★タイのチャーン・インターナショナル・サーキット 2018年からMotoGPを開催

来年の話題ではありますが、日本からも行きやすい距離にあるタイで2018年にMotoGPが開催されるとのこと。開催場所はWSBKでもお馴染みのチャーン・インターナショナル・サーキットとなります。なお、設計はヘルマン・ティルケ、2014年9月にオープンした新しいサーキットです。

Sponsored Link

タイが正式に2018年のレースカレンダーに加わることとなり、木曜日にバンコクで契約が交わされる。レースはWSBKも開始されるブリーラムにあるチャーン・インターナショナル・サーキットで行われ、契約期間は2018年から2020年。レースの開催の正確な時期も改めて決定される。

タイ戦は日本、オーストラリア、マレーシアのトリプルヘッダーと開催時期が近くなることが予想され、その開催日は10月5日から7日が予定されていた。2018年のプレシーズンテストも、フィリップアイランドの代わりにここで開催されることが予定されている。

ドルナスポーツのCEOであるカルメロ・エスペレーターはタイの観光・スポーツ省 (タイ)のSakon Wannapongを契約を行う。2018年おいて、タイは唯一新しいサーキットという事になる。また、2019年にはフィンランドがカレンダーに加わることが決定している。

(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Pocket
LINEで送る

Sponsored Link
★MotoGP2017アルゼンチンGP リンス「足の痛みがなければ。。」
★MotoGP2017 マルケスのCOTA5連勝に立ち塞がる壁
★MotoGP2017アメリカGP バウティスタ「今のレベルを維持したい」
★MotoGP2017ヘレスGP 写真ギャラリー
★MotoGP2017イタリアGP ビニャーレス「ヤマハの高いグリップを最大に活かしたい」
★MotoGP2017イタリアGP FP1-3総合結果
★MotoGP2017 6/7時点でのポイントスタンディング
★MotoGP2017カタルーニャGP FP3結果
★MotoGP2017カタルーニャGP 2位マルケス「難しい状況の時はポジティブな事を見つけ、楽しむ事が大事」
★MotoGP2017スズキ ダヴィデ・ブリビオ「イアンノーネがここまで適応に時間がかかると思っていなかった」
★MotoGP2017オランダGP ビニャーレス「ポールポジションを狙っていく」
★MotoGP2017オランダGP予選1位 ザルコ「表彰台獲得の良いチャンス」
★MotoGP2017オランダGP 決勝プレスカンファレンス翻訳
★MotoGP2017ドイツGP Q2結果
★MotoGP2017ドイツGP 3位ペドロサ「リアグリップに苦戦した」
★MotoGP2017イギリスGP ペドロサ「今年は集中して良い結果を得たい」
★MotoGP2017サンマリノGP ビニャーレス「今回も2018年のプロトタイプシャーシを使用」
★MotoGP2017アラゴンGP FP2結果
★MotoGP2017アラゴンGP5位 ロッシ「もてぎはさらに良い状態で挑めるはず」
★MotoGP2017日本GP 3位ペトルッチ「ポディウム獲得は常に素晴らしい」