★MotoGP2017サンマリノGP 決勝プレスカンファレンス翻訳

日曜に行われたサンマリノGPの決勝プレスカンファレンスをお届けします。今回ペトルッチ選手はマルケス選手がチャンピオンシップを意識してアタックを仕掛けてこないだろうと思っていたと言いますが、マルケス選手は、チャンピオンシップの最終戦バレンシアで、5ポイントの差で泣くかもしれないと考えてプッシュしたとのこと。確かに最後のプッシュがあったからこそドヴィツィオーゾ選手ともポイントで並ぶことが出来たわけです。チームとのレース前のコミュニケーションに基づく足の合図など含め、全てが噛み合っているという印象を受けます。

Sponsored Link

 

ニック・ハリス

「素晴らしいレース、凄まじい天候でした。マルク昨日のプレスカンファレンスで、チャンピオンシップを意識して少し注意して走ると話していましたが、最後の2周、特に最終ラップに関してはそんなことは考えていなかったようですね(笑)素晴らしい最終ラップでした。」

マルク・マルケス

「今日のレースは非常に長かったので、いかに集中を必要としたか、そこにどれだけの緊張があったのかを想像することは出来ないと思います。レースの中でフィーリングに変化があり、序盤は少し苦戦をしていたんですが、レース中盤には良いフィーリングとなり、レース後半はさらに良くなりました。チャンピオンシップの事を考えて2位でも十分だろうとは思ったんですが、さらに考えて”今日は行けるだけのポテンシャルがあるし、この5ポイントで最終戦バレンシアで泣くかもしれない”と考えたんです。」

 

ニック・ハリス

「最終ラップでは我慢に我慢を重ねて、1コーナーでダニロを抜きました。ここまで長く待つことはプランにあったのでしょうか?」

マルク・マルケス

「今日はダニロの後について行こうと思っていたんです。ウォームアップでの転倒が良い気付きを与えてくれて、そこで無理せずにダニロに付いて行こうと思っていました。レースの中で丁度良い距離感を維持して走り、最終ラップでしっかりと準備をしていたんです。実は3周前から彼を抜ける状態ではあったんですが、ここミサノでダニロとバトルはしたくないと思っていました。ですから、ダニロを抜いた直後に100%で飛ばしたんです。こうして1周だけリスクを冒すよりは、最終コーナーでリスクを冒すよりも良いですからね。」

 

ニック・ハリス

「レース序盤は非常に難しかったのだろうと思います。Moto3、Moto2のレースを見ても非常に転倒が多かったですね。」

マルク・マルケス

「Moto3とMoto2ではチャンピオンシップトップの選手が何名も転倒したこともあって、レース前は走り出すのが怖かったですね。もし自分が転倒して、ドヴィが2位だとか3位を獲得したとすると、チャンピオンシップ争いが難しくなることはわかっていました。ただ最終的にはこうしたプレッシャーをコントロールする必要があるんです。今回は最高の形になったと思います。」

 

ニック・ハリス

「第14戦のアラゴンでは、ドヴィとポイントが並んだ状態となりますが、見る側としてはこれ以上ないシチュエーションだと言えます。」

マルク・マルケス

「このチャンピオンシップは本当に素晴らしいですね。何が起こるかわかりません。いくつか残念な結果もありましたが、力強い形で戻ってくるということが重要なんです。ですからミサノでリスクを冒したんです。ミサノは通常非常に苦しむトラックですからね。ただ、今はこれからアラゴンに向かうわけです。確かにプレッシャーはありますが、このプレッシャーは自分に良いモチベーションを与えてくれます。」

 

ニック・ハリス

「マルク4勝目おめでとうございます。それではダニロ、あらゆる努力をして、MotoGP初勝利があと少しでした。素晴らしい表彰台獲得でした。複雑な心境でしょうね。」

ダニロ・ペトルッチ

「ええ。非常に複雑な気持ちです。イタリアで再び表彰台を獲得出来たことは嬉しいですが、今日はレースをトップで何周かわかりませんがリードすることが出来ました。それに今日は朝の時点でコーナーが特に滑りやすいことがわかっていたんです。ホルヘが転倒した後に1位ポジションで走る中で、何度か引き離そうとプッシュをしたんです。ただ残り8周の時点でかなり危ない瞬間がありました。そこでもしかしたら今日はマルクに追いつかれてしまうかもしれないと思っていました。ただ、マルクはここで抜きにきてフロントでレースのリズムを作るようなことはしないだろうと考えてもいました。彼に追い抜かせて、(それを利用して)リズムを作ろうとも思ったんですが、ウォームアップで彼は素晴らしい走りをしていたので、そのまま彼に引き離されてしまうかもとも考えていたんです。」

