★BMWモトラッド 北米市場F800GT、F800Rのリフレクターに関するリコール

北米市場でBMWモトラッドのリコールが続いています。今回はF800GT、F800Rのリアリフレクターに関するものです。市場をまたいで展開する際の対応に漏れがあったような形のリコールと言えます。

Sponsored Link

再びBMWモトラッドからのリコールだ。これで直近のBMWのリコールは7つめとなる。今回のリコールは北米市場の2014-2016年式のF800GT、2015-2016年式のF800Rの不適切なリフレクターに関するものだ。これはアメリカの連邦政府自動車安全基準 第108条にあたる”ランプ、反射性デバイス、関連する装備”の基準を満たさないというもの。

合計でリコールの対象となるのは1,478台で、あるコンディションの中で、リアリフレクターが正しく認識されない可能性がある。覚えている方もいるかもしれないが、これはF800GTとF800Rのリフレクターに関する2回目のリコールだ。

詳細としては、リアサイド・リフレックスリフレクタがライセンスプレートブラケットにマウントされており、ライセンスプレートのサイズが中国市場を想定しているため、ブラケットがUS市場には適合しないというもの。結果としてリアサイド・リフレックスリフレクタの位置が変更されることとなり、エキゾーストサイレンサーに隠れてしまう可能性がある。そのため、連邦政府自動車安全基準 第108条に抵触する形となるわけだ。

この対策として、BMWはオーナー達に連絡、BMWディーラーはライセンスプレートホルダーに変更を加え、リアサイド・リフレックスリフレクタの位置を無料で変更する。このリコール対策は11月13日から始まる見通し。

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★アロー(Arrow) 2017年型GSX-R1000/R1000R用のエキゾーストシステムを発売
★ホンダNM4 北米で2018年モデルとして復活
★Ducati XDiavel Sが登場するフルCG長編映画 『バイオハザード:ヴェンデッタ』が5月27日から全国ロードショー!
★ヘイデン一家 ヘイデン選手の意志に基づき、臓器提供に同意
★ヤマハ 2012年の創設から6年連続の受賞 インドのデザイン賞「インディアデザインマーク(I Mark)」を受賞
★BMWモトラッド 2018年モデルの詳細を発表
★懐かしいあの名車の音が高音質のハイレゾ※で楽しめる!バイクの音を楽しむ「名車図鑑」 第2弾を公開!
★Triumph(トライアンフ) ロアーズ オリジナル・ポストカードプレゼント
★第41回出光イーハトーブトライアル大会開催~大自然と調和したトライアルバイクの魅力を味わう大会~
★Triumph(トライアンフ)トライアンフとバジャージがパートナーシップを結びました。
★「第45回東京モーターショー2017」Hondaブース出展概要について
★バイク好き若手クリエイターによる自主制作ムービーを配信!~10月31日、コンテンツサイト「Bike Life Lab」にて配信開始!~
★スズキ 2017年型GSX-R1000のレースにおける活躍を収めた映像を公開(パート1)
★ホンダ マレーシアで二輪事業60周年および累計生産500万台の記念式典を開催
★ホンダ 大型ロードスポーツモデル「CB1100 RS」により重厚感を高めたモノトーン調のカラーリングを新たに追加し発売
★ホンダ 2018年Hondaモータースポーツ活動計画の概要
★自分のバイクで鈴鹿サーキットをクルージング!『BIKE!BIKE!BIKE!2018』4/28(土)開催
★第45回東京モーターサイクルショー Royal Enfieldブース
★第45回東京モーターサイクルショー Ducatiブース
★FineTechnical Ride 2018 参加者募集のお知らせ