★MotoGP2017クラッチロー 「なぜロッシの代役がロウズか中須賀ではなく、ファン・デル・マルクなのか?」

ロッシ選手は明日水曜日にアラゴンGPに出場するかの判断を下すとのことですが、代役として指名されているファン・デル・マルク選手はやる気に溢れています。一方クラッチロー選手は、ファン・デル・マルク選手の代役としての資質に疑問を投げかけています。

Sponsored Link

カル・クラッチローは、マイケル・ファン・デル・マルクはアラゴンGPでバレンティーノ・ロッシの代役にはふさわしくないと考えている。ファン・デル・マルクはエンデューロ練習中に足を怪我したロッシの代役としてアラゴンGPに出場する事が予定されている。

彼はヤマハがロッシの代役候補として名前を挙げていた4人(アレックス・ロウズ、中須賀克行、野左根航汰)のうちの1人だ。しかしミサノでクラッチローは、ロウズが中須賀のほうが代役には適していると語った。なお、ロウズは昨年怪我をしたテック3ヤマハのブラッドリー・スミスの代役としてMotoGPデビューを果たしており、中須賀は2011年以来、7度MotoGPクラスでの走行経験がある。

カル・クラッチロー

「なんでロウズを走らせないのかわからないですね。彼は既にM1に乗ったことがあるのにね。中須賀はM1には常日頃乗ってるからわかります。昨年練習走行で乗っているロウズという選択もわかります。彼は昨年アラゴンのレースには出場していませんけどね。でもファン・デル・マルク?まったくわけがわかりません。彼が駄目ってわけではないんですよ。でもロウズと中須賀っていう素晴らしい選択肢があるのにね。ファン・デル・マルクには十分なスピードがないと思います。彼は鈴鹿8耐でもロウズほどのスピードはありませんでしたし。」

M1でのテスト経験が皆無であるにも関わらず、ファン・デル・マルクはロッシの代役としての参戦を非常に楽しみにしており、このチャンスを逃すことは出来ないとしている。

マイケル・ファン・デル・マルク

「自分にとっては本当に素晴らしいニュースです。まるで夢のようです。本当にタフな週末になるでしょう。今までGPバイクに乗ったことはありませんからね。ただ幸運なことに、世界でも最高のチームで最高のバイクに乗れるんです。トラックに関して学習する必要はありません。バイクについて学習が必要なだけです。本当に忙しくなると思いますが、このチャンスのノーとは言えません。バレンティーノの代役として声をかけてもらった事に本当に感謝しているんです。」

(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link