★MotoGP2017イギリスGP 決勝プレスカンファレンス翻訳

ご紹介のタイミングが遅くなりましたが、イギリスGPの決勝プレスカンファレンスの翻訳をお届けします。序盤はロッシ選手がレースをリードし、後半はタイヤを温存していたドヴィツィオーゾ選手、ビニャーレス選手の戦いとなりました。ロッシ選手はこのプレスカンファレンスでも何度も語っているとおり、レース後半のペースの維持が課題ということです。対象的にドヴィツィオーゾ選手は、デスモセディチのメリットもデメリットも完全に把握した上で完璧にバイクを操っているという印象があります。

Sponsored Link

ニック・ハリス

「それではドヴィツィオーゾから始めましょう。オーストリアのレースではタイトル争いの話題になりましたが、ここでは全く違うレースでしたが、全く同じ結果と(ドヴィが優勝)なりました。」

アンドレア・ドヴィツィオーゾ

「今日は少し驚きでした。ウォームアップで確かに良いフィーリングは合ったんですけど、レースに勝てるというほどの感触ではありませんでした。今日はホンダの戦闘力が高いと思っていたんですが、そうはなりませんでしたね。それにレースの中では練習走行とは全く異なる形でライディングを行う必要がありました。それでかなりレースの内容が変わったんですけど、レースの中では実に快適に走行することが出来ました。マーベリックやマルクと同様にタイヤをセーブして走ることが出来ました。そういうこともあってレースの終盤に良いグリップを維持したまま挑むことができたんです。自分が少しタイムを失っているコーナーもありましたが、幾つかのコーナーでは他のライダーがやっていることを見て自分が取り戻せるコーナーもありました。しっかりとグリップがあったことで他のライダー達を簡単に抜くことが出来ましたし、適切なタイミングに適切な位置で走ることが出来ました。これがレースに置ける鍵となった部分で、実際の自分のスピードはライバルよりも遅かったんです。

 

ニック・ハリス

「チャンピオンシップについてはあまり話したくないでしょうが、9ポイントをリードした状態でホームレースを迎えます。そしてシーズンは3分の2が終わったわけです。」

アンドレア・ドヴィツィオーゾ

「今日の結果は素晴らしかったですね。ライバル達にも自分達がチャンピオンシップ争いが出来るのだということを証明出来たでしょう。チャンピオンシップは非常に長く、ライバルもバイクも強力です。ですから最後までは100%何が起こるかはわかりません。ただ過去の4戦色々な形で勝ってきました。良いベースがありますし、週末に非常に良い形で作業が出来ています。それに今日のように最速では無い時も、落ち着いて作業をすることが出来ています。そしてレースには良いフィーリングで挑むことが出来ているんです。そして限界の力で戦おうとしています。そして今日は優勝のチャンスがあったんです。これは想定外の出来事でしたが、チャンスを掴むことが出来ました。チームの働きには満足しています。バイクはポジティブな点とネガティブな点がありますが、バイクと一緒に楽しむことが出来ましたし、ポジティブな点を活かして、ネガティブさをあまり出さないようにすることが出来ました。そうしたことでここにいるライダー達と最後まで戦うことが出来たんです。」

 

ニック・ハリス

「ドヴィありがとう。それではタイヤ選択がギャンブルだったと言えるマーべリック・ビニャーレス。ファステストを最終ラップに記録したことでギャンブルが功を奏したと言えそうですが、最終ラップは本当にハードにプッシュしていましたね。」

