★2017-2018 FIM世界耐久選手権  開幕戦ボルドール24時間耐久には59チームがエントリー

1年をまたぐ形で開催されている世界耐久選手権の開幕戦ボルドール24時間耐久が今週末開催されます。今年はスズキチームにとっては最新型のGSX-R1000のフル参戦のシーズンとなります。絶対的な強さを誇るGMT94ヤマハ、YARTヤマハを破るチームが現れるでしょうか。

Sponsored Link

2017-2018 FIM EWC(世界耐久選手権)の開幕戦となるボルドールの最初の予選セッションが行われる。81回大会となるボルドールには59チームがエントリー。開幕戦となる24時間レースはチャンピオンであるGMT94ヤマハ、そしてスズキ・エンデュランス・レーシング・チームが新型GSX-R1000を携えて参戦する。ただYARTヤマハ、F.C.C.TSRホンダ、ホンダ・エンデュランス・レーシングといった強豪が揃っている。


カワサキ系のチームとしてはチームSRCがトップチームとして参戦、Bolliger Team Switzerlandにもチャンスがあるだろう。BMWからは5チームが参戦。Völpker NRT48 Schubert Motorsはその他のTeam Tecmas、Wepol BMWとともにライバルと戦うことになる。

(Photo courtesy of EWC)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Pocket
LINEで送る

Sponsored Link
★YARTヤマハオフィシャルEWCチーム ル・マン24時間耐久予選1でポールポジションを獲得
★ル・マン24時間耐久 スタートから16時間後の順位
★ル・マン24時間耐久 スタートから17時間後の順位
★世界耐久選手権(EWC) ル・マン24時間耐久レース写真ギャラリー
★ル・マン24時間耐久レース2位 YARTヤマハオフィシャルEWCチーム3選手のコメント
★世界耐久選手権(EWC) オッシャースレーベン8時間耐久レースが開幕!
★オッシャースレーベン8時間耐久レース スタートから3時間後の順位
★スロバキアリング8時間耐久レース 予選総合結果
★スロバキアリング8時間耐久レース 開始から5時間での順位
★鈴鹿8時間耐久ロードレース タイヤメーカーテストトップタイムはYOSHIMURA SUZUKI MOTUL RACINGの津田拓也
★”コカ・コーラ”鈴鹿8耐 公開合同テスト  7月12日 総合結果
★”コカ・コーラ”鈴鹿8耐 特別スポーツ走行2回目結果
★”コカ・コーラ”鈴鹿8耐2017 公式予選総合結果
★”コカ・コーラ”鈴鹿8耐2017 夜間フリー走行結果
★”コカ・コーラ”鈴鹿8耐2017 ヤマハ・ファクトリー・レーシング・チームが3連覇を達成
★鈴鹿8耐2017 ヤマハ・ファクトリー・レーシング・チームが3連勝、GMT94ヤマハが世界耐久選手権においてチャンピオンシップ優勝
★鈴鹿8耐2017 各メーカーのレースレポート
★2017-2018EWCボルドール24時間耐久予選 チームSRCカワサキがポールポジションを獲得 
★2017-2018EWCボルドール24時間耐久 開始から8時間での順位
★2017-2018EWCボルドール24時間耐久 現チャンピオンGMT94ヤマハが完全優勝