★MotoGP2017 KTM アラゴン戦の結果によっては2018年にスミスとカリオの交代もあり

KTMからワイルドカード参戦しているテストライダーのミカ・カリオ選手が素晴らしい成績を残していることもあり、来年のスミス選手のシートが危ういのではないか?という話が出ていますが、スミス選手自身もKTM側から結果が上向かない場合はカリオとの交代をほのめかされているとのこと。ミサノ、そしてアラゴンで結果を出すことが絶対条件となります。

Sponsored Link

ブラッドリー・スミスは彼の現在のKTMにおけるポジションについて厳しいレースが続いているということを明確に把握しており、第14戦アラゴンでのレースが、彼の2018年を決定付けるレースになるだろうと考えている。KTMのCEOであるステファン・ピエラとモータースポーツディレクターであるピット・ビーラーは、オーストリアGPのすぐ後に、今後スミスの結果が上向かない場合は、テストライダーであるミカ・カリオが彼のポジションを奪う可能性に付いて示唆した。

この内部での選手変更はオーストリアGPの結果によるもので、スミスのクルーチーフであったトム・ジョジックはイギリスGPを前に移動が決まり、以前はカリオと一緒にレースをしていたエステバン・ガルシアが、今シーズン一杯スミスを支えることとなる。

カリオはアラゴンでもワイルドカード参戦をすることが決まっており、もしカリオがアラゴンでもオーストリアでスミスに16秒の差をつける8位という順位でレースを終えたように、スミスを負かす活躍を見せた場合、スミスの今後に疑問符がつくだろうとスミス自身も考えている。

ブラッドリー・スミス

「最近のイマイチな結句を受けて、自分に明確なプレッシャーがかかっているというのは確かです。ただKTMチームと特に自分のガレージの仲間のサポートは本当に素晴らしいんです。新しいクルーチーフが助けになってくれることを願っていますし、チームと共に良い結果が得られることを願っています。エステバンは豊富な知識と経験を持っていますし、最初の瞬間から共にチャレンジをしてくれています。良い結果を既に出しているチームではなくて、苦戦をしているチームにやってくるというのは大変だと思いますが、彼は最初からしっかりとサポートをしてくれています。シルバーストーンはKTMにとっては初めてのトラックでしたから、簡単ということはありませんでした。これといったデータがあったわけではないので、完全にスクラッチで作り上げる形になったんです。」

「ミサノは異なるレースになるでしょう。シルバーストーンは異なる形で作業を進めたんです。金曜の2つのセッションで同じタイヤを使用したんです。物事をよくするために、あらゆる物事を試しています。MotoGPの中で1日で奇跡を起こすことは出来ません。でも小さなステップの1つ1つが結果を向上させるんです。先程も話したように、現状についてはしっかりと把握しています。KTMは素晴らしい作業をしてくれていますし、特にチームマネージャのマイク・レイトナーがそうですね。彼らも自分に成功して欲しいと思っていますし、そのために出来ることは何でもしてくれるんです。」

「ただ、ミサノの後のアラゴンでは、テストライダーのミカ・カリオも走ることになります。もしミカが自分をオーストリアのように負かすことがあれば、自分に対して大きな疑問がつきまとうことになるでしょう。外部からのプレッシャーというのはまた異なるんですが、こういったプレッシャーはプレスとソーシャルメディアから感じていました。これはこの仕事にはつきものですね。予選とレースの後には、プレスからまるで尋問に合ったような感じでした。これは現在の状況を考えれば当然でしょう。」

スミスはシルバーストーンでも厳しいレースとなっており、ここで彼は17位、チームメイトのポル・エスパルガロとの差は18秒だった。26歳のスミスは暑くなった午後に関して、彼が選んだ前後ハードというタイヤ選択は、理想からは程遠い選択だったと感じている。

「シーズンでもベストと言えるスタートだったんですが、レースにおいて予想より暑い気温となったことでタイヤ選択を誤りました。グリップを感じている間は良い感触でアグレッシブに走ることが出来たんですが、グリップが無くなった時点で、レースはもう終わったなと感じました。いつも通り序盤の8周の中からポジティブな内容を見つけようとしています。ハードタイヤでプッシュ出来たこの8周の中では、他の練習走行と比較して良い感触を得ることが出来ました。次のレースはミサノですが、ここではシルバーストーンの前に素晴らしいテストが出来ました。ですから良いデータとセットアップのプランがある状態でレースを迎えることが出来ると思います。」

現在はスミスはチャンピオンシップ22位、獲得ポイントは8ポイントとなっている。

(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★チャーン・インターナショナル・サーキット 2018年からMotoGPを開催か?
★MotoGP2017 困難を極めるロレンソとDucatiの変革
★MotoGP2017ヘレスGP 3位ロレンソ「優勝したように嬉しい!」
★Ducatiパオロ・チャバッティ「2018年も、3つのサテライトチームにバイクを供給することになるだろう」
★MotoGP2017フランスGP ロレンソ「デスモセディチが自分のバイクという感覚が強くなっている」
★MotoGP2017イタリアGP 予選6位マルケス「フロントタイヤの選択が鍵」
★MotoGP2017カタルーニャGP ドヴィツィオーゾ「何を期待すれば良いかわからない」
★MotoGP2017オランダGP マルケス「バイクとタイヤのセットアップを見つける事が重要」
★MotoGP2017オランダGP ロッシ「アッセンで新しいシャーシをどう感じるか楽しみ」
★MotoGP2017オランダGP予選5位 レディング「ドライでレースをするのは、かなり厳しい」
★MotoGP2017ドイツGP 予選9位ロッシ「何が起きているのかわからない」
★MotoGP2017ドイツGP 5位ロッシ「今日の5位は悪くない結果」
★MotoGP2017 ブラッドリー・スミス「オーストリアには出来る限り良いパッケージで挑みたい」
★MotoGP2017オーストリアGP ビニャーレス「これからのレースでは表彰台獲得が重要」
★MotoGP2017オーストリアGP ペドロサ「ブルノで作ったセットアップから始めることが出来る」
★ティト・ラバトのMoto2タイトル獲得マシンがEbayに出品?と思われるも、実際は別物
★MotoGP2017アラゴンGP マルケス「残り5戦はハードな戦いになる」
★MotoGP2017日本GP ドヴィツィオーゾ「これからの4戦がタイトル争いで重要」
★MotoGP2017オーストラリアGP ミラー「足の回復具合は、ほぼ100%」
★MotoGP2017バレンシアGP 2位ザルコ「立ち上がりとコーナリングスピードに苦戦した。バックフリップはまた来年」