「ですから、そのままフロントでレースをリードすることにしました。残り2周で再びプッシュをしたんですが、彼は素晴らしい最終コーナーのクリアの仕方で、次のターン1で抜かれてしまいました。その後ターン4で彼を抜き返そうとしました。彼はそこで少しワイドなラインだったんですよ。ただそこでフロントが切れ込んでしまい、転倒しそうなったのを膝で立て直したんです。最終ラップに彼は多くのコーナーでワイドになっていたので、自分もまた抜き返そうとしていたんですが、なぜかどんどんと距離が開いてしまいました。ですから、その時点で”マルクは最終ラップに最高の走りをしている、彼のことはもう考えるな”と自分に言い聞かせました。今日は2位で少し残念ですが、レース全体で全力を尽くしましたし、マルクの最終ラップは本当に素晴らしいものでした。彼は今日の優勝に相応しいですよ。」

 

ニック・ハリス

「ダニロありがとう。それではドヴィツィオーゾ。ここにはチャンピオンシップをリードして到着しましたが、現時点ではマルケスとのジョイントリーダーとなりました。残り7周ほどで、今日は16ポイントを確保する方向に切り替えたようですね。」

アンドレア・ドヴィツィオーゾ

「今日は最初の数ラップで今日は難しいなということがわかりました。グリップがない状態だったんですが、その理由がわからなかったんです。今日はホルヘが転倒した後に、ダニロとマルクが常に同じペースで走行しており、彼らに最後まで付いて行けるかどうかを考えたのですが、彼らと戦うには自分が勝っている部分がなかったんです。全カテゴリーで転倒が多かったように、今日は簡単にミスをしてしまうような状況でした。ですから、今日は0ポイントではなく、より多くのポイントを確保するほうが大事なのだなと気づいたんです。今日はマルクはリスクを冒していましたが、それが出来るだけのフィーリングがあれば良いんですが、今日の自分はそれを感じませんでした。今日のバイクのフィーリングに関しては満足していませんし、チャンピオンシップにおいてポイントをいくつか失ってしまいました。ただ今日のウェットでのパフォーマンス、昨日までのドライでのポテンシャルを考えると、チャンピオンシップ争いが出来るポテンシャルがあると思います。マルケスは確かに強力ですし、次のアラゴンでは彼が非常に速いでしょう。ただ今はまだ並んでいますから、自分達の強みを発揮したいと思います。ただ、ドライでも良いフィーリングを持っていますから、最後までトライしたいと思います。」
 

ニック・ハリス

「ドビありがとう。それでは私からは以上です。フロアからの質問をどうぞ。」

 

Q

「ダニロ、最後になってマルクに勝てないとわかった時、アンドレアに順位を譲ろうとは思いませんでしたか?あなたにとっては2位も3位も対して変わりませんが、アンドレアには2位というのは大きな違いですからね。」

ダニロ・ペトルッチ

「正直に言うと、確かにそれは思いました。アンドレアがもう少し近くにいてくれれば良かったんですが。。ただ彼は自分の助けがなくてもチャンピオンシップ争いが出来ると思ったんです。これからのレースにおいて彼にとって重要な局面で譲ることが出来れば、自分もさらにハッピーでしょう。確かに譲るということも少し考えていましたが、マルケスはかなりのリスクを負った走りをしていたので、セクター3まで様子を伺っていたのもあります。彼はかなりのコーナーでワイドになっていたので、どこかでインに入るスキがあるかもと思っていたんですよ。ただ、彼は全くミスをしませんでした。それにチャンピオンシップという意味でも、最終ラップに他のライダーに順位を譲るというのもどうかなと思うんです。自分達は皆、この場で自分のために戦っているわけですからね。もちろん今週はドヴィをチャンピオンシップにおいて助けたいと思っていましたが、最終コーナーで彼を先に行かせるようなことは、チャンピオンシップにおいて正しいことなのかどうかはわからないんです。」

アンドレア・ドヴィツィオーゾ

「彼は素晴らしいレースをしましたし、彼が2位表彰台を獲得したのは本当に素晴らしいことだと思いますよ。」

 

