★タイのチャーン・インターナショナル・サーキット 2018年からMotoGPを開催

来年の話題ではありますが、日本からも行きやすい距離にあるタイで2018年にMotoGPが開催されるとのこと。開催場所はWSBKでもお馴染みのチャーン・インターナショナル・サーキットとなります。なお、設計はヘルマン・ティルケ、2014年9月にオープンした新しいサーキットです。

Sponsored Link

タイが正式に2018年のレースカレンダーに加わることとなり、木曜日にバンコクで契約が交わされる。レースはWSBKも開始されるブリーラムにあるチャーン・インターナショナル・サーキットで行われ、契約期間は2018年から2020年。レースの開催の正確な時期も改めて決定される。

タイ戦は日本、オーストラリア、マレーシアのトリプルヘッダーと開催時期が近くなることが予想され、その開催日は10月5日から7日が予定されていた。2018年のプレシーズンテストも、フィリップアイランドの代わりにここで開催されることが予定されている。

ドルナスポーツのCEOであるカルメロ・エスペレーターはタイの観光・スポーツ省 (タイ)のSakon Wannapongを契約を行う。2018年おいて、タイは唯一新しいサーキットという事になる。また、2019年にはフィンランドがカレンダーに加わることが決定している。

(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link