マーべリック・ビニャーレス


今週末はタイヤライフを伸ばす事を意識して作業を続けてきたので、ギャンブルだったとは思いません。1周目から非常にフィーリングが良くて、最後までタイヤを維持するということを意識していたんです。ドヴィとマルクに抜かれた時は辛かったです。ただ自分の強みは残りの10周だとわかっていましたから、最後までタイヤをセーブして残り5周で全力を尽くしたんです。正直マルクのエンジンが壊れた時はオイルなのか水なのかわかりませんでしたから怖かったですね。あそこのブレーキングポイントでドヴィとバレンティーノと比較してかなりタイムを失いました。そこで彼らに逃げられてしまったんですが、最後にまた追いつくことが出来ました。ですから最終ラップにいつもどおりまた力強さを感じることが出来たのが嬉しかったですね。バイクも素晴らしく機能していましたし、それについても嬉しいですね。」

 

ニック・ハリス

「暑い天候ではヤマハはかなり改善していますが、ここでは練習走行でも良い形でしたね。」

マーべリック・ビニャーレス

「ええ。ミサノではエレクトロニクスの面で大きく改善しました。ただ、ライバルは強力ですから、まだまだ改善が必要です。特に暑いコンディションに関してはそうだと言えます。ただレース毎に接近していますし、チームの事を本当に誇りに思っています。今週末は素晴らしい仕事が出来ましたし、こういう形で続けていく必要があります。ハード以外にもレースで機能するタイヤがあるということを忘れてはいけませんね。」

 

ニック・ハリス

「ドヴィも話していたとおり、全てのレースの結末が異なっています。素晴らしいチャンピオンシップになっていますね。」

マーべリック・ビニャーレス

「今回のレースでは5人のライダーが最後まで似たようなタイムで走っていましたから本当に難しかったですね。タフにそしてコンスタントに走るということが非常に難しかったと思います。ここは厳しいトラックですからね。ですからそれもあって、マルクのエンジンが壊れた時のロスが悔しいですね。最終的にはこうやって強い走りが出来たということが嬉しいです。ミサノでは良い仕事が出来ていますから、あそこでまた挽回が出来るでしょう。」 

 

ニック・ハリス

「マーベリック2位おめでとう。それでは次にバレンティーノ・ロッシ。今回で最高峰クラス300戦目となります。長い道のりでしたね。」

バレンティーノ・ロッシ


「素晴らしい週末の後に素晴らしいレースとなりました。良いスタートから良いライディングが出来ました。全力を尽くして走りましたが、良いペースで走行出来たので楽しむことが出来ました。フロントで走行が出来ましたし、良い形でバイクを操縦することが出来ました。最終ラップに少し苦戦するかと思っていたんですが、残り5周でこれはいけると感じました。ただ結果的には苦戦してしまいスローダウンをせざるを得ませんでした。ドヴィとマーベリックに抜かれてしまい、抜き返すことが出来なかったのが不満でした。ただ、表彰台獲得がターゲットでしたから嬉しく思っていますし、非常に接近したレースが出来ました。レース後半に関してはまだまだ改善が必要ですが、今週末は改善することが出来たと思いますし、大事な内容を発見することが出来ました。チャンピオンシップが終わるまでにレース後半に強さを発揮出来ることを願っています。」

 

ニック・ハリス

「以前チャンピオンシップ争いは厳しいという話をしていましたが、今回はこうして表彰台を獲得しています。結果としてはかなり近いところに来ていると言えるのではないでしょうか?」

バレンティーノ・ロッシ

「トップとの差は26ポイントでそこまで大きくありませんし、これから6戦あるというのはまだまだチャンピオンシップは長いと言えます。ただ難しいでしょうね。レース後半に十分な強さがないんです。そこまで離されていませんがチャンピオンシップは4位ですから難しいでしょう。」
 

ニック・ハリス

「バレンティーノありがとう。それではフロアからの質問をどうぞ。」

 

Q

「アルゼンチン以来のヤマハのダブルポディウムですが、これはミサノで行ったテストの成果だと思いますか?また主にはエレクトロニクスの作業をしたと思いますが、もう少し具体的に教えて下さい。バイクのバランスの調整なども行ったんでしょうか?」

