★MotoGP2017アラゴンGP9位 ザルコ「マシンバランスに問題があった」

チャンピオンシップランキングにおいて現在6位と、ルーキーらしからぬ活躍を見せているザルコ選手。今回のレースではマシンバランスに問題があったとのことで、9位でレースを終えました。

Sponsored Link

アラゴンGP9位 ヨハン・ザルコ

「結果は非常に良かったですね。レースではユーズドタイヤでもっと強みを発揮出来ると思っていました。ただライバル達のほうが速かったですね。良いスタートでしたが、最初の数周は厳しかったですね。オーバーテイクしようと努力をしたんですが、最終的に転倒しそうになって大きくポジションを落としてしまいました。その後は確かな感触があったんですが、フロントタイヤにかなり制限される形でした。これはフロントタイヤがソフトだからといったことではないんです。テクニシャン達もタイヤはレースの後に問題なかったと話していました。ですから、恐らく問題としてはバイクのバランスが完璧では無かったのでしょう。とは言え、レースに関しては嬉しく思っていますし良い経験になりました。チャンピオンシップにおいてもプラスになったと言えます。ベストを尽くして走り、トップとの差は13秒でしたから悪くはないでしょう。」

「レースをリードした集団はカリオを抜いた後にすぐに差を開いていきましたけど、自分にはその強さがありませんでした。ただ、ここから学び、将来的に強くなるには何が必要かを理解する必要があります。もっと向上したいと思っています。そうすればバイクも正しくセットアップすることが出きて、適切な情報を供給出来るでしょうし、チームにとっても働きやすくなるでしょう。そうすればチームも、ヤマハのバイクに乗って得られる最高のフィーリングを提供してくれるはずですから。」

(Photo courtesy of michelin)

<テック3ヤマハ プレスリリース>

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★MotoGP2017 なぜMotoGPが今後もさらに良くなっていくと言えるのか?
★MotoGP2017 KTM ヘレス戦で新型エンジンを投入
★MotoGP2017ホンダ リヴィオ・スッポ「現状は落ち着いてパニックにならないことが重要」
★MotoGP2017 アメリカGP アレイシ・エスパルガロ「唯一出来るのは今週末を忘れること」
★MotoGP2017ヘレスGP ビニャーレス「今日は難しいコンディションだった」
★MotoGP2017 バウティスタ「将来的に助けになるものは見つかった」
★MotoGP2017イタリアGP 6位マルケス「前後ミディアム以外に選択肢はなかった」
★MotoGP2017カタルーニャGP マルケス「新レイアウトは自分好み」
★MotoGP2017オランダGP マルケス「これ以上ポイントを失うわけにはいかない」
★「E-KIZUNA Project 協定」に基づくヤマハ発動機・さいたま市の連携について
★MotoGP2017チェコGP ロッシ「レースでは1列目が非常に重要になる」
★MotoGP2017チェコGP 優勝マルケス「このチャンピオンシップは長い戦いになる」
★MotoGP2017ブルノテスト ドヴィツィオーゾ「新しいフェアリングはオーストリアでアドバンテージとなる」
★中上貴晶選手、ロードレース最高峰のMotoGPクラスに昇格
★MotoGP2017アラゴンGP クラッチロー「フロントブレーキに良いフィーリングが無かった」
★MotoGP2017日本GP テック3ヤマハ 急遽欠場のフォルガーの代役に野左根 航汰を起用
★MotoGP2017日本GP 2位マルケス「フィリップアイランドでは結末は違うかも」
★MotoGP2017オーストラリアGP ビニャーレス「チャンピオンシップは終わっていない」
★MotoGP2017オーストラリアGP Q1結果
★MotoGP2017マレーシアGP ロッシ「フィジカル面ではもう問題ない」