★BMW S1000RRの2018年モデルは2017年モデルを継続

一ヶ月前にはスパイショットも撮影されていましたが、BMWのS1000RRの2018年モデルは現行モデルを引き継ぐ事になるようです。となると、熟成を進めて来年のこの時期に登場ということになるのかもしれません。カーボンファイバーフレームを持つBMW HP4 RACEの発表もあったことで、このモデルはこれで終了か?という推測も出来ただけに、少し意外な展開と言えるでしょう。

Sponsored Link

カリフォルニア州大気資源局(CARB)に提出された書類によると、2018年のBMW S1000RRの排ガスに関する内容は2017年モデルと同様のため、2018年モデルは2017年モデルから大きな変更はなさそうだ。つまり、1ヶ月前にS1000RRのスパイショットが撮影されたにも関わらず、今年終わりに開催されるEICMAにおいて新型S1000RRの登場はないということだ。

先月に撮影されたS1000RRの新型と思われるバイクは、新たなボディーワークを纏い、シャーシにも変更が施されていた。S1000RRは既に登場から8年が経過しており、2015年に受けたマイナーチェンジよりも大掛かりな改修が求められている。

新型のS1000RRは洗練されたエレクトロニクスパッケージに現代的なインストゥルメンタルパッケージも組み合わされるだろう。マシンの基本としては素晴らしいが、そうした理由もあって先月に目撃されたスパイショットの新型モデルは、現行モデルから大きく変化したモデルではないのだろう。

CARBに提出されたモデルから2018年モデルに変更が無いことが明らかになった今、新型のS1000RRは2018年の中頃に2019年モデルとして登場するのか、これから丸1年新型が登場しないのかは、いずれわかるだろう。

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★ホンダ モーターサイクルショーでCBR250RR レースベース車両を発表
★ホンダ 150SS Racerをバンコクモーターショーで発表
★「CBR250RRレースベース車」について
★De Angelis Elaborazioni BMW K1100LTカフェレーサー
★ホンダ モトクロス競技専用車CRF450R/CRF150R/CRF150RII、エンデューロ競技専用車CRF450RXの2018年モデルを発売
★ホンダ 50ccスクーター「Dunk」のカラーバリエーションを変更し発売
★BMW MOTORSPORT FESTIVAL 2017開催報告
★BMW S1000RR 2018年モデルとして今年のミラノショーで登場か?
★Ducatiから959パニガーレcorsaが登場か?
★Ducati デスモセディチSTRADALEエンジン ギャラリー
★BMWモトラッド 北米市場でターンシグナルに関するリコールを発表
★ホンダ 第45回東京モーターショーにおいてPCX ELECTRICを出展
★カワサキ 第45回東京モーターショーにおいて2018年型Ninja250を出展
★ホンダ 平成28年度排出ガス規制に対応した原付ビジネススクーター「ベンリィ」シリーズを発売
★ホンダ 普通自動二輪教習車「CB400 SUPER FOUR(教習車仕様)」に法規対応を施して発売
★カワサキ Ninja H2 SXの北米価格はSXで$19,000、SEバージョンで$22,000
★BMW Motorradが新しいプレミアム・カスタマイズ・プログラムBMW Motorrad Spezialを発表
★ホンダ レジャーモデル「クロスカブ110」をモデルチェンジするとともに、50ccエンジンを搭載した「クロスカブ50」を新たに発売
★ホンダ 第14回デリーオートエキスポ 2018でニューモデル「X-Blade(エックスブレイド)」と新型「Activa(アクティバ)」を世界初公開
★NEW Triumph Speed Triple RS 販売価格/デリバリー開始時期決定!!