★MotoGP2017 KTM ミカ・カリオにさらなるワイルドカード出場のチャンスを与える

KTMはスミス選手の年内の結果が芳しくない場合、テストライダーのミカ・カリオ選手の交代も有りうるという話をしているようですが、カリオ選手の年齢や実績を考えた場合に本当に入れ替えがあるのか?というのは何とも言えない部分でもあります。スミス選手としても、そろそろテストライダーであるカリオ選手よりも良い結果を出したいところでしょう。

Sponsored Link

KTMはテストライダーであるミカ・カリオに最終戦バレンシアでもワイルドカード参戦のチャンスを与えることを決めた。34歳のフィンランド人であるカリオは、アラゴンGPで今年3度目の参戦を果たしていたが、今シーズン中に再びワイルドカード参戦のチャンスは無いと思っていたようだ。

カリオが再びレースに参加するということは、今年苦戦しているブラッドリー・スミスにさらにプレシャーがかかる結果となる。スミスは今年フル参戦しているにも関わらず、カリオよりも僅かに3ポイント多いポイントしか獲得していない。なお、カリオは8月に行われたレッド・ブル・リンクのレースにおいて、KTMを初めてトップ10に導いている。

カリオは先週末に行われたアラゴンGPにおいてもトップ10を巡ってレギュラーライダーのポル・エスパルガロとバトルを繰り広げた。カリオは最終的に11位で完走し、2018年パーツの評価などを行っていた。KTMのアナウンスによると、最終バレンシアには合計で25台のバイクが出場するようで、Ducatiはテストライダーのミケーレ・ピッロレンソのワイルドカード参戦を既に認めている。


(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★MotoGP2017フィリップアイランドテスト テック3ヤマハ写真ギャラリー
★MotoGP2017カタールGP 開幕プレスカンファレンス全文翻訳
★MotoGP2017カタールGP ビニャーレス「自分達のベストを尽くす」
★MotoGP2017 クラッチロー「全てのメーカーで自分の速さを証明できた」
★MotoGP2017アメリカGP2位 ロッシ「オースティンで最高の結果になった」
★MotoGP2017Ducati ジジ・ダッリーニャ「今、最も良くないのは混乱してしまうこと」
★MotoGP2017フランスGP 予選7位レディング「2列目は獲得出来るペースだった」
★カタルーニャGP グランプリコミッション 昨年と同様のレイアウト使用を決定
★MotoGP2017カタルーニャGP 3位ペドロサ「最後は良い形でタイヤをセーブ出来なかった」
★MotoGP2017オランダGP ザルコ「雨が強まれば優勝出来ていた」
★MotoGP2017オランダGP フランコ・モルビデッリMarc VDSとの2年契約を交わす
★MotoGP2017ドイツGP アレイシ・エスパルガロ「ダッシュボードメッセージには危険性もある」
★MotoGP2017チェコGP マルケス「こういう状況でも表彰台争いは出来る」
★MotoGP2017 今週末のシルバーストーン戦が試金石となるモビスターヤマハ
★MotoGP2017イギリスGP FP3結果
★MotoGP2017ミシュランタイヤ サンマリノGPプレビュー
★MotoGP2017サンマリノGP 5位ピッロ「レース序盤のペースの改善が必要」
★MotoGP2017サンマリノGP 決勝プレスカンファレンス翻訳
★MotoGP2017アラゴンGP マルケス「残り5戦はハードな戦いになる」
★MotoGP2017ミシュランタイヤ バレンシアGPプレビュー