Q

「今日はバレンティーノがいませんが、この先バレンティーノやダニがチャンピオンシップ争いに戻ってくる可能性はあると思いますか?」

マルク・マルケス

「確かにバレンティーノやダニとの間の差は広がっています。ただ今年のチャンピオンシップは何が起こるかわかりません。ただチャンピオンシップが進むにつれて、チャンピオンシップ争いをするライダーの数が減っていくのは普通のことです。現時点では自分とドヴィがリードしていて、マーベリックが非常に接近している状態です。ただバレンティーノとダニはかなり離れている状態ですね。」

アンドレア・ドヴィツィオーゾ

「確かにそう思いますね。彼らにとっては非常に難しいでしょう。何が起こるかわかりませんしまだ可能性がなくなったわけではありませんけどね。今日のようなレースで簡単にミスをしてしまうこともあるでしょう。25、20ポイントを簡単に取り戻すこともあるでしょう。ただ、明らかに現時点ではチャンピオンシップ争いをしているのは3人ということになるでしょうね。」

 

Q

「なぜ新型フェアリングでレースをしようと思ったのでしょうか?」

アンドレア・ドヴィツィオーゾ

「新型フェアリングのポジションな点とネガティブな点は良くわかっているんです。このトラックのグリップを考えると、このフェアリングを使用したことは良かったと思います。ウェットコンディションでは、このフェアリングのほうが良いというのは明らかですね。

 

Q

「今日はレースをリードする中でペースを少し遅めにしようとしたということはありますか?それともマルクと差を作るためにもう少し速く走ることが可能だったのでしょうか?」

ダニロ・ペトルッチ

「今日はレースをリードしている時はそこまでプッシュしていませんでした。ただ今日は全てのライダーが、コンディションのせいもあってあまりプッシュしていなかったと思います。ですからトップを維持出来る程度でプッシュをしていたんですが、マルクが非常に強い走りをしているのはわかっていました。自分はただ普通にペースを維持して走っていて、ドヴィが後ろについてきていることを願っていました。ただ、その後にレースに勝とうと思ったんですが、そうして走っている時にはドヴィとの差が開いてしまいました。今日はレースをリードする中で、マルクが最終ラップに強い事を理解していたので、マルクとの差を開こうと3度4度プッシュしようとしたんです。ただ、結果的にその差を生み出すことは出来ませんでした。確かにレース全体でプッシュはしていませんでしたが、いずれにしても限界の状態でした。」

 

Q

「マルク、コンスタントに表彰台を獲得しているのはホンダではあなただけです。Ducatiやヤマハ相手に1人で戦うのは難しいですか?」

マルク・マルケス

「もちろん自分の転倒の多さを見てみれば難しいというのがわかるでしょう。自分が転倒しているのはプッシュしているからなんです。自分はFP1からレースまで常にプッシュしているんです。確かにシルバーストーンのレースの結果は残念なものでした。少しだけでもポイント差を開くのは簡単なことではないんです。ただ、これが自分にモチベーションとエネルギーを与えてくれ、100%でプッシュして戻って来ようと思わせてくれたんです。異なるサーキットでもウェットコンディションでも、冷たいコンディションであっても、暑いコンディションでもトップにいる。これがこれからの後半戦において非常に重要なことなんです。自分達が速いサーキットもあれば、そこまでの速さがないサーキットもありますが、最低限こうして同点にすることが出来てチャンピオンシップをリードしている。こういう形でコントロールをすることが出来ると思います。」

 

Q

「オーストリアでは自信が持てたからプッシュをしたと話していました。今日に関しては同様の理由でプッシュをしたのか、それともより多くのポイントを獲得したかったが為にプッシュをした。どちらでしょうか?」

マルク・マルケス

「今日はそういう感じではなかったですね。今日はトラックが本当に滑りやすく、簡単にミスをしてしまうような状況でした。Moto2やMoto3のレースを見た後では自信を失ってしまいます。でも、ここであと5ポイントを得られなかったがために、バレンシアで泣くことになるかもしれないと思ったんです。今日プッシュした事に関しては、確かに大きなリスクがありました。ここで転倒していたら、多くの人が”マルクは結局変わっていない”と書いたでしょう。でもこれが自分のスタイルなんです。このスタイルが自分に5度のタイトルをもたらしたんです。確かにプッシュはしていますが、常にそのリスクはコントロールしています。

 

Q

「シルバーストーンの転倒で大きなモチベーションを得たということでしたが、ここミサノでの敵対的なファンに関してはいかがですか?こうしたファンもモチベーションになるのでしょうか?」

