★BMWモトラッド 北米市場F800GT、F800Rのリフレクターに関するリコール

北米市場でBMWモトラッドのリコールが続いています。今回はF800GT、F800Rのリアリフレクターに関するものです。市場をまたいで展開する際の対応に漏れがあったような形のリコールと言えます。

Sponsored Link

再びBMWモトラッドからのリコールだ。これで直近のBMWのリコールは7つめとなる。今回のリコールは北米市場の2014-2016年式のF800GT、2015-2016年式のF800Rの不適切なリフレクターに関するものだ。これはアメリカの連邦政府自動車安全基準 第108条にあたる”ランプ、反射性デバイス、関連する装備”の基準を満たさないというもの。

合計でリコールの対象となるのは1,478台で、あるコンディションの中で、リアリフレクターが正しく認識されない可能性がある。覚えている方もいるかもしれないが、これはF800GTとF800Rのリフレクターに関する2回目のリコールだ。

詳細としては、リアサイド・リフレックスリフレクタがライセンスプレートブラケットにマウントされており、ライセンスプレートのサイズが中国市場を想定しているため、ブラケットがUS市場には適合しないというもの。結果としてリアサイド・リフレックスリフレクタの位置が変更されることとなり、エキゾーストサイレンサーに隠れてしまう可能性がある。そのため、連邦政府自動車安全基準 第108条に抵触する形となるわけだ。

この対策として、BMWはオーナー達に連絡、BMWディーラーはライセンスプレートホルダーに変更を加え、リアサイド・リフレックスリフレクタの位置を無料で変更する。このリコール対策は11月13日から始まる見通し。

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★カワサキ 大阪モーターサイクルショー/東京モーターサイクルショーの出品概要
★ストリートトリプル デビューフェア
★BMWモトラッド 215馬力のHP4 RACEを世界750台限定で発売
★ブレンボ ラジアルマスターシリンダーの歴史を解説
★アプリリア 【展示・試乗会のご案内】
★バレンティーノ・ロッシ「さようなら。ニッキー。」
★ヘイデンファミリーからのお願い「偽サイトで偽のニッキーグッズを買わないで」
★バイク用品販売老舗のナップスAmazonでのバイク用品取付サービスの販売を開始~ 全国のナップス店舗でタイヤ取付け作業などをサポート ~
★マン島TT2017 RSTスーパーバイクにおいてイアン・ハッチンソンが優勝
★BMW R1200GSのリコール対象台数は世界で150,000台以上のおそれ
★HRC 2017年CBR250R Dream Cup グランドチャンピオン大会参加枠のご案内
★<スポーツバイクユーザー500人に調査> 自転車の故障トラブル、原因の7割は「メンテナンス不足」
★ホンダ 「Honda Racing THANKS DAY 2017」開催概要について
★スズキ 「Team Suzuki Racing Magazine」のMXスペシャルエディションを公開
★スズキ 2017年型GSX-R1000のレースにおける活躍を収めた映像を公開(パート1)
★マン島TTのゲーム「TT ISLE OF MAN RIDE ON THE EDGE」鋭意開発中
★ブレンボ マスターシリンダーの大規模リコールについて文章を発表
★カワサキ コンセプトモデル「J Concept」を発表
★帰ってきたSkully 夏にも新モデルの「Fenix AR」のデリバリーを開始か?
★バイクを売る際に最も高く売る方法とは?