★スズキ 世界耐久選手権2017-2018年シーズンの参戦体制を発表

昨日スズキから発表されている、2017-2018年シーズンの世界耐久選手権に関するリリースをお届けします。今シーズンのスズキ・エンデュランス・レーシングチームは、チーム体制が新しくなり、さらに完全新型となったGSX-R1000を使用します。昨年はチャンピオンシップ優勝をGMT94ヤマハに譲る形となりましたが、今シーズンこそは優勝を目指して欲しいところ。

Sponsored Link

スズキ・エンデュランス・レーシングチーム(SERT)が、南フランス開催される2017-2018年シーズンの世界耐久選手権の開幕戦となるボルドール24時間耐久レースに、新しいチーム、新しいバイクで帰ってくる。

スズキ・エンデュランス・レーシングチームで長く活躍するヴァンサン・フィリップ、エティエンヌ・マッソンに加えて、新たにライダーとしてグレッグ・ブラックが加わる。彼は世界耐久選手権、スーパーストックで活躍したライダーで、元Suzuki Junior Team LMSのライダーであり、チャンピオン獲得経験もある。彼らが乗るのは2017年の新型スズキGSX-R1000スーパーバイクだ。

今週の開幕戦には59チームが出場。また全5ラウンドのシリーズ戦には33チームがエントリーしている。この中には世界耐久選手権に初参戦となる12チームもある。なお、今年の世界耐久選手権の興奮が頂点に達する最終戦も日本の鈴鹿サーキットで2018年7月29日に開催される。

ボルドール24時間耐久にはスズキ・エンデュランス・レーシングチーム、GMT94ヤマハ、YARTヤマハ、F.C.C. TSRホンダフランス、ホンダ・エンデュランス・レーシングの5つのファクトリーチームが参戦する。

今日の一回目の予選では、SERTはフィリップが記録した1:58.893、マッソンの1:59.432、ブラックの1:58.842がそれぞれ記録したタイムによって、暫定2位を獲得している。

なお、明日の予選で日曜のレースのスターティンググリッドが決定する。

(Photo courtesy of suzuki-racing)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★ル・マン24時間耐久 ウォームアップ走行トップはチームSRCカワサキ
★MotoGP2017アメリカGP リンス「転倒で支払った代償は大きい」
★MotoGP2017ヘレスGP 津田拓也「ずっとMotoGPでレースをしたいと思っていた」
★MotoGP2017ヘレスGP 予選5位イアンノーネ「2列目スタートは良いレースをするのに重要」
★オッシャースレーベン8時間耐久 練習走行結果
★オッシャースレーベン8時間耐久 予選2日目総合結果
★オッシャースレーベン8時間耐久レース総合結果
★MotoGP2017 イアンノーネ「ル・マンでは完走することが大事だった」
★スロバキアリング8時間耐久レース 予選総合結果
★2017年モデル GSX-R1000R ABS 発売
★”コカ・コーラ”鈴鹿8耐2017 レースクイーンギャラリー
★2017-2018EWCボルドール24時間耐久 予選1回目のトップはチームSRCカワサキ
★MotoGP2017マレーシアGP イアンノーネ「立ち上がりのトラクションが課題」
★MotoGP2017バレンシアGP 予選3位イアンノーネ「結果がついてきていて、来年に向けて良い状況」
★MotoGP2018バレンシアテスト1日目 スズキ両ライダーともに胃腸炎でテストに参加できず
★スズキ 新型隼は1,440ccで登場?
★MotoGP2018カタールGP リンス「自信がある。開幕戦に向けて準備は万端」
★MotoGP2018カタールGP 予選11位イアンノーネ「チャンスはあるが激しい戦いになる」
★MotoGP2018カタールGP リンス「ポテンシャルがあることはわかった」
★MotoGP2018アメリカGP リンス「今年のアメリカGPは全く異なる結末に出来る自信がある」