★MotoGP2017アラゴンGP7位 ドヴィツィオーゾ「ソフトタイヤを選択したのは間違いではない」

予選順位は7位と振るわなかったドヴィツィオーゾ選手は抜群のスタートを決めますが、タイヤが残り10周で終わってしまい、最終的には予選順位と同じ7位でレースを終えました。これは3つのコーナーでトップ集団についていくためにタイヤを余分に使ってしまったためということです。これでマルケス選手との差は16ポイントですが、次はDucatiが得意とするもてぎです。

Sponsored Link

Ducatiのアンドレア・ドヴィツィオーゾはアラゴンGPでマルク・マルケスに16ポイントの差をつけられた。彼はこのレースで7位となったが、ソフトタイヤを選択したことは過ちではなかったという。ドヴィツィオーゾは最後の10周までは良い形ではしていたが、セッティングの問題によってライバルについていくために3つのコーナーでリアタイヤを消耗する走りとなってしまった。最終的にリアタイヤは悲鳴を上げ、ドヴィツィオーゾはアレイシ・エスパルガロに続いてゴールする形となった。

アラゴンGP7位 アンドレア・ドヴィツィオーゾ

「ソフトタイヤを使用したのは間違っていなかったと思います。最後の10周でかなりグリップが落ちてしまいましたが、これは自分達の走りかたによるものです。金曜にドライで走行が出来なかったので、それでかなり苦戦してしまいました。良いスピードでレースを走る事が出来ませんでした。」


「バレンティーノ、マルク、ホルヘの後ろで3つのコーナーでかなりのタイムを失っていました。レース中盤に皆がプッシュを始めた時、彼らについていくためにリアタイヤを使う必要があったんです。そしてそのために、タイヤが終わってしまったんです。ただタイヤが問題だったのではなくて、いかにこの3つのコーナーがタイヤに厳しいかという事を理解していなかったんです。この問題に対処する時間がありませんでした。自分も努力して最高のスタートを決めたんです。良いポジションにいましたが、タイヤがグリップを失い始めた時、残りの10周でペースを維持することが出来ず、ポジションをかなりロストしてしまいまいた。」

(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★MotoGP2017 KTM ヘレス戦で新型エンジンを投入
★MotoGP2017カタールGP3位 ロッシ「けして諦めなかった」
★MotoGP2017ポル・エスパルガロ KTMのRC16とヤマハのM1の違いを語る。
★MotoGP2017アルゼンチンGP ドヴィツィオーゾ「転倒の引き金はペトルッチ」
★MotoGP2017アルゼンチンGP 決勝プレスカンファレンス全文翻訳
★MotoGP2017アメリカGP ロッシ「他の2つのレースと比べると良いスタート」
★MotoGP2017 ダニロ・ペトルッチ「目標は常にDucati最高位でレースを終えること」
★MotoGP2017フランスGP ウォームアップ結果
★MotoGP2017イタリアGP 決勝レース結果
★カタルーニャGP グランプリコミッション 昨年と同様のレイアウト使用を決定
★MotoGP2017ドイツGP マルケス「落ち着いてレースに取り組む事が必要」
★MotoGP2017 ダニロ・ペトルッチ「2019年はDucatiファクトリーで走りたい」
★MotoGP2017 スコット・レディング 現時点でのアプリリア移籍を否定
★MotoGP2017オーストリアGP 予選1位マルケス「今日のようなフィーリングなら優勝争いが出来る」
★MotoGP2017オーストリアGP4位 ロレンソ「燃料消費、タイヤ右側のグリップに苦戦した」
★MotoGP2017オーストリアGP 写真ギャラリー
★MotoGP2017いよいよ開催が迫る日本GP その見どころは!?
★MotoGP2017日本GP ペドロサ「日本でのレースは本当に楽しみ」
★MotoGP2017ライダー写真ギャラリー アンドレア・ドヴィツィオーゾ
★MotoGP2017 マニュファクチャラーズプレスカンファレンス翻訳 モビスターヤマハ