★MotoGP2017日本GP 「ゴールはDucatiをグリッドで最高のバイクに仕上げること」

Ducatiを速く走らせるコツがわかってきたと語るロレンソ選手は「失うものは何もない」と語ります。もてぎはロレンソ選手のライディングスタイルにも合うことから、素晴らしい結果を期待しましょう。

Sponsored Link

ホルへ・ロレンソ

「Ducatiのライディングをどんどん楽しめるようになっています。ただ今年優勝出来るかどうかは定かではありません。最後の4戦はプレシーズンのようには行きません。冬の間はプレッシャーがありませんでしたし。ただ今回はもう少しリスクを冒すことが可能です。転倒しても失うものはありませんから。失うものがないということで、プレッシャーがない状態で走る事が出来ます。」

「ブルノからスピードが増しています。そこからかなり進化していると思いますね。変わったのは物事のコンビネーションです。チームと9ヶ月間共に過ごしていますし、ブルノで前進し、速く走るにはバイクが何を求めているのかがわかってきました。シーズン開幕前に比べると、トップ争いをするのが容易になっています。自分のゴールはタイトルだけではありません。Ducatiをグリッドで最高のバイクに仕上げることなんです。」

(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link