★BMWモトラッド R nine Tのスイングアームに関するリコールを発表

BMWの人気車種であるR nine Tに関してスイングアームのリコールが発表されました。対象となるのは2014年から2017年のモデルとのことで、スイングアームピボットピンとフレームを接続しているボルトが緩む可能性があるという、かなり恐ろしい内容のリコールとなっています。しかし最近BMWのリコールが多いですね。

Sponsored Link

今回でBMWモトラッドがおよそ1ヶ月の間に発表したリコールは5つ目となる。(R1200GSのフォーク/リフレクター/R1200RT警察仕様/C Evolution)今回のリコールの対象となるのは3,368台のBMW R nine T(2014-2017年モデル)で、スイングアームピボットピンボルトが緩む恐れがあるというもの。

このリコールはサプライヤーの製造エラーによるもので、右サイドのスイングアームピボットピンとフレームを接続している1つ、もしくは複数のボルトが、フレームの面取りのプロセスが不適切であったことで、緩む可能性があるというもの。

結果として、最終的な締め付けのプロセスにおいて適切なトルクでトルクが締め付けられていない可能性があるという。もし右側のスイングアームピボットピンとフレームへの結合が緩むと、バイクのハンドリング、安定性に影響し、転倒の可能性が高まるという。

BMWモトラッドはR nine Tのオーナー達にこのリコール内容を順次知らせ、BMWモトラッドディーラーは、ピボットピンをクリーニング、ピボットピンボルトを再び取り付けることとなる。この際ディーラーはボルトを適切なトルクで締め付けると共に、ネジロック剤を塗布して組み付けを行う。全ての作業は無料。

BMW R nine Tのリコールは10月9日から開始となる予定。(※北米市場での話です。)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Pocket
LINEで送る

Sponsored Link
★ストリートトリプル デビューフェア
★ブレンボのアルベルト・ボンバッセイ会長、栄誉ある自動車殿堂入りを果たす
★マン島TT 2017年度のプログラムは2バージョン
★プレストコーポレーション XT1200ZE フルパニアセット購入支援キャンペーン
★BMW「新型BMW G 310 R」発表
★HRC ニッキー・ヘイデン選手の逝去について
★ヤマハ 2012年の創設から6年連続の受賞 インドのデザイン賞「インディアデザインマーク(I Mark)」を受賞
★バリー・シーン モータースポーツ殿堂入り
★マックス・ビアッジ 選手達と練習中にスーパーモタードで転倒し骨折
★ブレーキディスクの温度が1,000度以上に達するF1、ブレーキの動作回数が4,000回を超えるル・マン
★“バイクの音を楽しむ「名車図鑑」”第二弾の制作決定!「あなたがもう一度聞きたいエンジン音は?」キャンペーン開催!
★KTM 2017パイクスピークで KTMを駆るフィルモアが レコードタイムを記録し 最高峰クラスで勝利
★枻出版社 「Amazon Prime Day 2017」に900万円超の高級バイクを出品! バイク雑誌『RIDERS CLUB』×「モトコルセ」スペシャルエディション登場
★第41回出光イーハトーブトライアル大会開催~大自然と調和したトライアルバイクの魅力を味わう大会~
★MotoGP日本GPでドゥカティチームを応援しよう!
★ナップス浜松店内に「バイク王浜松店」が9月16日に移転・リニューアルオープン!~在庫約70台の中古バイク小売販売を開始~
★HRC 2017年CBR250RR Dream Cup グランドチャンピオン大会参加枠のご案内
★スズキ 第45回東京モーターショー2017の出品概要
★東京モーターショーに向けて高まるMOTOBOTへの期待
★ホンダ ウエルカムプラザ青山 『第21回 カフェカブミーティング in 青山』