★MotoGP2017アラゴンGP ザルコ「ロッシより後ろのライダー達は恥じるべき」

ロッシ選手がまさか予選3位を獲得するとは思わなかったライダー達も多いでしょうが、ザルコ選手はロッシ選手への敬意を表すと同時に、予選でロッシ選手よりも遅いタイムとなった事に対して自分への苛立ちを語っています。

Sponsored Link

ロッシはアラゴンGPでマーべリック・ビニャーレス、ホルへ・ロレンソに続いて1列目を獲得。これは彼がトレーニング中に足を怪我してから23日後のことだった。ザルコは11位タイムとなり、ファクトリーヤマハライダーの努力を讃えた。ザルコはロッシを天才と呼ぶ一方、怪我をした彼に負けた自分に対して怒りを感じていると語る。

ヨハン・ザルコ

「バレンティーノは凄いですね。木曜にも話したんですが、バレンティーノより後ろの順位のライダーは恥じるべきですよ。自分は恥ずかしいと思っていますし、失望と少しの怒りを感じています。(怪我をしている)彼が前にいるっていうのは普通ではないですから。本当に彼のライディングは天才的でクレバーで素晴らしいものでした。」

「彼はいかにプッシュするかわかっていますし、いつプッシュするか、そしてバイクのセットアップについても理解しています。これは彼のチームに関しても同じことが言えます。彼は凄い事をしていますし、スタート前に彼に尊敬を伝えたんです。自分は彼よりもフィジカルが良い状態で、彼は自分よりも前にいるんです。ですから、自分はさらに作業が必要なんです。」

LCRホンダのカル・クラッチローは4位を獲得した。クラッチローはロッシが競争力を発揮することを予想していたが、ザルコと同様にロッシを賞賛しつつジョークを飛ばした。

カル・クラッチロー

「今朝の彼はスピードを発揮するのに時間がかかっているようでしたが、予選はとんでもなく素晴らしいラップでしたし、今週末は常に速かったですね。彼がいつもと違う走りをするとは思っていませんでした。週末を通じて速いだろうと思っていました。明日は表彰台争いをすると思いますよ。彼は単純に流して走るために帰ってきたわけではないでしょう。自分は彼のような状態で走ったことはありませんから明日どうなるのかはわかりません。彼のように足を折って戻ってくれば速く走れるかもしれないわけですから、これが新たな流行になるかもしれませんね。(笑)」

(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★MotoGP2017カタールテスト2日目 アレイシ・エスパルガロ「レースではこんなリスクは冒せない」
★MotoGP2017カタールGP ロッシ「決勝では路面はかなり綺麗になるはず」
★MotoGP2017 スズキMotoGPスペシャルサイトでGSX-RRの詳細を公開
★MotoGP2017テック3エルヴェ・ポンシャラル 「ザルコには驚かされた」
★MotoGP2017 ミシュランMotoGPタイヤに関する10の事実
★MotoGP2017 サム・ローズ「12位争いが出来る可能性があった。」
★MotoGPはバレエなのか、それともバトルなのか?
★MotoGP2017ヘレスGP 優勝ペドロサ「このトラックでの優勝は本当に最高」
★ニッキー・ヘイデン容態は変わらず 引き続き危険な状態
★MotoGP2017フランスGP FP3結果
★2006年のMotoGPチャンピオン ニッキー・ヘイデンが逝去
★MotoGP2017イタリアGP ドヴィツィオーゾ「良い結果が得られる事を期待している」
★MotoGP2017カタルーニャGP 6位ジョナス・フォルガー「予選順位、レース序盤のペースを改善出来た」
★MotoGP2017チェコGP ロレンソ「バイクから良いパフォーマンスを引き出せると思う」
★交通事故で入院していたアンヘル・ニエト 木曜日に息を引き取る
★MotoGP2017チェコGP チーム代表プレスカンファレンス(チーム代表が語るMotoGP2017)
★MotoGP2017 チーム代表が語るウイングレット/エアロダイナミクスの開発
★MotoGP2017サンマリノGP イアンノーネ「良い結果を残せることを願っている」
★MotoGP2017 KTM ミカ・カリオにさらなるワイルドカード出場のチャンスを与える
★MotoGP2017マレーシアGP 予選3位ドヴィツィオーゾ「ドライコンディションの戦闘力は高い」