マルク・マルケス

「正直言って転倒した後に歓声が起きるというのは悲しくなりますね。表彰台でのブーイングというのは理解出来ますが、転倒した後にグランドスタンドから歓声が上がるのは理解出来ません。転倒する時というのは、自分達は300km/hで限界で走っているんです。命をかけていますし、怪我をする可能性もあるわけです。将来的にも自分のファンはこうした事を他のライダーにはしないようにと願っています。単純に気分が悪いですからね。」

 

Q

「今日はレースのかなり速い段階でクルーに何か足でサインを出していましたね。あれはセカンドバイクへのサインだったのかと思いますが、これはトラックがドライになると思っていたのか、それともこれはピットインするという予告だったのでしょうか?」

マルク・マルケス

「ここではドライとウェットのセットアップの違いがかなり大きいんです。ですからウェットからドライのバイクにセッティングを変更するにはかなり時間がかかるんです。ですからレース前に”もしフラッグtoフラッグレースになりそうな気配があれば足で合図を出すから、それから準備を始めれば時間がしっかりと取れるだろう”という話をしていたんです。そしてトラックがかなりのスピードで乾いていくのがわかったので合図を出したんです。最終的にはトラックにはそこまで水は残っていませんでした。常に準備をしておくということが重要なんです。」

 

Q

「ダニロとドヴィツィオーゾはフラッグtoフラッグレースになると思いましたか?」

ダニロ・ペトルッチ

「いや、全く思わなかったですね。今日は非常に気温も低かったですしね。今日はマルクが合図を出した時に後ろにいたんですが、彼がピットいんしてくれればと思っていたんです(笑)明日は晴れると思いますけどね。ただトラックの温度は低く、あちこちにウェットパッチがある状態でしたね。ですから今日に関してはフラッグtoフラッグになるとは全く思いませんでしたね。」

アンドレア・ドヴィツィオーゾ

「自分も今日はそのチャンスはないと思っていました。ただ最後には水はかなり少なくなっていましたね。ブルノではミスをしましたけど、毎回戦略というのは異なっているべきなんです。今日は確かにセカンドバイクはドライ用で準備していましたけど、今日はドライになるチャンスはありませんでした。ですから、もしかしたらセカンドバイクもウェットで用意しておいたほうが良かったのかもしれません。ですからレースの中で何かがあれば大きなギャップを開くことが出来たかもしれません。毎回レースの中でミスをして、レースの後に”あれはミスだった”というのは簡単なんです。ただ、どのレースも異なるんですよ。」

 

Q

「あと5戦ありますが、どこでホンダはDucatiよりも強いか、Ducatiはどこがホンダよりも強いと思いますか?」

マルク・マルケス

「わからないですね。オーストリアでは正直言ってドヴィから10秒離されると思っていたんです。そしてここもホンダには厳しいサーキットです。それにシルバーストーンでは、ドヴィが自分達よりもだいぶ離れた状態でゴールすると思っていたんです。彼はオーストリアでは勝利して、ここでも自分達のペースは非常に似ていました。ですから何とも言い難いですが、ドヴィは今やどのサーキットでも強いということは確かです。Ducatiもどのサーキットでも強いですし、最後まで接近戦の素晴らしいバトルになるでしょう。ただビニャーレスを忘れることは出来ません。彼は僅かに16ポイントしか離されていませんからね。それに彼はウェットであっても良いペースを持っているようですしね。彼は通常はウェットでは少し苦戦しますが、今回は4位でしたから。」

アンドレア・ドヴィツィオーゾ

「これは本当にわかりませんね。確かにいくつかのトラックに関して自分が得意に思っているところもあれば、彼が得意としているトラックもあるでしょう。ただ、それよりも重要なのは、自分達のバイクがその週のタイヤを履いてどのようなパフォーマンスを発揮出来るか?ということなんです。これは現時点ではわかりませんから、チャンピオンシップがどうなるかというのは、あらゆる可能性があるでしょう。ホンダとマルクが強いというのは間違いありませんが、自分達も今まではスピードを発揮出来なかったサーキット、状況でスピードを発揮出来ています。ですから最後までタイトル争いが出来ればと思っています。」

 

