★MotoGP2017日本GP クラッチロー「指の状態はだいぶ良くなってきた」

チーズを切る際に切った指の問題に悩まされ続けてきたクラッチロー選手ですが、だいぶ問題は良くなってきたようです。これからの数戦で過去のレースの結果を取り戻す事が出来るでしょうか。

Sponsored Link

カル・クラッチロー

「今週はどうなるか正直わかりませんね。過去2戦よりも良いレースになることを期待しています。ミサノは良い結果のレースになりませんでしたが、これは自分のミスです。雨の中でプッシュし過ぎてしまったんですよね。ウェットでもドライでもトップ5になれたでしょうし、表彰台の可能性もありました。」

「アラゴンでは転倒しましたが、これもミスです。ただ自分のミスが大きかったとは思いません。フロントブレーキの調整が上手く出来なかったんです。問題は単純にそれだけです。ただ悪い結果が続いてしまいましたから、これからの3戦で取り戻していきたいと思います。」

「指はだいぶ良くなってきました。前はあまり良くなかったんですが、今は動かせるようになってきましたし、特別なグローブを付ける必要も無くなってきました。指を真っ直ぐにしたままライディングする必要もないんです。それにブレーキも調整出来るようになりましたよ。現状はだいぶ良くなってると思いますね。」

「指を固定していたギプスも既に1週間前に外しました。アラゴンの翌日に外したんです。もう1週待つ必要があったんですが、外すことにしました。で、それからは良い感じですね。医者は良い仕事をしてくれたと思います。ただほとんどの場合は暫くは動かせないと言われていました。確かにそうなんですけどいい感じです。もう痛みはないですし、指の皮がちょっと妙な感じというだけですね。」

(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link