★BMWモトラッド R nine Tのスイングアームに関するリコールを発表

BMWの人気車種であるR nine Tに関してスイングアームのリコールが発表されました。対象となるのは2014年から2017年のモデルとのことで、スイングアームピボットピンとフレームを接続しているボルトが緩む可能性があるという、かなり恐ろしい内容のリコールとなっています。しかし最近BMWのリコールが多いですね。

Sponsored Link

今回でBMWモトラッドがおよそ1ヶ月の間に発表したリコールは5つ目となる。(R1200GSのフォーク/リフレクター/R1200RT警察仕様/C Evolution)今回のリコールの対象となるのは3,368台のBMW R nine T(2014-2017年モデル)で、スイングアームピボットピンボルトが緩む恐れがあるというもの。

このリコールはサプライヤーの製造エラーによるもので、右サイドのスイングアームピボットピンとフレームを接続している1つ、もしくは複数のボルトが、フレームの面取りのプロセスが不適切であったことで、緩む可能性があるというもの。

結果として、最終的な締め付けのプロセスにおいて適切なトルクでトルクが締め付けられていない可能性があるという。もし右側のスイングアームピボットピンとフレームへの結合が緩むと、バイクのハンドリング、安定性に影響し、転倒の可能性が高まるという。

BMWモトラッドはR nine Tのオーナー達にこのリコール内容を順次知らせ、BMWモトラッドディーラーは、ピボットピンをクリーニング、ピボットピンボルトを再び取り付けることとなる。この際ディーラーはボルトを適切なトルクで締め付けると共に、ネジロック剤を塗布して組み付けを行う。全ての作業は無料。

BMW R nine Tのリコールは10月9日から開始となる予定。(※北米市場での話です。)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★アロー(Arrow) 2017年型GSX-R1000/R1000R用のエキゾーストシステムを発売
★【東本昌平先生の直筆サイン入りオリジナルポストカード】プレゼント! 「RIDEX12」発売記念! RIDEフェア開催!
★フォルクスワーゲン Ducatiの売却を検討か?
★KTM オレンジキャラバン東京を開催
★ホンダ ニッキー・ヘイデン選手の逝去について
★マン島TTオフィシャル ハッチンソン転倒時の映像を公開
★DHL MotoGP™とコラボし「World's Best Roadキャンペーン」を開始
★プレストコーポレーション 在庫限りで取扱終了モデルのご案内
★BMW R1200GSのリコール対象台数は世界で150,000台以上のおそれ
★インドBajaj Auto(バジャージオート) Ducati買収に自信あり
★ハイブリッドバイク glafit®が1億718万円の資金調達に成功
★The Land of Joy @ Ducati Japan Network
★BMW Motorrad 各モデルの希望小売価格を発表
★全国のトライアンフファンのための祭典!2017 TRIUMPH NATIONAL RALLY
★バイク用品販売老舗のナップス ECサイト全面リニューアルでオムニチャネル戦略を強化~リニューアル記念!
★ヤマハ TMAX530 DXが当たる! 首都圏ツーリングスタンプラリー開催
★ケヴィン・シュワンツのペプシ・スズキ・RGV500のフルレストアが行われる
★トロイ・ベイリス 48歳にしてオーストラリアン・スーパーバイク選手権に参戦
★ヤマハ発動機 オートカラーアウォード2017 ヤマハ発動機が二輪車初のグランプリを受賞
★KAZE30周年記念 カワサキコーヒーブレイクミーティング 全国キャラバン実施のご案内