マーべリック・ビニャーレス

「ミサノではエレクトロニクスに関して多くの作業を行ないました。このエレクトロニクスに関してはかなり失っている部分があり、ミサノでは暑い天候の中で改善出来るように作業をしていたんです。ですからバイクのバランスに関しての作業だとか、何かをモディファイするということに関しては、あまり集中していませんでした。バイクのモディファイに関しては、今まで散々試したんですが、何も見つけることが出来ませんでしたから。ですからエレクトロニクスの改善と、タイヤの消耗度合いの改善に集中していたんです。今週末は良い仕事が出来たと思いますし、再び速く走ることが出来るようになりました。こういう形で作業を進めることが重要ですね。」

バレンティーノ・ロッシ

「タイヤをセーブするために、加速の面におけるエレクトロニクスの働きを改善しました。そこまで大きな変化ではないんですが、しっかりと機能したと思います。セッティングに関してはオーストリアとほぼ同様ですね。ただ今年の問題は、時にバイクが乗るのが不可能なほどに乗りにくいと感じることがあるということです。何をしても苦戦してしまうことがあるんです。今日のような形で乗れるトラックもありますし、ブルノのようにバイクもタイヤも申し分ない形で機能するトラックもあるんです。こうした理由もあって、あらゆるトラック、あらゆるコンディションに備えている必要があるんです。というのも自分達にとってもこうした状況(全く乗れない)には驚かされてしまうことがあるんです。」

 

Q

「非常にエキサイティングなチャンピオンシップになっていると思いますが、今年誰が優勝するか予想出来ますか?」

アンドレア・ドヴィツィオーゾ

「全く最後まで展開が読めないというのは間違いないでしょう。全てのレースで何もかもが変化してしまいます。例えばマルクを見てみれば、ここ数戦は大きなギャップを生み出していたわけで、今日も最速に思えた中で不幸な事故がありました。こうしたことも起き得る可能性はあります。ですから完全にオープンなチャンピオンシップだと言えるわけです。ですから、今の段階でチャンピオンシップの行方を占うというのは時期尚早だと思いますね。チャンピオンシップはまだ6戦あるわけで、そこで獲得出来るポイントはかなりの数となります。ですから、まだレースごとに考えていく必要があると思います。」

マーべリック・ビニャーレス

「6戦ある状態ですが、ライダー達は非常に接近しています。チャンピオンシップ争いをしている5人のライダーは非常に接近もしています。ですから今週末と同様にハードに作業をしていく必要があります。そしてバイクの改善を続けること。他のメーカー達は夏休みの間にバイクをかなり改善してきています。自分達も調子を上げていますし、自分達のバイクもすぐにスピードを発揮出来ると信じています。これからまだレースはありますから、残りのレース全てでチャレンジを続けていく必要があるでしょう。」

バレンティーノ・ロッシ

「出来ればバレンシアをトップ5人のライダーのポイントが並んだような状態で迎えたいですね。そして金曜、土曜と良い天気で、日曜には雨が降る。そんなシナリオを望んでいます(笑)(※会場爆笑)こんな形のチャンピオンシップになるといいなと思っています(笑)」

 

Q

「ソフトタイヤを選択していれば違ったレース展開になっていたでしょうか?それともソフトはそもそも選択肢に無かったのでしょうか?」

バレンティーノ・ロッシ

「自分が今週末に気づいたのは、リアの3種類のタイヤに大きな差はないということです。これはライダー自体、重量、身長、ライディングによるでしょうね。ですからどうなったかはわかりませんが、ソフトは自分にはより難しかったでしょう。」

 

Q

「最高峰クラス300戦目についてどう思いますか?あまり意識はしなかったのか、それとも自分のこのスポーツへの影響力を感じたりしたのでしょうか?」

バレンティーノ・ロッシ

「ここで勝てれば最高でしたけど、こういう形でMotoGP300戦目を迎えることが出来たのも良かったですね。フロントで長いことレースを引っ張って優勝争いに参加出来たわけですから。こうしてスピードを維持してトップ選手達とバトルをするというのは目標ですし、これを続けていきたいですね。」

