★MotoGP2017アラゴンGP7位 ドヴィツィオーゾ「ソフトタイヤを選択したのは間違いではない」

予選順位は7位と振るわなかったドヴィツィオーゾ選手は抜群のスタートを決めますが、タイヤが残り10周で終わってしまい、最終的には予選順位と同じ7位でレースを終えました。これは3つのコーナーでトップ集団についていくためにタイヤを余分に使ってしまったためということです。これでマルケス選手との差は16ポイントですが、次はDucatiが得意とするもてぎです。

Sponsored Link

Ducatiのアンドレア・ドヴィツィオーゾはアラゴンGPでマルク・マルケスに16ポイントの差をつけられた。彼はこのレースで7位となったが、ソフトタイヤを選択したことは過ちではなかったという。ドヴィツィオーゾは最後の10周までは良い形ではしていたが、セッティングの問題によってライバルについていくために3つのコーナーでリアタイヤを消耗する走りとなってしまった。最終的にリアタイヤは悲鳴を上げ、ドヴィツィオーゾはアレイシ・エスパルガロに続いてゴールする形となった。

アラゴンGP7位 アンドレア・ドヴィツィオーゾ

「ソフトタイヤを使用したのは間違っていなかったと思います。最後の10周でかなりグリップが落ちてしまいましたが、これは自分達の走りかたによるものです。金曜にドライで走行が出来なかったので、それでかなり苦戦してしまいました。良いスピードでレースを走る事が出来ませんでした。」


「バレンティーノ、マルク、ホルヘの後ろで3つのコーナーでかなりのタイムを失っていました。レース中盤に皆がプッシュを始めた時、彼らについていくためにリアタイヤを使う必要があったんです。そしてそのために、タイヤが終わってしまったんです。ただタイヤが問題だったのではなくて、いかにこの3つのコーナーがタイヤに厳しいかという事を理解していなかったんです。この問題に対処する時間がありませんでした。自分も努力して最高のスタートを決めたんです。良いポジションにいましたが、タイヤがグリップを失い始めた時、残りの10周でペースを維持することが出来ず、ポジションをかなりロストしてしまいまいた。」

(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★MotoGP2017アルゼンチンGP ロッシ「フルドライかフルウェットのレースがいい」
★MotoGP2017 クラッチロー「全てのメーカーで自分の速さを証明できた」
★MotoGP2017アメリカGP6位 ドヴィツィオーゾ「望んでいたようなレースではなかった」
★MotoGP2017ヘレスGP 津田拓也「ずっとMotoGPでレースをしたいと思っていた」
★MotoGP2017ヘレスGP 2位マルケス「フロントタイヤが柔らかすぎた」
★MotoGP2017ヘレスGP 決勝プレスカンファレンス全文翻訳
★MotoGPヘレステスト 各チームのコメント レプソルホンダ
★MotoGP2017フランスGP 写真ギャラリー
★MotoGP2017カタルーニャテスト マルケス「アシンメトリックタイヤが必要なサーキットは少ない」
★MotoGP2017オランダGP ウォームアップ結果
★インドBajaj Auto(バジャージオート) Ducati買収に自信あり
★Marc VDS ティト・ラバト2014年のMoto2タイトル獲得マシンが盗まれる
★MotoGP2017 ロッシ「7位でレースを終えてチャンピオンシップ争いは語れない。」
★MotoGP2017イギリスGP レッドブル・リンクでの雪辱を果たすことを誓うアプリリア
★MotoGP2017イギリスGP 予選6位ドヴィツィオーゾ「良いペースだが、レースでどうなるか」
★MotoGP2017ヤマハ シルバーストーンで2018年型プロトタイプシャーシを使用していた
★MotoGP2017サンマリノGP イアンノーネ「レインスーツがキツすぎた」
★MotoGP2017アラゴンGP2位 ペドロサ「アタックするタイミングを決めるが難しかった」
★ホンダ 2017 FIM MotoGP™ 世界選手権シリーズ 第15戦「日本グランプリ ファンミーティング」
★2018年のMotoGPの見どころ(その5) ドヴィツィオーゾは2018年もタイトル争いが出来るか?