★カワサキからH2ベースのスポーツツーリングバイクが登場するとの噂

カワサキがNinja H2のプラットフォームを使用して、ニューモデルをリリースするという噂は、だいぶ前から話題になっています。いわゆるメガスポーツジャンルのバイクとしては現在ZX-14がありますが、このエンジンとプラットフォームをいきなり廃止することはないでしょうから、あり得るシナリオとしてはH2エンジンを使用したプレミアムメガスポーツ、スポーツツーリング路線でしょうか。この場合はシャーシも新造となる可能性が高いと思われます。とは言え、仮に登場するとしても2020年モデルとかそのあたりになるでしょう。

Sponsored Link

私はこの噂話が気に入った。それにこの噂はどうやら、簡単に過ぎて消えていく類のものではないように思える。この噂というのは、カワサキのNinja H2をベースとするスポーツ・ツーリングカテゴリーのバイクが登場するというものだ。このバイクはカワサキNinja H2 GTと呼ばれるとされている。これはスーパーチャージャーを搭載した1000ccバイクで、H2よりは長距離ライディングに適したものとなるという。そう、200馬力を発生し、火を吐き出すようなバイクに比べたらという話だが。

カワサキがスーパーチャージャーを搭載したバイクのラインナップをどのように広げるのかは未定だ。現在のH2をプラットフォームとしたラインナップになっていくのか、それとも完全新作のシャーシを採用するのか。カワサキがプレミアムツーリング市場に進出するというのは面白い。スーパーチャージャーエンジンを使用して、新型となったホンダのGold WingやBMW K1600GTに対抗して、現在の1400GTRを超えていくのだろうとすると興味深い。

もちろんカワサキが全く別方向に進むことも考えられる。例えばスポーティーさは維持しつつも高速道路を延々と走ることに特化したモデルなどだ。これはオーストリアのKTMがTM 1290 Super Duke GTという形で既に世にリリースをしている。この噂が将来的にどのような結末を迎えるのかについては、時が経てばわかるだろう。

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★新型BMW C evolution発表
★排気量3%アップながら出力18.3%アップの新エンジン搭載 スポーツモデル「YZF-R15」をインドネシアで発売
★BMW 世界初の両輪駆動エンデューロモデルR1200GS xDriveハイブリッド を発表
★ホンダ ロードスポーツモデル「CBR650F」「CB650F」のスタイリングを刷新し走りを熟成させ発売
★スズキ アメリカで2輪駆動スクーターに関する特許を発表
★ホンダ ロードレース専用車「CBR1000RR SP2 レースベース車」を発売
★ホンダ 125ccスポーツモデル「グロム」のカラーリングを変更し発売
★バイク王 バイクライフ研究所『リセール・プライス』ランキングを発表『カワサキ・ZRX1200 DAEG』が3連覇!
★Ducati CEOクラウディオ・ドメニカーリ 新型V4スーパーバイクについて語る
★レトロポップでカワイイスタイルに大人らしさをプラスした原付一種スクーター 「ビーノ XC50D」20th Anniversary Editionを発売
★二輪最高峰レースMotoGPマシンのイメージを再現した原付一種スクーター「ジョグ CE50ZR」 Movistar Yamaha MotoGP Editionを数量限定発売 現行「ジョグ」シリーズも...
★カワサキ Ninja H2Rの2018年モデルを発表
★Ducati デスモセディチSTRADALEエンジン ギャラリー
★ホンダ 50㏄原付スクーター「タクト」のカラーバリエーションを変更するとともに国内排出ガス規制対応を施し発売
★ホンダ 第45回東京モーターショーにおいてGOLDWING TOUR / GOLDWINGを出展
★カワサキ EICMAでニンジャH2 SXを発表
★ヤマハ発動機 ロードレースおよびサーキット走行専用モデル 「YZF-R1レースベース車」を受注生産で発売
★カワサキ Ninja H2 SXの北米価格はSXで$19,000、SEバージョンで$22,000
★ヤマハ “BLUE CORE”エンジン搭載などさらに進化した フロント二輪オートマチックコミューター 「TRICITY125/ABS」 2018年モデルを発売
★スズキ ターボエンジン搭載のリカージョンに関して新たな噂