★MotoGP2017ドヴィツィオーゾ 「ホルヘがDucatiに来たことで自分の評価も高まった」

ドヴィツィオーゾ選手はDucatiで今シーズン4勝を上げており、チャンピオンシップにおいて16ポイント差でマルケス選手を追っています。今までは周囲から過小評価されていた彼ですが、今シーズンの結果、そしてロレンソ選手がチームメイトとなったことで、今までチーム対して語っていたデスモセディチの改善点もしっかりと受け止められるようになってきたとのこと。

Sponsored Link

Ducatiでタイトル争いに参加しているアンドレア・ドヴィツィオーゾは、皆が自分のパフォーマンスについて驚いているのは、皆が自分を過小評価していたからだと語る。今シーズンドヴィツィオーゾは4勝を上げており、チャンピオンシップ2位につけている。シーズンは残り4戦でマルケスとの差は16ポイントだ。

彼の今年の一連の勝利は、彼が今までのキャリアで最高峰クラスで重ねてきた優勝回数の2倍。2016年セパンでの優勝が、2009年ドニントンパークでの初優勝以降7年間途絶えていた彼の最高峰クラスでの優勝を呼び戻すきっかけとなった。ドヴィツィオーゾは彼の今までの成功の少なさが、MotoGPクラスで成功を収めているライダー達が彼の実力を過小評価することに繋がったのだろうと考えている。

アンドレア・ドヴィツィオーゾ

「確かに自分でも驚きですが、そこまででもありません。ただ、自分は今までこうした話題の中心にいることはなかったわけですし、今まではそこまで優勝を重ねていたわけでもありません。自分の優勝というのは分析するようなものでもなかったでしょうし、他の人々には多くの物事が気づかれていなかったと思います。」

「そして自分が今4勝して、皆驚いているわけです。ただ自分は今までどおりのライディングをしているだけです。同じメンタリティーで同じ戦略でね。違いと言えば、現在は人生とレースウィークエンドについて異なる方法でアプローチをしているということです。今はある面でより良く理解出来ています。小さな事が重要な影響を持つんです。もし自分の今シーズンが驚きであるなら、それは皆が自分はベストライダー達と同じレベルにはないと思っていたからでしょう。実際はそこまで大きな差は無いと思うんですけどね。今はこうして自分を彼らと同じ位置に置いて考える事が出来ます。」

31歳のドヴィツィオーゾは、今年3度MotoGPクラスでチャンピオンとなっているホルへ・ロレンソと共に走っている。ドヴィツィオーゾはロレンソがチームメイトになったことで、彼自身の評価も高まったと感じている。

「ホルへが来たことで、自分が今までチームの中の人々に話していて、彼らが明確に認識していなかった問題点がクリアになりました。彼がDucatiに加入したことで、皆が自分達のバイクがどういったバイクなのかを明確に理解したんです。そして彼が来たことで、自分のライダーとしての評価も間違いなく高まったと言えるでしょうね。」

(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★MotoGP2017 Ducatiの新型カウルが明らかにしたシート下の箱の謎
★MotoGP2017アルゼンチンGP ロッシ「ここで新しいフロントタイヤを試すのは面白いだろう」
★MotoGP2017アルゼンチンGP ロッシ「問題が再発している」
★MotoGP2017アルゼンチンGP ウォームアップ結果
★MotoGP2017アルゼンチンGP クラッチロー「マルクは野獣のようにプッシュしていた」
★MotoGP2017ヘレスGP 津田「大きな問題なく初日を終えてほっとしている。」
★MotoGP2017イタリアGP フォルガー「ムジェロはヤマハに合っている」
★MotoGP2017イタリアGP フォルガー「初めてのムジェロで自信を持って走行出来ている」
★MotoGP2017 カタルーニャテスト結果
★MotoGP2017 6/16時点でのポイントスタンディング
★MotoGP2017オランダGP マルケス「バイクとタイヤのセットアップを見つける事が重要」
★MotoGP2017チェコGP ビニャーレス「後半戦に向けて集中が必要。もうミスは出来ない」
★スコット・レディング 2018年よりサム・ロウズの後任としてアプリリアから参戦
★MotoGP2017イギリスGP ウォームアップ結果
★MotoGP日本GPでドゥカティチームを応援しよう!
★MotoGP2017サンマリノGP ビニャーレス「ライバルとの差を詰めることが出来る」
★MotoGP2017オーストラリアGP マルケス「明日は高速コーナーの安定性を改善したい」
★MotoGP2017オーストラリアGP 4位ザルコ「マレーシアでも優勝を狙っていく」
★MotoGP2017バレンシアGP アプリリア今年もREDのスペシャルカラーリングで参戦
★MotoGP2017バレンシアGP 予選2位ザルコ「もし優勝出来れば、シーズンを終える中で最高の形」