★2017-2018EWCボルドール24時間耐久 開始から8時間での順位

ボルドール24時間耐久レースのスタートから8時間後の順位です。1位を走るのは昨シーズンのチャンピオンであるGMT94ヤマハ、2位にはF.C.C. TSRホンダフランス、3位はスズキ・エンデュランス・レーシング・チーム、4位ホンダ・エンデュランス・レーシング、5位IVRacing BMW CSEUとなっています。大きなニュースとしてはポールポジションからスタートしたSRCカワサキ、そして優勝候補でもあったYARTヤマハが揃ってリタイアしているということでしょう。まだまだレースは2/3残っていますので、どのような展開になるでしょうか。

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★スズキ・エンデュランス・レーシング・チーム 今週末のル・マン24時間耐久への挑戦
★YARTヤマハオフィシャルEWCチーム ル・マン24時間耐久予選1でポールポジションを獲得
★ル・マン24時間耐久 チームSRCカワサキ 転倒により順位を落とす
★ル・マン24時間耐久 スタートから16時間後の順位
★世界耐久選手権(EWC) ル・マン24時間耐久レース写真ギャラリー
★スロバキアリング8時間耐久レース 開始から1時間での順位
★スロバキアリング8時間耐久レース 開始から7時間での順位
★”コカ・コーラ”鈴鹿8耐 特別スポーツ走行1回目結果
★”コカ・コーラ”鈴鹿8耐 特別スポーツ走行2回目結果
★”コカ・コーラ”鈴鹿8耐2017 イエローライダー公式予選1
★”コカ・コーラ”鈴鹿8耐2017 レッドライダー公式予選2
★”コカ・コーラ”鈴鹿8耐2017 公式予選総合結果
★”コカ・コーラ”鈴鹿8耐2017 ヤマハ・ファクトリー・レーシング・チーム鈴鹿3連覇に向けて好発進
★”コカ・コーラ”鈴鹿8耐2017 ヤマハ・ファクトリー・レーシング3年連続でポールポジションを獲得
★”コカ・コーラ”鈴鹿8耐2017 残り3時間でヤマハ・ファクトリー・レーシング・チームがトップ
★鈴鹿8耐2017 ヤマハ・ファクトリー・レーシング・チームが3連勝、GMT94ヤマハが世界耐久選手権においてチャンピオンシップ優勝
★”コカ・コーラ”鈴鹿8耐2017 ランディ・ド・プニエ「8耐でホンダに乗ることが出来たのは本当に誇らしい」
★2017-2018 FIM世界耐久選手権  開幕戦ボルドール24時間耐久には59チームがエントリー
★2017-2018EWCボルドール24時間耐久予選 チームSRCカワサキがポールポジションを獲得 
★世界耐久選手権(EWC) F.C.C. TSRホンダフランス 岡山にてテストを終了