Q

「今日はムジェロ、そして2015年のシルバーストーンと比較していかがでしたか?」

ダニロ・ペトルッチ

「毎回違いますね。今日はアッセンと似ていて、レースをコントロールしようとしていました。でもアッセンではリンスが前にいて、優勝しようとしたんですが叶いませんでした。今回はマルク以外に問題はなかったんです。ですから今日は本当に勝てると思っていたので少し残念です。ただ、今日はマルクのほうが少し強かったというわけです。ですから後悔はありませんが、今日は本当に優勝出来るチャンスがありました。ただ、このコンディションの中でレースをリードすること、マルクが常に後ろにいる状態で走ることは難しかったんです。今回は非常に良いレースだったと思います。ただ、いつも言っているように自分にとって最奥のレースというのは常に次のレースなんです。ですから、アラゴンでまた挑戦しますよ。」

 

Q

「ロレンソの転倒は見ていましたか?あの転倒について言えることは?」

アンドレア・ドヴィツィオーゾ

「彼も転倒しましたが、多くのライダーが転倒しました。恐らくあのコーナーはグリップの面では最悪のコーナーだったと言えるでしょうね。あの瞬間に彼はかなりのスピードで走っていました。彼はクレイジーなライディングをしていたわけではなくて、単純に自分達よりもリスクを取っていたというだけです。あれが彼のスタイルで、彼はスタートから凄い速さで走りだすことが出来るんです。彼はその走りを活かそうとしたんです。ただ時にはそれが機能しない時もあるということです。」

 

Q

「マルクは最終ラップであなたにアタックしましたが、レースのほとんどであなたに接近していました。これは気分的にはどういうものなんでしょうか?」

ダニロ・ペトルッチ

「それほど悪い気分ではありませんでした。重要だと思っていたのはフロントにいることで、最初はかなり良いペースがあったんです。自分の体重がトラクションを生み出す上で助けになっていたのかもしれません。ただ、そのせいでリアタイヤをレース前半にかなり使ってしまったんです。ただ彼がレースの中でアタックしてくるだろうと思っていたので、厳しいだろうとは思っていました。こういう形でレースをリードするのは難しいものですからね。自分は彼がチャンピオンシップのことを考えているんだろうと思っていたんです。でもそうではなかったみたいですね。(笑)彼がチャンピオンシップを意識して自分にアタックをして来ないことを願っていたんです。自分も何度もプッシュしようとして、最大でプッシュしてもマルクは0.6秒、0.7秒というところで走っていたので、簡単に差を詰めることが出来ると思っていました。彼を最終ラップに背後に置いて走るのは良い状況ではありませんが、それが今日の唯一のチャンスでした。ですから彼を前に行かせていたとしても、彼に追いつけていたかどうかはわかりません。」

 

ニック・ハリス

「皆さんありがとうございました。2週間後にアラゴンで会いましょう。」

(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★MotoGP2017ヘレスGP 予選2位マルク・マルケス「新しいエンジンでコーナリングが改善している」
★MotoGP2017ヘレスGP 予選5位イアンノーネ「2列目スタートは良いレースをするのに重要」
★MotoGP2017ヘレステスト初日 ビニャーレス「レースと全く違う結果だった」 
★MotoGP2017ヘレスGP 決勝プレスカンファレンス全文翻訳
★MotoGP2017ヘレスGP 写真ギャラリー
★MotoGP2017フランスGP 4位ドヴィツィオーゾ「4位は悪くないが満足は出来ない」
★バレンティーノ・ロッシ「さようなら。ニッキー。」
★MotoGP2017イタリアGP フォルガー「初めてのムジェロで自信を持って走行出来ている」
★MotoGP2017イタリアGP 9位ピッロ「スタートの失敗で4位スタートを無駄にした」
★MotoGP2017チェコGP ザルコ「天候が読めないのでトップ10に入れたのは良かった」
★MotoGP2017ミシュラン オーストリアGP決勝レースリリース
★ティト・ラバトのMoto2タイトル獲得マシンがEbayに出品?と思われるも、実際は別物
★MotoGP2017イギリス Q1結果
★MotoGP2017イギリスGP 予選5位ロレンソ「レースペースの改善が必要」
★MotoGP2017イギリスGP 決勝レース結果
★MotoGP2017日本GP テック3ヤマハ 急遽欠場のフォルガーの代役に野左根 航汰を起用
★MotoGP2017日本GP FP2結果
★MotoGP2017マレーシアGP ファン・デル・マルクがフォルガーの代役として参戦
★MotoGP2017 10/23時点でのポイントスタンディング
★MotoGP2017マレーシアGP ロッシ「父よりも母のほうがセッティングなどのアドバイスをくれる」