★MotoGP2017日本GP ロッシ「状況によってはマーベリックを助けることもあるかもしれない」

今年はレインコンディションでの戦力が課題だと語るロッシ選手。足の怪我も完治はしていませんので、そういった面でも若干不安材料があるレースとなります。

Sponsored Link

バレンティーノ・ロッシ

「現時点でマーベリックを助けるということはありません。通常ヤマハはそういったことはしませんが、チャンピオンシップによってきます。もしチャンピオンシップがものすごく接近するということになればあり得るかもしれません。3つのファクトリーが2人目の速いライダーがいて、もう1人を助けることが出来る状況にあるんですから興味深いですよね。」

「足に関しては明らかに良くなっています。回復に通常よりも1週間多くの時間を取ることが出来ました。アラゴンでは少し苦戦していたので、この1週間があったことが重要でした。まだ痛みはありますがだいぶよくなっていて、バイクに乗っているとちゃんとライディング出来る感触があります。とにかくアラゴンより良い状態です。100%ではありませんし、トレーニングも少し工夫する必要があります。でもいい気分ですよ。」

「実はサムブレーキは怪我以前から使用しています。シーズン開幕からではないですけど、5戦6戦戦った後からですね。足の怪我との関連に関しては確かに助けになっています。それに色々なところで使用することも出来ます。」

「もし雨が降るとしたら残念ですね。このトラックではドライでかなりの戦力を発揮出来ると思うんです。昨年は雨の中で高い戦力がありました。でも今年はそうでもありません。ドライレースを願っています。
雨の中での問題はドライと同じで、数周走るとリアタイヤのグリップが無くなってしまうんです。フルウェットの場合は悪くないんですが、そこまで水の量が多くない場合に苦戦してしまいます。昨年の戦闘力は高かったわけですから、問題を理解する必要があります。」

(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★MotoGP2017カタールテスト1日目 LCRホンダ2017年のカラーリングを披露
★MotoGP2017カタールテスト2日目 ロレンソ「今日はずっとハードタイヤを使用していた。」
★MotoGP2017 ペドロサ「今年はあらゆる面で最高の自分を見つけていきたい」
★ヤマハ ヨーロッパで2017年のMTツアーを開催
★MotoGP2017カタールGP2位 ドヴィツィオーゾ「最後の5周はタイヤが終わっていた」
★MotoGP2017アルゼンチンGP ドヴィツィオーゾ「トップ10を逃したのは残念」
★セーフティーコミッション 2016年フロントタイヤの使用はアメリカズGPへ持ち越し
★ル・マン24時間耐久 開始3時間でのトップはYARTヤマハオフィシャルEWCチーム
★MotoGP2017アメリカGP ザルコのオーバーテイクはアグレッシブ過ぎたのか?
★MotoGP2017ヘレスGP 予選4位ビニャーレス「タイヤ左サイドのスピンが問題」
★MotoGP2017フランスGP ペドロサ「新しい路面の状況が気になる」
★MotoGP2017イタリアGP Q2結果
★MotoGP2017ドイツGP ロッシ「来シーズン初めに現役続行の判断をする」
★MotoGP2017チェコGP ドヴィツィオーゾ「今日は戦略面で学びがあった」
★MotoGP2017予選5位 ダニロ・ペトルッチ「ストレートスピードが遅いことでタイムを失っている」
★MotoGP2017イギリスGP マルケス「300km/hでリアタイヤがロックした」
★MotoGP2017サンマリノGP FP4結果
★MotoGP2017日本GP FP2結果
★MotoGP2017オーストラリアGP 予選11位ドヴィツィオーゾ「スタートが非常に重要」
★MotoGP2017オーストラリアGP 11位レディング「時には自分の事を考える必要がある」