★2017-2018EWCボルドール24時間耐久 開始から8時間での順位

ボルドール24時間耐久レースのスタートから8時間後の順位です。1位を走るのは昨シーズンのチャンピオンであるGMT94ヤマハ、2位にはF.C.C. TSRホンダフランス、3位はスズキ・エンデュランス・レーシング・チーム、4位ホンダ・エンデュランス・レーシング、5位IVRacing BMW CSEUとなっています。大きなニュースとしてはポールポジションからスタートしたSRCカワサキ、そして優勝候補でもあったYARTヤマハが揃ってリタイアしているということでしょう。まだまだレースは2/3残っていますので、どのような展開になるでしょうか。

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★ル・マン24時間耐久 ウォームアップ走行トップはチームSRCカワサキ
★ル・マン24時間耐久 チームSRCカワサキ 転倒により順位を落とす
★ル・マン24時間耐久 スタートから16時間後の順位
★ル・マン24時間耐久 優勝はGMT94ヤマハチーム
★ル・マン24時間耐久レース2位 YARTヤマハオフィシャルEWCチーム3選手のコメント
★スロバキアリング8時間耐久レース 開始から1時間での順位
★スロバキアリング8時間耐久レース 開始から3時間での順位
★鈴鹿8時間耐久ロードレース メーカー合同テストトップタイムはMuSASHi RT HARC-PROの高橋巧
★”コカ・コーラ”鈴鹿8耐 公開合同テスト トップタイムは9年ぶりに参戦のモリワキ
★”コカ・コーラ”鈴鹿8耐 27日の特別スポーツ走行総合結果
★”コカ・コーラ”鈴鹿8耐2017 ブルーライダー公式予選2
★”コカ・コーラ”鈴鹿8耐2017 公式予選総合結果
★”コカ・コーラ”鈴鹿8耐2017 夜間フリー走行結果
★”コカ・コーラ”鈴鹿8耐2017 ジャック・ミラー「鈴鹿は最高のイベント。週末が楽しみ」
★”コカ・コーラ”鈴鹿8耐2017 ヤマハ・ファクトリー・レーシング3年連続でポールポジションを獲得
★”コカ・コーラ”鈴鹿8耐2017 残り3時間でヤマハ・ファクトリー・レーシング・チームがトップ
★”コカ・コーラ”鈴鹿8耐2017 レオン・ハスラム「表彰台に立つのはいつだって最高の気分」
★2017-2018 FIM世界耐久選手権  開幕戦ボルドール24時間耐久には59チームがエントリー
★2017-2018EWCボルドール24時間耐久 波乱の幕開け
★2017-2018EWCボルドール24時間耐久 開始から18時間での順位