の仕組みを導入するのはどうか?」
★MotoGP2017オーストリアGP ペドロサ「ブルノで作ったセットアップから始めることが出来る」
★MotoGP2017イギリスGP 予選1位マルケス「3、4人での優勝争いとなるだろう」
★MotoGP2017 9/2時点でのポイントスタンディング
★MotoGP2017 右足骨折のロッシ早くも退院。今後は自宅での療養とリハビリに専念
★MotoGP2017サンマリノGP ロレンソ「表彰台、優勝を狙えないという事はない」
★MotoGP2017アラゴンGP ロッシ「アラゴンでM1に乗ってみることにした。」
★NTS 福島県拠点の 「NTS」 とオランダの 「RW レーシング」FIM 世界選手権グランプリ Moto2 共同参戦契約を締結!