★MotoGP2017アラゴンGP ビニャーレス「ウェットでこんなパフォーマンスではタイトル争いは出来ない」

レインコンディションで苦戦中のビニャーレス選手。今日明日と天気は良いアラゴンで雨の心配はなさそうですが、ウェットコンディションで終始安定しているホンダとDucatiと戦うには、ウェットコンディションでのパフォーマンスを早急に改善する必要があるでしょう。

Sponsored Link

マーべリック・ビニャーレス

「ウェットでこんなパフォーマンスであればタイトル争いは出来ません。次は日本、オーストリア、マレーシアですが、どのトラックも雨になる可能性があります。雨が降った場合に備えている必要があります。今日は非常にフラストレーションが溜まりました。いろんな事を試したんですが、問題を解決出来ませんでした。濡れた路面でトラクションを発揮出来ないのが問題なんですが、何が原因なのかがわかっていません。もし原因がわかっていれば、既に解決出来ているでしょう。今日はライディングがとにかく難しかったですね。」

「タイヤは同じですが、イタリアではもっと路面に水がありました。ですからタイヤの働きは違うんです。それにトラックのレイアウトも大きく異なります。とにかく、このコンディションではホンダとDucatiが前にいて、自分達は状況を変える必要があるということです。まず第一に今日は無駄にはなっていません。逆に自分達のパフォーマンスを向上させるチャンスだと言えます。それにザルコがヤマハトップにいますから、彼のデータを自分達のものと比較が出来ます。ミサノでは自分が速くて彼は苦戦していましたが、今回はまるで逆ですね。」

(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link