★MotoGP2017 ロレンソ「ライディングスタイルを少し変えた。未来は明るい」

イギリスGPではスロットルの開け始めをさらにスムーズになるようにライディングしたと語るロレンソ選手。シーズン前半と比べると、明らかに練習走行、予選、決勝に安定してスピードを発揮出来るようになっています。今シーズン中に1勝を期待したいですね。

Sponsored Link

ホルへ・ロレンソ

「単純にあまり良いスタートではなかったんです。特に順位をリカバリー出来たわけではありませんでしたし。ブレーキングで数名のライダーを抜くことも出来たんですが、リスクを冒さずにポジションをキープしていました。」

「今回はライディングスタイルを少し変えたんです。特にスロットルを開ける際にスピンをより少なくするようにし、タイヤライフを伸ばす方向でライディングしました。変えたことはこれだけです。」

「ただ、序盤にもう少し速いペースで走っていたとしても、タイヤのグリップが落ちたとは思いません。どちらかというといかにスロットルを開けたかであって、今まではヤマハのようにスロットルを開けていたんです。そしてこのバイクでは、スロットルの開け方をレース中に少し変えてやる必要があるんです。」

「最終的にタイヤライフを維持する乗り方がわかってきました。これからの戦いで有利に働くことでしょう。将来的にはエンジンの働き方について改善が必要ですが、この内容に関してはかなり出来ることがあると思います。エンジニアもこの内容に関して作業をしていくでしょうし。」

「リアグリップが無くなり始めると、バイクが少しアグレッシブになってしまい、アクセルを開ける際に非常にスムーズにライディングする必要があります。そしてこのレース以前は、リアのグリップが無くなり始めた時に自分のライディングもまたアグレッシブだったと思います。」

「これからスタイルを変えて、今までの自分のような走りを実現出来ればと思います。ただ今の段階でそれは不可能ですので、今ある内容で作業を進める必要があります。」

「こういう形の週末が理想ですね。ただ、何よりももっと表彰台を獲得する必要があります。そして優勝が出来れば、こうした良い結果と共に来年を迎えることが出来るでしょう。来年はもっとバイクの事を理解していますし、バイクも弱点が改善されているでしょう。理論的にも未来は良くなる方向だと言えるでしょう。」

(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link