★MotoGP2017イギリスGP 4位クラッチロー「フロントタイヤが柔らかすぎた」

地元で表彰台獲得が期待されていたクラッチロー選手ですが、タイヤに悩まされ結果的に4位でレースを終えました。クラッチロー選手の乗り方だと、フロントタイヤが柔らかすぎると苦戦する傾向にあるようですね。

Sponsored Link

イギリスGP 4位カル・クラッチロー

「ガッカリですね。ここには勝つつもりで来たのに4位で、表彰台ですらないんですから。コンスタントでスピードがありましたし競争力を発揮出来たので満足するべきというのはわかります。ただ、いくつかの理由で日曜に競争力を発揮出来なかったんです。」

「レースの前からフロントタイヤが自分達には柔らかすぎるということで、自分とマルクは心配していたんです。うまい具合に温存出来ていたんですが、他のライダーの後ろについた時にどんどんと問題が酷くなってしまいました。あのペースでフロントにいることが出来れば良かったんですが、誰かの後ろで走っているとどんどん状況が悪化してしまったので不可能でした。」

「他の選手のタイヤもグリップが悪化するかどうかだいぶ長いこと待っていたんですが、フロントの状況が悪いことで、リアのスピンが多くなるような乗り方になってしまい、残り5周の段階で自分達のリアタイヤは完全に溶けてしまったんです。それで十分なグリップを発揮出来なくなりました。」

「向きを変えるのに苦戦していて、その後立ち上がりにも苦戦するようになりました。ライバルに比べると向き変えに苦戦していたんですが、ブレーキングは自分達のほうが遥かに良かったんです。ただ、そこに来てフロントタイヤの問題が出てきてしまいました。」

「他の選手がハードを履いているような時は、自分とマルクはもう1段階ハードなタイヤが必要というのはわかっていましたが、そういうタイヤは存在しません。自分達は昨年と同じタイヤを使用していたんですが、トラック温度は20℃も高かったんですよ。ただ、今日は上手いことタイヤをマネジメントしたと思います。転倒しそうな状況でしたし、残り5周でトップ4人で走っていた段階では、まだ優勝出来ると思っていました。」

「無理して他の選手に突っ込むか、それともレースを無事に終えるかという状態でした。昨日は優勝か転倒かという話をしましたけど、実際にそういう状況になると、フロントで何か起きないかと待ってしまうもんなんです。フロントの選手達が互いに接触して、良い順位を獲得出来るんじゃないかと思ってたんですがね。」

「残り5周が自分達の強みだからそこまで待とうと思っていたんですが、実際は残り5周の段階では最悪でしたね。単純にライバル達のほうがグリップがあったんです。前のライダーにつっかえていたんですが、抜けるような状況でもありませんでした。マルクは抜けたんですが、他の連中は抜けなかったんですよ。」

「残り5周ではマルクと自分の優勝争いになると思っていたんです。マルクがリタイヤした後に、プッシュしなければと思って前の選手達に追いつきました。しかし抜くには至りませんでした。まぁ単純にそういうことです。ライバルのパッケージのほうが強かったということですね。」

(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★MotoGP2017アルゼンチンGP バウティスタ「週末に向けて準備は出来ている」
★MotoGP2017アルゼンチンGP アブラハム「Ducatiはいつだって素晴らしいバイク」
★MotoGP2017アルゼンチンGP バウティスタ「必要なものは全て揃 っている」
★MotoGP2017アメリカGP予選9位 クラッチロー「転倒がなければ3番手だった」
★ホンダ ニッキー・ヘイデン選手の逝去について
★ヘイデン一家 ヘイデン選手の意志に基づき、臓器提供に同意
★Red Bull ホンダ ワールドスーパーバイクチーム ヘイデン選手へのお別れの言葉
★MotoGP2017フランスGP 決勝プレスカンファレンス全文翻訳
★MotoGP2017イタリアGP ピッロ「良いベースセットアップはある」
★MotoGP2017イタリアGP 8位ロレンソ「20年間続けたライディングは簡単に変えられない」
★MotoGP2017カタルーニャテスト リンス「GSX-RRに再び乗れて嬉しい」
★MotoGP2017ドイツGP ザルコ「夏休み前に再度表彰台を獲得出来れば最高」
★MotoGP2017ドイツGP ドヴィツィオーゾ「フロントのグリップ不足に苦戦」
★MotoGP2017チェコGP Q1結果
★MotoGP2017サンマリノGP 予選プレスカンファレンス翻訳
★MotoGP2017日本GP 「ゴールはDucatiをグリッドで最高のバイクに仕上げること」
★MotoGP2017日本GP 3位ペトルッチ「常に問題なのはドヴィとマルクの2人」
★MotoGP2017オーストラリアGP FP3結果
★MotoGP2017 10/23時点でのポイントスタンディング
★ホンダ 第45回東京モーターショーにおいてGOLDWING TOUR / GOLDWINGを出展