★MotoGP2017アラゴンGP カリオ「明日しっかりと結果を残す事が重要」

度々そのパフォーマンスで周囲を驚かせているテストライダーのミカ・カリオ選手。今回のアラゴンGPの結果もスミス選手を上回る事があれば、来年スミス選手と交代とも言われています。

Sponsored Link

ミカ・カリオ

「今日の予選の転倒は高速での転倒でした。でもバイクにも自分にも大きなダメージが無かったのは幸いでした。ただ、もっと良い走りが出来ると思っていたのでミスは残念です。最後の数分を失ったことでラップタイムを向上出来ませんでした。あと少し良いポジションを獲得出来ると思っていたんですが、とにかくポジティブな2日でした。良い仕事が出来ればチャンスはあると思っていました。昨日は異なるコンディションでしたが、バイクに非常に良いフィーリングがあり、今日スリックタイヤを履いてそれを確認することが出来ました。」

「朝わかったようにスピードはあります。予選でも最初の走行を終えて6位、7位、8位という形でした。このトラックは自分達に少し複雑なトラックだと思っていたので、少し驚いています。ここでテストをしていたので、自分達にベストなレイアウトではないと思っていたんです。ただ、今回新しいパーツを使用することで大きく前進出来ました。ですから今のフィーリングを考えると驚くべき結果ではありません。レースでどんな走りが出来るか楽しみですね。最低でもオーストリアと同様の10位くらいはいけると思っていますが今朝の自分達のスピードを考えると、さらに結果を出すことが出来ても驚きではないでしょう。ですから良いスタートをすることが重要で、全力で走る事が重要です。」

「基本的にはリアタイヤのライフを伸ばすことに意識を集中しています。これらのパーツを使用するのは初めてなのでどうなるかはわかっていません。この1年悩んでいた部分を複数改善することが出来ました。旋回性やハンドリングといった問題点ですね。バイクが向き変えで軽く動くように感じられるので、コーナーのエイペックスでの旋回性がかなり良くなっています。これでラップタイムが出ていて、タイヤライフに関しても効果を発揮してくれると良いと思います。旋回性が向上していてバイクを速く起こせるので、タイヤライフは上がっていると思います。明日どうなるかですね。」

「最終的にはピーラーの言葉が皆を焚き付けているんですよ。チームの中で何が起きているかは知っています。チームも自分をサポートしてくれているのはわかっています。今日は予選という意味ではあまり良くなかったですね。明日は今日のようなミスは出来ません。チームの中で物事は良い形で動いています。明日しっかりと結果を残す事が重要でしょう。」

(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link