★BMW S1000RRの2018年モデルは2017年モデルを継続

一ヶ月前にはスパイショットも撮影されていましたが、BMWのS1000RRの2018年モデルは現行モデルを引き継ぐ事になるようです。となると、熟成を進めて来年のこの時期に登場ということになるのかもしれません。カーボンファイバーフレームを持つBMW HP4 RACEの発表もあったことで、このモデルはこれで終了か?という推測も出来ただけに、少し意外な展開と言えるでしょう。

Sponsored Link

カリフォルニア州大気資源局(CARB)に提出された書類によると、2018年のBMW S1000RRの排ガスに関する内容は2017年モデルと同様のため、2018年モデルは2017年モデルから大きな変更はなさそうだ。つまり、1ヶ月前にS1000RRのスパイショットが撮影されたにも関わらず、今年終わりに開催されるEICMAにおいて新型S1000RRの登場はないということだ。

先月に撮影されたS1000RRの新型と思われるバイクは、新たなボディーワークを纏い、シャーシにも変更が施されていた。S1000RRは既に登場から8年が経過しており、2015年に受けたマイナーチェンジよりも大掛かりな改修が求められている。

新型のS1000RRは洗練されたエレクトロニクスパッケージに現代的なインストゥルメンタルパッケージも組み合わされるだろう。マシンの基本としては素晴らしいが、そうした理由もあって先月に目撃されたスパイショットの新型モデルは、現行モデルから大きく変化したモデルではないのだろう。

CARBに提出されたモデルから2018年モデルに変更が無いことが明らかになった今、新型のS1000RRは2018年の中頃に2019年モデルとして登場するのか、これから丸1年新型が登場しないのかは、いずれわかるだろう。

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★MVアグスタ 2017年に1台、2018年に2台の新型モデルを発表
★Ducati 新型V4スーパーバイク「Quattrofromaggi」を商標登録
★ハスクバーナ(Husqvarna) フューエルインジェクション2ストロークモデルをラインナップ
★ホンダ 「Dio110」に新色を追加し発売
★ヤマハ 「BOLT ABS」「BOLT Rスペック ABS」2017年モデル発売
★BMW HP4 RACE写真ギャラリー
★ホンダ 「CBR250RR」の受注状況について
★BMWモトラッド 2018年モデルの詳細を発表
★BMW R1200GSのリコール対象台数は世界で150,000台以上のおそれ
★二輪最高峰レースMotoGPマシンのイメージを再現した原付二種スクーター「シグナスX XC125SR」 Movistar Yamaha MotoGP Editionを数量限定発売
★ヤマハ “Neo Retro”ロードスポーツ「XSR700 ABS」を新発売
★ヤマハ “Neo Retro”ロードスポーツ「XSR900 ABS」の新色を発売
★カワサキ スーパーチャージャー搭載の新しいスポーツツアラーを11/7のEICMAで発表
★ヤマハ 249cm3“BLUE COREエンジン”搭載 新型スクーター「XMAX ABS」を発売
★ヤマハ 第45回東京モーターショーにおいてNIKEN (ナイケン)を参考出展
★ホンダ 第45回東京モーターショーにおいてHonda Riding Assist-eを出展
★ホンダ 第45回東京モーターショーにおいてCRF250 RALLYを出展
★ホンダ 第45回東京モーターショーにおいてGOLDWING TOUR / GOLDWINGを出展
★Ducati Ducatiワールド・プレミアにおいてMultistrada(ムルティストラーダ) 1260 Pikes Peakを発表
★ヤマハ発動機 人気のロードスポーツモデルのカラー&グラフィックを変更 2018年モデル「YZF-R3 ABS」「YZF-R25/ABS」を発売