★MotoGP2017アラゴンGP4位 ビニャーレス「今のパッケージで30ポイント取り戻すのは難しい」

アラゴンGPではポールポジションからスタートしたビニャーレス選手ですが、ハードタイヤを選択したこともあって序盤にペースが上がらず、後半の追い上げも十分では無かったために4位となりました。特にリアタイヤのグリップをマシンが引き出せないという事で、今のパッケージでのチャンピオンシップ優勝は難しそうだと語ります。

Sponsored Link

マーべリック・ビニャーレスはアラゴンではポールポジションを獲得。しかしマルケスが5勝目を達成する中、ビニャーレスは5位となり、彼のチャンピオンシップにおける望みは薄くなっている。ビニャーレスはこれでマルケスから28ポイントビハインドとなるが、残り4戦で100ポイント獲得のチャンスは残されている。

アラゴンGP4位 マーべリック・ビニャーレス

「優勝したければパッケージの改善が必要です。レースを消化するごとに、自分達の選択肢は狭まっていきます。日曜は朝目覚めて優勝することを考えていたんですが、200%努力した後に、彼らには追いつけないことがわかりました。チャンピオンシップ争いをするのであれば、この状態では厳しいと言えるでしょう。リアに全くグリップを感じる事が出来ませんでした。もしトラクションを得ることが出来れば戦う事が出来ます。ただ、もしそうでなければ戦うことは出来ないでしょう。自分もヤマハも常に全力で向かっているのはそうなんです。ただ、今のパッケージを考えると、これから30ポイントを取り戻すというのは難しいでしょう。」

ビニャーレスは日曜のレースの前のセッションではハードタイヤを使用しなかった。レースでは彼はリアにハードコンパウンドのタイヤを選択したが、これはライバルの選択に従ったものだという。

「金曜のドライセッションでハードタイヤを試していたとしたら、ハードタイヤを選択することは無かったでしょう。ただ、ライバル達がハードを選択していたんです。例外はドヴィツィオーゾでしたが、彼は通常ソフトタイヤを使いますからね。ハードタイヤを選んだものの、その選択に関して明確なアイディアがあったわけではないんです。今朝のラップタイムが非常に遅かったので、こうした選択をしたんです。この選択の後はベストを尽くしました。1周目は本当に遅かったですからね。タイヤを最後まで温存出来たのはラッキーでした。数名のライバルはタイヤのグリップ低下に苦しんでいましたから。」

(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★MotoGP2017カタールテスト3日目 ミラー「カタールに戻ってくるのが待ち遠しい」
★MotoGP2017 ロッシ「フィーリングを見つけるのに苦戦している。」
★MotoGP2017ヘレステスト ギュントーリ「トップとの差は思ったほどではなかった」
★MotoGP2017ミシュラン ヘレスGP決勝レースリリース
★ニッキー・ヘイデン 容態は未だ深刻、事故原因について調査が進む
★MotoGP2017フランスGP 決勝結果
★MotoGP2017イタリアGP ビニャーレス「最初からフィーリングが良ければ序盤からプッシュする」
★MotoGP2017カタルーニャテスト イアンノーネ「このプロジェクトとスズキを信じている」
★MotoGP2017 Pramac Ducati、レプソルホンダ、ブルノでテストを開始
★MotoGP2017チェコGP ペトルッチ「明日の走行はさらに厳しくなる」
★MotoGP2017オーストリアGP リンス「GSX-RRをオーストリアで試すのが待ち遠しい」
★MotoGP2017 スコット・レディング 現時点でのアプリリア移籍を否定
★MotoGP2017日本GP FP2結果
★MotoGP2017オーストラリアGP リンス「サーキットレイアウトはGSX-RRに合っている」
★MotoGP2017オーストラリアGP アレイシ・エスパルガロ「レースに向けてフィーリングを見つけることが重要」
★MotoGP2017オーストラリアGP 3位ビニャーレス「素晴らしい仕事してくれたチームに感謝」
★MotoGP2017ミシュランタイヤ マレーシアGPプレビュー
★MotoGP2017マレーシアGP Q1結果
★MotoGP2017バレンシアGP 決勝レース結果
★AGV ロッシ選手のデビュー20周年を記念するPISTA GP R “20 YEARS” を発売