★Triumph(トライアンフ)からボンネビル スピードマスターが登場

Triumph(トライアンフ)からボンネビルモデルに新型モデルとして、SPEEDMASTER スピードマスターと呼ばれるモデルが追加されました。基本的にはボバーをベースをするモデルですが、ブレーキやサスペンションに新たなパーツを使用しています。

Sponsored Link

ボンネビル スピードマスター特徴

・エンジンにT120ハイトルクエンジンを採用
・ボバーのシャーシを使用
・130ものカスタムオプション

ボンネビル スピードマスター主要諸元

・エンジン:1200cc水冷パラレルツイン
・最高出力:76馬力@6100回転
・最大トルク:78ftlb@4000回転
・フレーム:チューブラースチールツインクレードル
・シート高:705mm
・フロントサスペンション:41mmKYB製
・リアサスペンション:KYB製
・フロントブレーキ:310mmツインディスク/ブレンボ製2ピストンキャリパー
・リアブレーキ:255mmシングルディスク/ニッシン製シングルピストンキャリパー
・タンク容量:12L
・車重:245.5kg

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★BMW HP4 RACE写真ギャラリー
★Triumph(トライアンフ) オールクラシック モニターキャンペーン
★スズキ 新型GSX-R600とGSX-R750の登場は2018年以降
★ホンダ 原付レジャーモデル「モンキー・50周年スペシャル」を限定発売
★ヤマハから2018年型X-MAX 400が登場
★スズキ GSX‐Sシリーズの新型モデル「GSX‐S125 ABS」を発売
★ホンダ ロングセラーモデル「スーパーカブ50」「スーパーカブ110」と「スーパーカブ50 プロ」「スーパーカブ110 プロ」をモデルチェンジし発売
★ホンダ 第45回東京モーターショーにおいてPCX ELECTRICを出展
★ホンダ 平成28年度排出ガス規制に対応した原付ビジネススクーター「ベンリィ」シリーズを発売
★スズキ 北米でハヤブサ、GSX-R750、GSX-R600の2018年モデルを発表
★ヤマハ EICMAで2018年型トレーサー900/900GTを発表
★カワサキ EICMAでZ900RSカフェを発表
★カワサキ EICMAでニンジャH2 SXを発表
★トライアンフ埼玉南 TRIUMPH「Bonneville Bobberカスタム」
★ヤマハ発動機 ロードレースおよびサーキット走行専用モデル 「YZF-R6レースベース車」を受注生産で発売
★ヤマハ オレンジのアクセントカラーでスポーティな印象を強調 原付一種スクーター「ジョグ CE50ZR」 新色を発売
★スズキ 2018年型GSX-R1000R/GSX250Rの新色を発表
★ Kalex Triumph(トライアンフ)エンジンのバイクは、現行のラップタイムレコードから1.3秒遅れ
★新世代CBシリーズの大型ネイキッドロードスポーツモデル「CB1000R」を発売
★上級仕様の「TRACER900 GT ABS」も追加設定 スポーツツーリング「TRACER900 ABS」2018年モデルを発売