★Madboxer スバルWRXボクサーエンジンを搭載したバイク

世界にはまだまだ凄まじいカスタム車両が存在するようで、海外ではスバルのボクサーエンジン(※海外仕様なので2.5L)を搭載したバイクを作った方がいるようです。

Sponsored Link

この素晴らしいプロジェクトが始まったのは2009年。Ian McElroyというデザイナーがSolidworks CADによるコンセプトバイクとして、スバルのWRXの2.5Lエンジンを使用した「Kickboxer」をデザインしたことから始まる。

このコンセプトは世界中で賞賛され、ニュージーランドのツールメーカーであるMarcel van Hooijdonkが、これを実現しようと考えた。彼はまずボクサーエンジン、ホイール、木を組み合わせてビール片手にアイディアをまず形にすることから始めた。全てのパーツを自分のショップで組み上げた彼は、このプロジェクトはなんとか形になると結論づけた。

彼が独自に組み上げなければならなかった最も複雑な機構はフロントスイングアームとセンターステアリングだ。なお、これらはニュージーランドにおいて公道走行の認証を取得している。次にエンジンが分解され、トルクコンバーターと2速のオートマチックトランスミッションが組み合わされた。なお、ギアスイッチは左側のハンドルバーについている。彼は足でコントロールをしたくないという理由で、リアブレーキもハンドルバー右側に取り付けられている。

フロントブレーキにはBuellのパーツが流用され、タンクやシートは日本製の車両からの流用だ。ステアリング関連、シャーシ、スイングアームなどは職人による手作り。もう1つ手を焼いたのがエレクトロニクス部分。全てのエレクトロニクスとリチウムイオンバッテリーは限られたシート下スペースに収納されている。Marcelによると、このエレクトロニクスをどう収めるかに1年を費やしたという。

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Pocket
LINEで送る