★Triumph(トライアンフ)からボンネビル スピードマスターが登場

Triumph(トライアンフ)からボンネビルモデルに新型モデルとして、SPEEDMASTER スピードマスターと呼ばれるモデルが追加されました。基本的にはボバーをベースをするモデルですが、ブレーキやサスペンションに新たなパーツを使用しています。

Sponsored Link

ボンネビル スピードマスター特徴

・エンジンにT120ハイトルクエンジンを採用
・ボバーのシャーシを使用
・130ものカスタムオプション

ボンネビル スピードマスター主要諸元

・エンジン:1200cc水冷パラレルツイン
・最高出力:76馬力@6100回転
・最大トルク:78ftlb@4000回転
・フレーム:チューブラースチールツインクレードル
・シート高:705mm
・フロントサスペンション:41mmKYB製
・リアサスペンション:KYB製
・フロントブレーキ:310mmツインディスク/ブレンボ製2ピストンキャリパー
・リアブレーキ:255mmシングルディスク/ニッシン製シングルピストンキャリパー
・タンク容量:12L
・車重:245.5kg

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Pocket
LINEで送る

Sponsored Link
★Moto2 将来的にはMagneti MarelliのECUを採用へ
★ハーレーから2017年型 Street Rod(ストリートロッド)が登場
★MVアグスタ 2017年に1台、2018年に2台の新型モデルを発表
★ヤマハ 2017年型YZF-R6のスペックなどを公開。
★「CBR250RRレースベース車」について
★スポーツモデル「CBR400R」のカラーリングを変更し発売
★クロスオーバーモデル「400X」の各部の熟成を図るとともにカラーリングを変更し発売
★ヤマハ 「BOLT ABS」「BOLT Rスペック ABS」2017年モデル発売
★BMW HP4 RACE写真ギャラリー
★スズキ 2018年モデル GSX-S1000 ABS 7月発売予定
★MV AGUSTA(MVアグスタ)新形モデルと思われる「RVS」の動画を効果
★Triumph(トライアンフ)2019年からMoto2クラスにエンジンを供給
★ホンダ モトクロス競技専用車CRF450R/CRF150R/CRF150RII、エンデューロ競技専用車CRF450RXの2018年モデルを発売
★ヤマハ トップエンドモデル「YZ450F」は新スペックエンジン、新設計フレームで大幅に進化 モトクロス競技用YZシリーズ6機種の2018年モデルを発売
★ヤマハから2018年型X-MAX 400が登場
★Ducati新型V4スーパーバイク 9月開催のMotoGPサンマリノGPで初披露か?
★全国のトライアンフファンのための祭典!2017 TRIUMPH NATIONAL RALLY
★カワサキからH2ベースのスポーツツーリングバイクが登場するとの噂
★Triumph(トライアンフ)からボンネビル ボバーブラックが登場
★ヤマハ “Neo Retro”ロードスポーツ「XSR700 ABS」を新発売