★MotoGP2017アラゴンGP イアンノーネ「GSX-RRのフィーリングを向上させたい」

ミサノの後では予定していたテストが出来なかったと語るイアンノーネ選手。シーズン後半まできてマシンへの適合がここまで上手くいかない例も珍しいと思いますが、同じく乗り換えに苦戦していたロレンソ選手と比較すると、マシンの課題、自分の課題を明確に言葉にして結果を出しているロレンソ選手とは随分違うのだなという見方をされても仕方ないでしょう。

Sponsored Link

アンドレア・イアンノーネ

「アラゴンでは今までのレースよりも良い結果を得られることを願っています。アラゴンは素晴らしいトラックですし、自分もここでは良い思い出があります。ミサノではアレックスもそうでしたが、予定していたテストが出来ませんでした。(※レース後のテストは雨で走行出来なかった)ただシルバンがエンジニアに非常に重要なフィードバックを与えてくれた事は理解しています。この情報が自分達をアラゴンで助けてくれることを願っています。GSX-RRに再び乗ることが待ち遠しいですしフィーリングを向上出来ればと思っています。ポジティブなレースが出来るかもしれないという望みが、今後3連戦に向けて自分達をプッシュしてくれます。」

(Photo courtesy of suzuki racing)

<suzuki racing プレスリリース>

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★MotoGP2017アルゼンチンGP イアンノーネ「フィーリング自体は良い」
★MotoGP2017アルゼンチンGP イアンノーネ「ペナルティには納得がいかない」
★MotoGP2017アメリカGP予選6位 ロレンソ「少しづつ良くなっている」
★MotoGP2017ヘレスGP 予選3位クラッチロー「蜂に胸の辺りを何度も刺された」
★MotoGP2017ヘレスGP 予選2位マルク・マルケス「新しいエンジンでコーナリングが改善している」
★MotoGP2017フランスGP ドヴィツィオーゾ「ル・マンはさらにDucatiに合ったトラック」
★MotoGP2017フランスGP ロレンソ「自分にとってル・マンは特別なトラック」
★MotoGP2017フランスGP 決勝プレスカンファレンス全文翻訳
★MotoGP2017イタリアGP ザルコ「レースでソフトタイヤを使用出来るかもしれない」
★MotoGP2017チェコGP ロッシ「ポジションは良くないがバイクのフィーリングが悪くない」
★MotoGP2017オーストリアGP ドヴィツィオーゾ「昨年と同じスピードを発揮するのは簡単ではない」
★MotoGP2017オーストリアGP 選手達がウェット走行での危険性を指摘
★MotoGP2017オーストリアGP 予選プレスカンファレンス翻訳
★MotoGP2017イギリスGP 予選2位ロッシ「レースペースは良いとは言えない」
★MotoGP2017イギリスGP 優勝ドヴィツィオーゾ「全力を尽くして勝てそうな時に優勝すること」
★MotoGP2017サンマリノGP ビニャーレス「ライバルとの差を詰めることが出来る」
★MotoGP2017ミシュラン 日本GP決勝レースリリース
★MotoGP2017マレーシアGP FP4結果
★MotoGP2017マレーシアGP 決勝3位ザルコ「ソフトタイヤを選んだのが表彰台獲得の鍵だった」
★MotoGP2017バレンシアGP 予選1位マルケス「明日はもっと注意深く走行する必要がある」