★MotoGP2017日本GP ロッシ「現状これ以上打つ手がない状態」

体調の問題とは全く別で、バイクのセッティングに苦戦中のロッシ選手。色々な手を打ったが、現状出来ることがないとのこと。明日の練習走行の中で解決策を見つける事が出来るでしょうか。

Sponsored Link

バレンティーノ・ロッシ

「痛みが少しあるのは大きな問題ではないんです。実際のところ少し苦戦しています。今日は2つのフルウェットの練習走行があり、セッティング作業が出来ましたが、いずれも良い結果ではありません。少し問題があってバイクが乗りにくいんです。十分なリアグリップがないんですよ。コンディションがよくなる事を祈っていますが、明日何か別の事を試してみるかといったところです。

「エントリー、コーナー出口でグリップがありません。色々と試してみましたが、解決策が見えません。そんなわけで非常に心配しています。今のところこれ以上打つ手がない状態です。今週の内容について来年に備えてしっかりと理解することが必要です。コーナーエントリーの段階で非常に遅く、リアにグリップが無くて立ち上がりではスピンしてしまうんです。」

(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link