 

Q

「バレは今日はミディアムのリアタイヤを履いていましたが、ソフトのリアタイヤを履くビニャーレスもまた同じようなスピードでした。ライディングスタイルの違いはあれど、これについてはどのように説明出来るのでしょうか?」

マーべリック・ビニャーレス

「バレンティーノも話していたように、自分達は異なるライディングスタイルを持っているんです。コーナーのエントリーの仕方なども含めてね。今週末に関しては自分はソフトタイヤで非常に良いフィーリングを持っていました。ソフトタイヤを使用している中で強力な走りが出来ていると感じていました。ですから自分のフィーリングを信じていたんです。また、チームとも色々と話し合いを行ないました。ウォームアップにおいても再び比較を行ない、その中でソフトがかなり柔らかいフィーリングであったんですけど、フィーリングは抜群でした。レースの終盤にも強さを感じることが出来ました。それにシーズン前半から考えても、自分達のバイクはソフトタイヤで非常に良い形で機能するようだというのがわかっていました。このレースは今度のレースで強みを発揮する上で重要なレースになったと思います。」

バレンティーノ・ロッシ

「確かに妙に思えるんですけど、先程も話したように3つのタイヤは良く似ているんです。バイク自体、そしてライディングスタイルに依存する部分が大きいんです。ピレリのタイヤも同じような感じですよね。暑い時はソフトのほうが良いんです。今日もそうでしたけど、オーストリアでもそうでしたよね。そして寒い時はコールドのほうが良いんです。逆に思えるんですけど、自分達もこれがなぜなのかはわかりません。ミシュランにしてみても、何でだろうと思っているんじゃないでしょうか(笑)」

 

Q

「ドヴィ、すでに5戦異なるトラックで優勝していますが、いや失礼4勝でしたね。5勝目もすぐでしょう(笑)これはDucatiが現時点で最もバランスの取れたバイクだということなのでしょうか?」

アンドレア・ドヴィツィオーゾ

「何とも言い難いですけど、確かにイタリアから自分達のバイクのバランスは実に良いですよね。アッセンでは表彰台を獲得することは出来ませんでしたが、後半に最速だったのは自分達のバイクでした。現時点でのコンディション、新しいルール、タイヤという組み合わせの中では、自分達は素晴らしいバランスがあると言えるようです。ベストバランスといえるのかもしれませんけど、過去4戦マルクが非常に速かったので一概には言えないでしょう。ただ毎戦これに関してはコメントが難しいですね。ただ現状に関してはハッピーです。」

 

Q

「今日のレースは楽しめたレースだったのか、チャンピオンシップが接近したということで緊張感のあるものでしたか?」

アンドレア・ドヴィツィオーゾ

「自分はチャンピオンシップのことは全く考えていませんでした。レースの間は非常に快適に感じていて、そういう感覚の時は楽しく走れるんですよね。タイヤを管理して走ること、マルク、カル、マーベリック、ロッシと走るのは楽しかったですね。ですから自分にとっては楽しいレースでした。」

マーべリック・ビニャーレス

「楽しいレースでした。プレッシャーは感じずチャンピオンシップについても考えていませんでした。リラックスしてバトルを楽しんでいました。レースの中で良いラップタイムを維持出来たことは素晴らしかったですしね。最後になって優勝を目指してプッシュも出来ましたし、特に最終ラップは楽しみましたね。」

バレンティーノ・ロッシ

「自分にとってはチャンピオンシップ自体よりも、週末の中で感じたバイクのフィーリングのほうが重要でした。金曜からバイクには良い感触を得ていましたし良い形でライディング出来ましたから、レース前からリラックスしていることが出来ました。それにここイギリスでこうした天候であるというのは大きな驚きですから、このコンディションを楽しまないともったいないですよね。シルバーストーンをMotoGPバイクで、この気温で風もなくドライでライディング出来るというのは最高に楽しいんですよ。」

