★MotoGP2017日本GP ビニャーレス「フロントは最高だがリアに問題あり」

雨の走行では苦戦するのでは?という予想通り苦戦しているファクトリーヤマハ勢。色々な事を試しているが、根本的な問題であるリアグリップの不足は変わらないとのこと。

Sponsored Link

マーべリック・ビニャーレス

「アラゴンの自分コメントをそのまま写してもらって大丈夫ですよ。全く同じフィーリングです。常にリアグリップに苦戦しています。色々な変更を施しましたが、結局問題は変わらないんです。今年はスピードと戦闘力を発揮するのが本当に大変です。ソフトタイヤを使用していないのは事実ですが、ライバル達も使用していません。」

「使っていたのはザルコだけです。ギャップが大きすぎて、この差を1週間で詰めるのは難しいです。フロントは最高なんですけど、問題はリアです。グリップに問題があって、このバイクはグリップを感じられないとものすごく乗るのが難しいんです。理解が難しいですね。今年はずっとリアに同じ問題を抱えています。トラクションがなくて常にスライドしてしまうんです。フロントが最高なだけに問題です。」

「グリップが低いサーキットでもフロントの感初期は良いんです。妙ですよね。これはドライでも同様なんです。アラゴンでもリアが最大の問題でした。今年ずっと解決策が見つかっていないので、明日いきなり解決策が見つかるとは思えません。ただけして諦めませんから挑戦していきますし、ベストを尽くします。ミサノではトップまで近いところにいましたが、今回は非常に離されています。ベストを尽くしますよ。ライディングスタイルも色々試しています。メカニカル、そしてエレクトロニクスに関しても色々試しています。当然諦めたくないですからね。ただ、やはり1日で状況を変えるのは難しいですね。」


(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★MotoGP2017カタールテスト2日目 イアンノーネ「新品タイヤで問題が出る」
★MotoGP2017ミシュラン カタールGPプレビュー
★MotoGP2017カタールGP11位 ロレンソ「やるべき事は沢山ある」
★MotoGP2017 リン・ジャービス「チーム内の雰囲気は最高」
★MotoGP2017アメリカGP ザルコ「COTAはセッティングよりも完璧なラインを理解することが大事」
★MotoGP2017アメリカGP イアンノーネ「良いシーズンスタートとは言えない」
★MotoGP2017アメリカGP クラッチロー「COTAはセットアップに時間がかかる」
★MotoGP2017アメリカGP ビニャーレス「優勝のチャンスがあれば当然狙っていく」
★MotoGP2017アメリカGP優勝 マルケス「簡単に見えたかもしれないが難しいレースだった」
★MotoGP2017 5/10時点でのポイントスタンディング
★MotoGP2017 ロレンソ「カタルーニャの最終セクターはホンダ向き」
★MotoGP2017イタリアGP 5位バウティスタ「今回は本当の意味での5位」
★MotoGP2017オランダGP 予選プレスカンファレンス翻訳
★MotoGP2017オランダGP ポル・エスパルガロ「非常に重要でポジティブな結果」
★MotoGP2017チェコGP ペドロサ「明日はタイヤ選択が鍵となる」
★MotoGP2017チェコGP 3位ビニャーレス「良い週末でなかったことを考えると良い結果」
★ヤマハ バイクライフサポートアプリ『RevNote by つながるバイク』とバイク専用ナビゲーションアプリ『ツーリングサポーター』とのサービス連携を開始
★MotoGP2017ミシュランタイヤ アラゴンGPプレビュー
★MotoGP2017アラゴンGP クラッチロー「フロントブレーキに良いフィーリングが無かった」
★MotoGP2017マレーシアGP マルケス「日曜はレースを完走することが目標」