★BMWモトラッド 北米市場でターンシグナルに関するリコールを発表

最近リコール発表が多いBMWモトラッドですが、北米市場においてターンシグナルのリコールを発表しました。アメリカの保安基準を満たさないということが理由とされています。

Sponsored Link

北米市場において直近で6個目のリコールをBMWモトラッドは発表した。今回のBMWからのリコール内容はターンシグナルに関するもの。これは他の交通、ドライバーに十分に認識されない可能性があるというもので、そのためアメリカの連邦政府自動車安全基準のナンバー108(ランプ、反射デバイス、付随する装備基準)を満たさない恐れがある。

今回のリコール対象となるのは、合計で9,000台で、対象モデルは多義に渡る。下記が今回のリコール対象となるモデルだ。
・2006-2017 R1200GS
・2007-2008 and 2010-2017 R1200GS Adventure
・2017 F700GS and F800GS
・2013-2017 F800GT
・2015-2016 F800R
・2014-2017 F800GS Adventure
・2014-2016 S1000R
・2015-2017 R1200R
・2016-2017 R1200RS
・2010-2017 S1000RR

このリコール対策として、BMWモトラッドは対象モデルを所有するオーナー達に連絡し、BMWディーラーにおいて対策部品のターンシグナルへの交換が無料で行われるこのリコールは2017年10月9日から開始の予定。

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link