 

Q

「今年に関しては、あなた方のキャリアの中で最もエキサイティングなチャンピオンシップだと言えるでしょうか?」

アンドレア・ドヴィツィオーゾ

「自分にとってはそうだと言えますね。」

マーべリック・ビニャーレス

「確かにそうですね。非常に接近した戦いになっていますし、5人のライダーが共に戦っているわけですから。」

バレンティーノ・ロッシ

「特別なシーズンだと言えますね。通常はライバルは1人、もしくは2人。多くても3人なんです。今年に関してはそれが5人で、練習走行の中では簡単にトップ10から外れることも多いわけです。ですから、そのとおりだと思いますよ。」

 

Q

「この前もそうですが、素晴らしいレースでした。これはDucatiが昨年よりも良いバイクになっているからなのか、新しいドヴィツィオーゾが重要なのでしょうか?」

アンドレア・ドヴィツィオーゾ

「これは常にバランスですね。60%が自分で40%がDucatiによるものと言えるでしょう。ただ、常に重要なのはバランスです。」

 

Q

「ドヴィ、シーズン開幕では自分がチャンピオンシップ争いのどのあたりにいるかの予想は難しかったと思いますが、こうしてチャンピオンシップを6レース残してリードするというのは想像していましたか?これはDucatiのレベルがあなたが思っていたよりも高かったからなのでしょうか?そしてバレンティーノ、残り5周で勝てると思ったと話していましたが、実際にはあなたは優勝出来なかった。これはフィジカルの問題なのか、パルクフェルメで見せたジェスチャーは限界だったということだったのでしょうか?」

アンドレア・ドヴィツィオーゾ

「もちろん予想はしていませんでした。こういう状況になって4勝をするなんていうことはね。ただこれは答えにくいですね。自分達も少しは改善していますが、ライバル達が何をしたのかということを完全に把握することは出来ませんからね。いくつかのライバルはアップダウンが激しいように思えますが、これは自分達には不思議に映ります。特にヤマハがこういう形で苦戦しているというのは、あまり見ることはないですからね。ただ何が起きているかを理解することは出来ません。自分達がどの程度良い仕事が出来たのかはわかりませんし、ライバルたちがどのような仕事をしたのかもわかりません。ただ間違いなく、こういう状況は予想していなかったですね。」

バレンティーノ・ロッシ

「昨日も似たような質問がありましたね。自分はまぁ年寄りってことなんですよね(笑)おそらく君たちは(ジャーナリスト達)自分のフィジカルコンディションに関して疑いの目で見ているってことだよね(笑)(※会場爆笑)実際問題、バイクには非常に良い感触で乗ることが出来ているんですよ。今日なんかはオーストリアよりもよほど難しいレースでしたからね。あそこではブレーキングでバイクが全然止まらなくてかなりプッシュしていたんです。調子は本当に良いんです。残り2周でマーベリックに抜かれた後に出来ることはすべたやったんです。コーナーで2度、3度背後についたんですが、止まれるかどうかはわからなかったんです。ただ、結果的には彼を抜くことは出来ませんでした。今日に関しては非常に良い感触でしたよ。」

 

Q

「ここは非常に高速なトラックですが、スピードに関してレース中に何かしら対策をする必要はあったんでしょうか?」

アンドレア・ドヴィツィオーゾ

「出来ることは全てやりましたし、特にこれと言って制限があったわけではないですね。」

マーべリック・ビニャーレス

「特に問題はなかったですね。」

バレンティーノ・ロッシ

「ここは要求が多いトラックなんです。シルバーストーンでは限界に到達した部分もありましたが、こういう程度であればいい形でマネジメントが出来ています。」

 

