★MotoGP2017 KTM 2018年のチーム体制を発表

KTMが2018年のチーム体制について発表を行ないました。これによると、ポル・エスパルガロ選手、ブラッドリー・スミス選手がファクトリーライダーとして継続。テストライダーのミカ・カリオ選手も合わせて継続が決まりました。レース結果次第ではカリオ選手とスミス選手の交代もあり得るという話でしたが、結局は何も変更は行われないという結果となりました。参戦1年目とは思えぬ活躍を見せるKTMだけに、2年目にはどのようなシーズンになるのか楽しみです。

Sponsored Link

KTMはMotoGP1年目を終えようというところですが、チームは2017年のレースで得た知識とデータを元に、既に来シーズンを見据えています。KTMは2018年のライダーラインナップを、今シーズンにトップ10をKTM RC16で獲得したポル・エスパルガロ、ブラッドリー・スミスに決定。KTMは1953年からの歴史の中で、元も大きなモータースポーツプログラムであるMotoGPに断固とした決意で取り組む2人のライダーにフルコミットします。

ポル・エスパルガロは毅然と激しくKTMのMotoGPプロジェクトを前に進めています。エスパルガロはKTMの最高順位である9位をブルノで獲得。また今年チームがスタートした時に想像していた以上の予選順位を何度も獲得しました。元Moto2チャンピオンを2年目となるシーズンにも起用するということは、KTMにとっても素晴らしいことです。

KTMはブラッドリー・スミスを2016年のバレンシアテストからサポートしてきました。彼はチームに溶け込み、毎戦新たなパーツがガレージに投入される中で、いかなるテスト、練習走行、レースでもハードに作業にあたってきました。 KTMはスミスと共にさらなる結果、そしてラップタイムを達成するために、2018年も以前と同様にスミスにコミットします。スミスはグランプリレーシングにおける優勝ライダーであり、彼が参戦した3クラス全てで表彰台を獲得しています。KTMは2018年もスミスと共に戦います。

ミカ・カリオは、2018年もテストライダーとして、そしてワイルドカードの参戦ライダーとしてKTMで走ります。カリオは彼自身の17年ものグランプリレーシングの経験で、KTMのMotoGPプロジェクトを前に進める大きな存在となっています。彼の経験はKTMの2017年シーズンにおいて大きな役割を果たしました。KTMはカリオに変わらぬスピードとサポートを期待します。彼の協力によって、バイクは2018年からその先も前に進む事が可能となるのです。
彼の今シーズンの3戦は、ワイルドカードライダーとして実に素晴らしいものでした。彼のコミットメントとスピードを、KTMは来月に開催される最終戦バレンシアでも期待しています。

<KTM プレスリリース>

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Pocket
LINEで送る

Sponsored Link
★MotoGP2017フィリップアイランドテスト チームスズキECSTAR写真ギャラリー
★MotoGP2017アルゼンチンGP ペトルッチ「トップ8獲得が目標」
★MotoGP2017アメリカGP ビニャーレス「100%の力を出せれば優勝争い出来る」
★MotoGP2017ヘレスGP フォルガー「ヘレス戦を待ち望んでいた」
★MotoGP2017フランスGP FP4結果
★MotoGP2017イタリアGP アレイシ・エスパルガロ「良いポイントを獲得することが重要」
★MotoGP2017イタリアGP 予選6位マルケス「フロントタイヤの選択が鍵」
★MotoGP2017イタリアGP 決勝レース結果
★MotoGP2017イタリアGP 6位マルケス「前後ミディアム以外に選択肢はなかった」
★MotoGP2017イタリアGP 決勝プレスカンファレンス全文翻訳
★MotoGP2017イタリアGP ビニャーレス「頭を使って走る必要がある」
★MotoGP2017カタルーニャGP Q1結果
★MotoGP2017オランダGP ザルコ「雨が強まれば優勝出来ていた」
★MotoGP2017ブルノテスト ロレンソ「1年で最も重要な1日だったかもしれない」
★MotoGP2017 来季のMotoGPクラスのシートを狙うルティ、シモン
★MotoGP2017 Pramac Ducatiフランセスコ・グイドッティへのインタビュー
★MotoGP2017イギリスGP クラッチロー「今日の結果はあくまで今日だけのもの」
★MotoGP2017ミシュラン サンマリノGP決勝レースリリース
★MotoGP2017サンマリノGP 決勝プレスカンファレンス翻訳
★MotoGP2017日本GP 野左根「レースには出場したいと思っている」