★BMWモトラッド 北米市場でターンシグナルに関するリコールを発表

最近リコール発表が多いBMWモトラッドですが、北米市場においてターンシグナルのリコールを発表しました。アメリカの保安基準を満たさないということが理由とされています。

Sponsored Link

北米市場において直近で6個目のリコールをBMWモトラッドは発表した。今回のBMWからのリコール内容はターンシグナルに関するもの。これは他の交通、ドライバーに十分に認識されない可能性があるというもので、そのためアメリカの連邦政府自動車安全基準のナンバー108(ランプ、反射デバイス、付随する装備基準)を満たさない恐れがある。

今回のリコール対象となるのは、合計で9,000台で、対象モデルは多義に渡る。下記が今回のリコール対象となるモデルだ。
・2006-2017 R1200GS
・2007-2008 and 2010-2017 R1200GS Adventure
・2017 F700GS and F800GS
・2013-2017 F800GT
・2015-2016 F800R
・2014-2017 F800GS Adventure
・2014-2016 S1000R
・2015-2017 R1200R
・2016-2017 R1200RS
・2010-2017 S1000RR

このリコール対策として、BMWモトラッドは対象モデルを所有するオーナー達に連絡し、BMWディーラーにおいて対策部品のターンシグナルへの交換が無料で行われるこのリコールは2017年10月9日から開始の予定。

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★CBR250R Frブレーキディスクボルト再使用禁止徹底のお願い
★クライトンレーシング 一斉を風靡したロータリーエンジン搭載の「CR700P」の後継車両を製作中
★トライアンフ 新商品・新店効果により4月過去最高の登録台数を達成
★【新店オープン】オートバイ用品専門店「2りんかん」が全国54店舗目となる宇都宮2りんかん6月9日(金)オープン
★スーパーバイク世界選手権2017 ドニントンパーク戦のブレーキングをブレンボが徹底解説
★ヤマハ 2012年の創設から6年連続の受賞 インドのデザイン賞「インディアデザインマーク(I Mark)」を受賞
★ブレーキディスクの温度が1,000度以上に達するF1、ブレーキの動作回数が4,000回を超えるル・マン
★電動バイクの新ブランド「XEAM」を立ち上げ!第一弾製品となる電動スクーター「notte」も発表。
★ホンダ・レーシング ガイ・マーティンのアルスターGP欠場を発表
★全国のトライアンフファンのための祭典!2017 TRIUMPH NATIONAL RALLY
★ワールドスーパーバイク バルセロナのテロ犠牲者に黙祷を捧げる
★BMW 「BMW GROUP Tokyo Bay」においてBMW Motorradの新車販売を開始
★ホンダ ハンディータイプ蓄電機「LiB-AID E500」を発売
★東京モーターショー2017チケットプレゼント!
★ヤマハ 2017年度グッドデザイン賞に6点が選出 スポーツコミューター「TMAX530」グッドデザイン・ベスト100受賞
★BMW EICMAでBMW C400Xを発表
★ブレンボ 純正装着のPR16ラジアルマスターシリンダーに関する大規模リコールが発覚
★東京 / 大阪モーターサイクルショーにトライアンフブースを出展します
★ヤマハ発動機 電動トライアルバイク「TY-E」にて世界選手権へ初参戦
★ワールド・ドゥカティ・ウィーク2018のチケット販売が開始