★MotoGP2017アラゴンGP クラッチロー「フロントブレーキに良いフィーリングが無かった」

ブレーキレバーが遠かったという理由で転倒となってしまったクラッチロー選手。過去にも何度かストレートで前にバイクがいるとフロントタイヤ、フロントブレーキがオーバーヒートするという話をしていましたが、やはりチーズを切る際に怪我した指の怪我の影響はある程度あるようです。

Sponsored Link

カル・クラッチローはアラゴンGPで転倒してリタイア。しかし、フロントブレーキのセットアップに関してレースの間ずっと問題があったという。クラッチローのマシンのディスクとパッドは、レースの中でスリップストリームを多用したことでオーバーヒート。また最近指を怪我したクラッチローはレバーの調整に手こずっていた。

カル・クラッチロー

「フロントブレーキレバーに関して良いフィーリングが無かったんです。単純に指で調整が上手く出来なかったんです。他のバイクのスリップストリームについて走る状態が続いたので、バックストレートの終わりにフロントブレーキの温度が非常に高くなっていたんです。ターン1でブレーキングをする際にレバーがかなり遠い位置にあって、調整しようにもストレートが短くて、ハンドルバーから手を話す事が出来ませんでした。」

「ブレーキレバーが遠すぎたことでミスをしてしまったんです。ブレーキをかけようとした時にブレーキレバーが遠すぎて、ブレーキを握った瞬間にロックしてワイドになってしまったんです。その後トラックに復帰して順位を回復したんですが、その時はグループにまた戻ってこれると思いました。1人で走っている時は良い感触だったんです。その後にヨハンをターン14で抜いた時にミスをしてしまいました。彼をかなり深いところで抜くことになったんです。実際はそういうつもりではなかったんですが、そこでフロントを失ってしまったんです。ハードのフロントタイヤを履いている時は、こういうリスクが常にあるんですよ。」

(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★MotoGP2017カタールテスト2日目 Ducati新型カウルを披露
★MotoGP2017カタールGP マルケス「明日は表彰台獲得が目標」
★MotoGP2017カタールGP3位 ロッシ「けして諦めなかった」
★ホンダ 新型アドベンチャーモデル「X-ADV」を発売
★MotoGP2017アメリカGP予選6位 ロレンソ「少しづつ良くなっている」
★MotoGP2017アメリカGP リンス「転倒で支払った代償は大きい」
★MotoGP2017 ル・マンでのタイヤテストはウェットコンディションでスタート
★MotoGP2017カタルーニャGP ロッシ「今回は表彰台を獲得したい」
★MotoGP 2018年のAvintia Ducatiのシートは誰の手に渡るのか?
★MotoGP2017オーストリアGP3位 ペドロサ「タイヤのロック、スピンが発生し苦戦した」
★MotoGP2017イギリスGP クラッチロー「今日の結果はあくまで今日だけのもの」
★MotoGP2017イギリスGP 9位リンス「コンスタントに向上している」
★MotoGP2017サンマリノGP Q2結果
★MotoGP2017アラゴンGP ウォームアップ結果
★ホンダ 2017 FIM MotoGP™ 世界選手権シリーズ 第15戦「日本グランプリ ファンミーティング」
★MotoGP2017オーストラリアGP FP3結果
★ホンダ 第45回東京モーターショーにおいてGOLDWING TOUR / GOLDWINGを出展
★MotoGP2017マレーシアGP イアンノーネ「立ち上がりのトラクションが課題」
★MotoGP2018 クラッチロー「タイは今の時点では退屈そうなトラックに思える」
★MotoGP2018 レプソルホンダ ジャカルタでチームプレゼンテーションを開催