★カワサキからH2ベースのスポーツツーリングバイクが登場するとの噂

カワサキがNinja H2のプラットフォームを使用して、ニューモデルをリリースするという噂は、だいぶ前から話題になっています。いわゆるメガスポーツジャンルのバイクとしては現在ZX-14がありますが、このエンジンとプラットフォームをいきなり廃止することはないでしょうから、あり得るシナリオとしてはH2エンジンを使用したプレミアムメガスポーツ、スポーツツーリング路線でしょうか。この場合はシャーシも新造となる可能性が高いと思われます。とは言え、仮に登場するとしても2020年モデルとかそのあたりになるでしょう。

Sponsored Link

私はこの噂話が気に入った。それにこの噂はどうやら、簡単に過ぎて消えていく類のものではないように思える。この噂というのは、カワサキのNinja H2をベースとするスポーツ・ツーリングカテゴリーのバイクが登場するというものだ。このバイクはカワサキNinja H2 GTと呼ばれるとされている。これはスーパーチャージャーを搭載した1000ccバイクで、H2よりは長距離ライディングに適したものとなるという。そう、200馬力を発生し、火を吐き出すようなバイクに比べたらという話だが。

カワサキがスーパーチャージャーを搭載したバイクのラインナップをどのように広げるのかは未定だ。現在のH2をプラットフォームとしたラインナップになっていくのか、それとも完全新作のシャーシを採用するのか。カワサキがプレミアムツーリング市場に進出するというのは面白い。スーパーチャージャーエンジンを使用して、新型となったホンダのGold WingやBMW K1600GTに対抗して、現在の1400GTRを超えていくのだろうとすると興味深い。

もちろんカワサキが全く別方向に進むことも考えられる。例えばスポーティーさは維持しつつも高速道路を延々と走ることに特化したモデルなどだ。これはオーストリアのKTMがTM 1290 Super Duke GTという形で既に世にリリースをしている。この噂が将来的にどのような結末を迎えるのかについては、時が経てばわかるだろう。

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Pocket
LINEで送る

Sponsored Link
★Indian Motorcycleから電動バイクが将来的に登場する見通し
★MVアグスタ 2017年に1台、2018年に2台の新型モデルを発表
★KTM 2ストロークインジェクションエンジンを開発。2018年モデルとして市販へ
★スズキ 新型GSX-R750/隼を開発中との噂
★Vyrus 986 M2遂に市販化 価格は303万円
★排気量3%アップながら出力18.3%アップの新エンジン搭載 スポーツモデル「YZF-R15」をインドネシアで発売
★クロスオーバーモデル「400X」の各部の熟成を図るとともにカラーリングを変更し発売
★ル・マン24時間耐久 ウォームアップ走行トップはチームSRCカワサキ
★BMWモトラッド 215馬力のHP4 RACEを世界750台限定で発売
★CEV Repsol 2017アルバセテ戦 Zカップレース結果
★トライアンフ TIGER 800XRT / TIGER 800 XCA 限定導入のご案内
★SAIGOサーキットライディングスクール/SAIGOライディングスクール 開催のお知らせ
★ヤマハ 北米向け新型クルーザーモデル「Star Venture」を発売
★二輪最高峰レースMotoGPマシンのイメージを再現した原付一種スクーター「ジョグ CE50ZR」 Movistar Yamaha MotoGP Editionを数量限定発売 現行「ジョグ」シリーズも...
★ヤマハ 新型「YZF-R15」のエンジンを搭載したプラットフォームモデル ネイキッドスポーツ「V-IXION R」 インドネシアで発売
★BMW S1000RRの2018年モデルは2017年モデルを継続
★Ducati新型スーパーバイクと思われるパニガーレV4のスパイショット
★Ducati 210馬力のV型4気筒 デスモセディチSTRADALEエンジンを発表
★BMWモトラッド 新型BMW K 1600 Bを発表
★ヤマハ “Neo Retro”ロードスポーツ「XSR900 ABS」の新色を発売