★カワサキ スーパーチャージャー搭載の新しいスポーツツアラーを11/7のEICMAで発表

カワサキがスーパーチャージャーを搭載したスポーツツアラーを開発しているという噂は本当でした。カワサキが発表したティザービデオによると、カワサキは11月7日のEICMAにおいて、スーパーチャージャー搭載の新しいスポーツツアラーを発表するとのことです。H2ベースとなるのか、スーパーチャージャーを活かした小型ながらハイパワーのモデルとなるのか、期待が高まります。

Sponsored Link

どうやら噂は本当だったようだ。カワサキはEICMAショーで新しいスーパーチャージャーを採用したモデルを登場させる。カワサキがスーパーチャージャー搭載のH2のようなスポーツツーリングモデルを登場させるのでは?という話は既にお伝えしているが、どうやらこの噂は近く実現する見通しだ。

カワサキがリリースしたーティザービデオによると、新しいモデルはパフォーマンスを抑え、旅をすることに主眼が置かれているようだ。つまりスポーツツーリングモデルになりそうだということだ。カワサキのこの新しいスーパーチャージャー搭載のモデルがH2ベースのものとなるかどうかは、いずれわかるだろう。

カワサキプレスリリース意訳

「カワサキのユニークなスーパーチャージャー搭載モデルの3つ目のモデルが登場します。今までカワサキのスーパーチャージャー技術は、完全にパフォーマンスに集中したものでした。2018年モデルとして、カワサキは11月7日のEICMAショーにおいて新型マシンを発表します。カワサキはこのバランスドスーパーチャージャー技術で、豊かな低速、中速レンジのパワーを持つモデルを生み出しました。」

「もちろん過給器によるパフォーマンスのフィーリングは失われておらず、このユニークなパワーフィーリングが優れた燃費効率と合わさり、この全体的なライディングフィールは、スポーツツーリングマーケットを見据えています。あなたの旅をスーパーチャージャー技術を搭載したマシンで最高のものとする事が出来るのはカワサキだけです。次なる次元のエキサイトメントへと、驚くほどの性能で効率良く到達出来るスポーツツーリングマシンにご期待下さい。」

カワサキの言いようは、我々が過給器搭載のマシンへと期待しているものを提供してくれそうだ。つまり、軽量で小型の小排気量モデルであっても、スーパーチャージャーやターボチャージャーを使用したマシンは、優れたパフォーマンスを提供出来るということだ。つまり、500ccのエンジンから1000ccのパワーを絞り出せるというようなことだろう。小型ながら元気一杯のスポーツツアラーがカワサキから登場するとしたら、これは実に興味深い。イタリアでどのようなバイクが発表されるのか実に楽しみだ。

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★2017年型CBR500Rを愛すべき5つの理由
★ハーレーから2017年型 Street Rod(ストリートロッド)が登場
★ホンダ 「CBR250RR」の受注状況について
★スズキ 2018年モデル GSX-S1000 ABS 7月発売予定
★CEV Repsol 2017アルバセテ戦 Zカップレース結果
★USヨシムラからVERSYS-X 300用ストリートR-77 スリップオンマフラーが登場
★BMW「新型BMW G 310 R」発表
★SAIGOサーキットライディングスクール/SAIGOライディングスクール 開催のお知らせ
★Ducati 新型エンジン「デスモセディチSTRADALE」をサンマリノGPで発表
★スズキ GSX‐Sシリーズの新型モデル「GSX‐S125 ABS」を発売
★Triumph(トライアンフ)からボンネビル ボバーブラックが登場
★ホンダ 第45回東京モーターショーにおいてSuper Cub 110  1億台記念車を出展
★ホンダ 第45回東京モーターショーにおいてPCX ELECTRICを出展
★スズキ 第45回東京モーターショーにおいてSV650Xを出展
★BMW EICMAで発表予定のモデルに関するティーザービデオを公表
★Ducati Ducatiワールド・プレミアにおいて959 Panigale Corse(959パニガーレコルサ)を発表
★ホンダ EICMAでCRF1000L Africa Twin Adventure Sports(アフリカツイン アドベンチャースポーツ)を発表
★ヤマハ EICMAでMT-09SPを発表
★ホンダ 普通自動二輪教習車「CB400 SUPER FOUR(教習車仕様)」に法規対応を施して発売
★ホンダ 大型プレミアムツアラー「Gold Wing(ゴールドウイング)」を17年ぶりにフルモデルチェンジし発売