Q

「マルケスがレースから離脱した時に何を思ったのか?またその後どのようにレースをマネジメントしたのでしょうか?」

アンドレア・ドヴィツィオーゾ

「自分は正直何が起きたのかを把握するのが難しかったですね。ここはメインストレートが非常に短くて、ピットボードも見づらいんです。”マルケスOUT”というのは見えたんですが、最後に4人で走っているとは思っていませんでした。自分はバレンティーノと2人で走っているものと思っていたんです。ただそれを見たからと言って戦略は変えませんでした。バレンティーノが少しリアタイヤで苦戦しているように見えたので、そこで勝負を仕掛けたんです。ただ最後にマーベリックが戻ってきて自分も100%の力でプッシュをしました。接近戦でしたけど、コントロールすることが出来ましたね。」

マーべリック・ビニャーレス

「自分の場合はマルケスが目の前でああいったトラブルになったわけですから非常に怖かったですね。オイルなのか水なのかわからなかったので、いつもよりも30m手前でブレーキングをしたんです。そのせいでバレンティーノとドヴィと比較してかなりのタイムを失いました。ただあれが水だったようで良かったですね。あれがオイルだったら大変なことになってました。」

バレンティーノ・ロッシ

「マルケスがこういう形でレースを終えたというのはチャンピオンシップにおいて重要なことですけど、何かが変わったわけでもありません。自分は全力でレースに勝とうとしていたわけです。」

 

Q

「昨年は優勝争いをする中でオーバーテイクも数多くあり、2位を獲得することが多かったと思います。覚えていますか?今年はこうしたバトルが少ないと思いますが、これに関して何かしら理由を思いつきますか?タイヤなのか気温によるものか、ここは大きなトラックですから、通常は沢山のオーバーテイクが生まれると思うんです。」

バレンティーノ・ロッシ

「これは昨シーズンはより天候が難しい状態であったことが関係していると思います。土曜日は走行ができず、日曜は朝にはトラックが濡れていて何が起こるかわかりませんでした。ただ、今年は天候に関してはどうなるかがわかっていた。これが理由だと思いますね。」

 

Q

「バレ、土曜日はチャンピオンシップ争いはできないと話していましたが、これほど力強いレースをしてもそれは同じですか?またドヴィ、今年はホルヘという強力なチームメイトがいる中で、彼があなたの今の結果を助けたという側面はあるのでしょうか?」

バレンティーノ・ロッシ

「自分は常に現実的なんです。チャンピオンシップ争いに参加できていることを嬉しく思っていますし、全てがオープンな状況だと思いますし、全力でトライしています。ただチャンピオンシップ争いをするには、レース後半での強さが十分ではないんです。そこまで離されていませんが、実際はチャンピオンシップでは4位なんです。ですから難しい状況だと思います。ただいずれにしても、この問題を解決出来るようにしたいと思います。出来る限り早くこの問題を解決出来ることを願っています。」

アンドレア・ドヴィツィオーゾ

「クルーがシーズン中に素晴らしい働きをしてくれているというのは事実ですね。昨年もそうですが、今年はさらにそうだと言えます。これがほとんどのレースにおいて違いを生んでいるんです。特にタイヤマネジメントが必要な時に正しい選択をする上ではね。それとレースの中でどのようにバイクに乗るかということに関してもそうです。ホルヘがDucatiにやってきたことは、バイクがどういう状態であるのか(戦闘力が)という事実を、エンジニア達に気づかせるという意味で意味があったと思います。ただ、冬の段階から今のバイクはそこまで違うわけではありませんから、そういう意味ではホルヘがやってきたことがバイクの変化において大きな助けになったという事は言えないでしょう。(そもそもロレンソ選手がDucatiに加入したのは冬の後で、バイクも冬から大きな変化がないということ)ただ、全てのことが大きな助けになっているんですよ。」

 

ニック・ハリス

「皆さんありがとうございました。ミサノで会いましょう。」

(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link