★2017-2018EWCボルドール24時間耐久 予選1回目のトップはチームSRCカワサキ

フランスで行われている2017-2018世界耐久選手権の開幕戦ボルドールですが、1回目の予選走行でトップとなったのはSRCカワサキ。トップタイムはド・プニエ選手が記録した1’57.532とのこと。

Sponsored Link

チームSRCカワサキはボルドール24時間耐久で、スズキ・エンデュランス・レーシング・チーム、YARTヤマハを抑えて暫定ポールポジションを獲得した。ランディ・ド・プニエは強豪がひしめく中、1回目の予選でトップを獲得。ド・プニエは1’57.532のファステストラップを記録した。しかし2015年にMarkus Reiterbergerが記録した1’57.253というタイムには届かなかった。

ランディ・ド・プニエ、マシュー・ギネス、ファビアン・フォレの3名は、スズキ・エンデュランス・レーシング・チームよりも、約0.5秒速いタイムを記録。YARTヤマハは3位を獲得し、その後にはF.C.C. TSRホンダ、ホンダ・エンデュランス・レーシングが続いている。

その次はTesmas BMW、GMT94ヤマハが続いているが、2016-2017年のEWCチャンピオンは、明らかにレースコンディションのセットアップに向けて作業を進めており、ポールポジションを狙っているわけではない。

スーパーストッククラスではYamaha Viltaïs Experiencesが総合8位となっている。第2回目の予選は金曜の午前中に行われる。

(Photo courtesy of EWC)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Pocket
LINEで送る

Sponsored Link
★ル・マン24時間耐久 開始3時間でのトップはYARTヤマハオフィシャルEWCチーム
★ル・マン24時間耐久 チームSRCカワサキ 転倒により順位を落とす
★USヨシムラからVERSYS-X 300用ストリートR-77 スリップオンマフラーが登場
★DAYTONA(デイトナ) YZF-R25/YZF-R3/Ninja250R セパハン用マルチバーホルダー
★オッシャースレーベン8時間耐久レース スタートから6時間後の順位
★ヤマハ 鈴鹿8耐3連覇を目指し、ファクトリー体制の2チームが参戦
★スロバキアリング8時間耐久レース 開始から7時間での順位
★鈴鹿8時間耐久ロードレース メーカー合同テストトップタイムはMuSASHi RT HARC-PROの高橋巧
★ローソン人気商品「からあげクン」がバイクレースとコラボ!鈴鹿8耐オリジナルパッケージを発売
★”コカ・コーラ”鈴鹿8耐 特別スポーツ走行1回目結果
★”コカ・コーラ”鈴鹿8耐 27日の特別スポーツ走行総合結果
★”コカ・コーラ”鈴鹿8耐2017 イエローライダー公式予選1
★”コカ・コーラ”鈴鹿8耐2017 レッドライダー公式予選1
★”コカ・コーラ”鈴鹿8耐2017 レッドライダー公式予選2
★”コカ・コーラ”鈴鹿8耐2017 残り3時間でヤマハ・ファクトリー・レーシング・チームがトップ
★”コカ・コーラ”鈴鹿8耐2017 ヤマハ・ファクトリー・レーシング・チームが3連覇を達成
★”コカ・コーラ”鈴鹿8耐2017 ランディ・ド・プニエ「8耐でホンダに乗ることが出来たのは本当に誇らしい」
★鈴鹿8耐2017 各メーカーのレースレポート
★2017-2018EWCボルドール24時間耐久 波乱の幕開け
★カワサキ スーパーチャージャー搭載の新しいスポーツツアラーを11/7のEICMAで発表