★ホンダ 新型モデルと思われる「Neo Sports Café」のティザー映像を公開

ホンダはEICMAで公開する新型モデルと思われる「Neo Sports Café」に関するティザー映像をYoutube上で公開しました。正面からのイメージを見る限りでは、以前発表されたコンセプトモデルであるCB4 conceptに似ているような気もしますし、名称からしても、ネオカフェレーサーと言えるCB4 conceptがいよいよ市販なのかと思わせます。

Sponsored Link

ホンダは11月6日のEICMA(ミラノショー)で公開する新型のNeo Sports Caféというモデルのティザービデオを公開した。このビデオはティザーはこうあるべきという教科書通りの作りで、クレイモデルを作る作業者、エンジニア達のミーティング風景、暗い部屋でのライトアップされ、車体に寄るカメラ、スパークするグラインダー、そして最後にライトを点灯したバイクを映して動画は終わる。

このビデオから言えることは?現在噂話レベルで囁かれているのはCB1000Rが新型モデルになるということだ。これはある意味的を得ている。この車両は既にEuro4を満たさなくなっているため、欧州では販売終了モデルの特例処置なしに販売出来なくなっている。このモデルは未だにホンダUKのストリートモデルラインナップに存在しているが、このモデルをクリックするとトップページに戻ってしまう。

ビデオにはシリンダーヘッドのクロースアップ映像もある。明らかに見た目はDOHC4気筒エンジンであるが、これはいかなるホンダのエンジンにも該当しない。シリンダーヘッドはCB650Fに似ているようにも思えるが、シリンダーヘッド全体の形は、旧型のCB1000Rの旧世代のファイヤーブレードのエンジンのようにも思える。

最もバイクの形が近いと言えるのは、2015年に発表されたCB4 conceptだ。これはCB650Fベースの、未来型カフェスタイルレーサーだった。この新型バイクのタンク形状も似ており、同様にアンダーシートエキゾーストのように見えるバレルタイプのテールランプがシート下にあるのかもしれない。また、スイングアームにマウントされるライセンスプレートホルダーは、CB1000R、CB4 conceptのようなシングルサイドスイングアームのヒントなのかもしれない。

これに関してはあと数週間で明らかになるであろう。

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★スズキ GSX-Sシリーズの新型モデル「GSX-S750 ABS」を発売
★ヤマハ 2017年型YZF-R6のスペックなどを公開。
★BMW 世界初の両輪駆動エンデューロモデルR1200GS xDriveハイブリッド を発表
★MotoGP2017アルゼンチンGP ペドロサ「時にはこんな日もある。」
★MotoGP2017アルゼンチンGP マルケス「スリックを履こうかと思っていた」
★MotoGP2017 セテ・ジベルナウ「最高のダニはこれから」
★MV AGUSTA(MVアグスタ)新形モデルと思われる「RVS」の動画を効果
★MotoGP2017オランダGP マルケス「ホンダはどんどん良くなっている」
★MotoGP2017 マルク・マルケス「ホルヘは今期優勝出来る」
★MotoGP2017イギリスGP クラッチローが採点するイギリス人ライダー
★Ducati 新型エンジン「デスモセディチSTRADALE」をサンマリノGPで発表
★スズキ GSX‐Sシリーズの新型モデル「GSX‐S125 ABS」を発売
★Ducati 2018年式 新型モンスター821を発表
★ホンダ 全日本モトクロス選手権で「山本鯨」がチャンピオンを獲得
★MotoGP2017マレーシアGP クラッチロー「2018年型RC213Vは2017年の改良型だといい」
★ホンダ 「小川友幸」が全日本トライアル選手権で5年連続チャンピオンを獲得
★ホンダ 全日本ロードレース選手権で「高橋巧」がチャンピオンを獲得
★BMW EICMAでF750GSとF850GSを発表
★MotoGP2018 マルケス「2018年はザルコ、そしてロレンソにも注意が必要」
★ダカールラリー2018 ステージ7優勝はホンダのホアン・バレダ