★MotoGP2017スズキ アラゴンでのテストをポジティブに終了

アラゴンGPの後にテストを行ったスズキ。今シーズン中に試す新しいパーツ、2018年のマシンに使用するパーツについても、いくつかテストを行ったとのこと。ブリビオによると2018年型は今年型の熟成型のマシンとなるようです。

Sponsored Link

チームスズキ・エクスターはアラゴンにおいて、今シーズン最後のテスト2日間を終えました。両ファクトリーライダーにとって暖かい気候が助けとなり、アンドレア・イアンノーネとアレックス・リンスは、トラックを2日間フルに使う事が出来ました。

多くのNEWパーツがありましたが、イアンノーネとリンスは問題なくテスト日程を消化。来シーズンに向けての方向性を探すのに十分な時間を使うことが出来ました。ガレージの作業は2018年に向けてNEWパーツをテストすることで、新型シャーシで選手達は異なるセットアップの比較を行ないました。

また、3連戦に向けて、アンドレアとアレックスは良い天候に助けられ、異なるセッティングも試しています。テストでイアンノーネは170周を走行。リンスは142周を走行しています。チームは次回10月15日に日本のもてぎで開催される日本GPに参加します。

チームマネージャー ダヴィデ・ブリビオ

「今回の2日間のテストには満足しています。プレッシャーから離れて、今までやっていた作業を続け、新しい開発内容をテストすることが出来ました。アラゴンの天候は完璧でしたので、今シーズン残りで使用する新たな内容についてのテストが出来ました。また、2018年のマシンに使用するいくつかの部品もテストしました。これは11月のバレンシアテストには使えるようになっていると嬉しいですね。ここで2018年型のバイクをテストしたいと思っています。」

「2018年型は完全な新型ではなく、現行型の改良という形になります。アラゴンでは新しい内容に関して初めてのテストを行って、そのフィードバックをエンジニアに届ける事が出来ました。片方の目は今シーズンの残りを見ていて、もう片方は来シーズンを見据えています。また今回のテストは、ライダー達にとっても非常に重要なものでした。アレックスはさらに経験を積んでいます。アンドレアはバイクに対するフィリングを向上させています。」

<suzuki racing プレスリリース>

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★MotoGP2017 KTM ヘレス戦で新型エンジンを投入
★MotoGP2017 マルケス「昨年のプレーシーズンよりは少し良い状態」
★MotoGP2017 マルケス「アルゼンチンはタイヤライフに注意が必要」
★MotoGP2017アメリカGP マルケスのスペシャルヘルメット”GiveMe5”
★MotoGP2017アメリカGP10位 ミラー「ホルヘがミスをすることを願っていた」
★MotoGP2017ヘレスGP 予選8位ロレンソ「イアンノーネに張り付かれるのはもう慣れっこ」
★MotoGPヘレステスト 各チームのコメント Ducati
★MotoGP2017フランスGP Q2結果
★MotoGP2017イタリアGP FP2結果
★MotoGP2017イタリアGP FP3結果
★MotoGP2017イタリアGP 5位バウティスタ「今回は本当の意味での5位」
★MotoGP2017オランダGP ザルコ「雨が強まれば優勝出来ていた」
★MotoGP2017 シーズン前半戦をジジ・ダッリーニャが語る【Part1】
★MotoGP2017チェコGP ロレンソ「新しいフェアリングを使用しようと思っている」
★MotoGP2017チェコGP 2位ペドロサ「1周遅くピットインしたことを後悔している」
★MotoGP2017イギリスGP FP4結果
★MotoGP2017エクトル・バルベラ 2018年はMoto2にPons HP40から参戦
★MotoGP2017日本GP 木曜プレスカンファレンス翻訳
★MotoGP2017 ブロック・パークス フォルガーの代役としてオーストラリアGPに参戦
★MotoGP2018 Marc VDS 2019年から3年契約でスズキのサテライトチームへ