★Triumph(トライアンフ)からボンネビル スピードマスターが登場

Triumph(トライアンフ)からボンネビルモデルに新型モデルとして、SPEEDMASTER スピードマスターと呼ばれるモデルが追加されました。基本的にはボバーをベースをするモデルですが、ブレーキやサスペンションに新たなパーツを使用しています。

Sponsored Link

ボンネビル スピードマスター特徴

・エンジンにT120ハイトルクエンジンを採用
・ボバーのシャーシを使用
・130ものカスタムオプション

ボンネビル スピードマスター主要諸元

・エンジン:1200cc水冷パラレルツイン
・最高出力:76馬力@6100回転
・最大トルク:78ftlb@4000回転
・フレーム:チューブラースチールツインクレードル
・シート高:705mm
・フロントサスペンション:41mmKYB製
・リアサスペンション:KYB製
・フロントブレーキ:310mmツインディスク/ブレンボ製2ピストンキャリパー
・リアブレーキ:255mmシングルディスク/ニッシン製シングルピストンキャリパー
・タンク容量:12L
・車重:245.5kg

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★Indian Motorcycleから電動バイクが将来的に登場する見通し
★BMW K1600 B Bagger アメリカ東海岸でお目見え
★SWM 2017年に6,000台の生産を見込む
★排気量3%アップながら出力18.3%アップの新エンジン搭載 スポーツモデル「YZF-R15」をインドネシアで発売
★BMW 世界初の両輪駆動エンデューロモデルR1200GS xDriveハイブリッド を発表
★ホンダ 新型クルーザーモデル「レブル250」「レブル500」を発売
★スズキ ターボチャージャー搭載のバイクを米国特許商標庁に登録
★BMW「新型BMW G 310 R」発表
★トライアンフ TIGER 800XRT / TIGER 800 XCA 限定導入のご案内
★BMW 新型BMW HP4 RACEを発表
★MV Agustaとルイス・ハミルトンのコラボレーションモデル MV Agusta F4 LH44が限定44台で登場
★Triumph(トライアンフ)からボンネビル ボバーブラックが登場
★ホンダ 第45回東京モーターショーにおいてGOLDWING TOUR / GOLDWINGを出展
★スズキ 北米でハヤブサ、GSX-R750、GSX-R600の2018年モデルを発表
★MV AGUSTA(MVアグスタ) 2018年型 F3 675RC、F3 800RCなどを発表
★Ducati Ducatiワールド・プレミアにおいてScrambler 1100(スクランブラー1100)を発表
★Ducati Ducatiワールド・プレミアにおいてMultistrada(ムルティストラーダ) 1260を発表
★ホンダ EICMAで2018年型のCB1000Rを発表
★ヤマハ EICMAで2018年型XT1200ZE スーパーテネレ・レイドエディションを発表
★ヤマハ発動機 ロードレースおよびサーキット走行専用モデル 「YZF-R6レースベース車」を受注生産で発売