★MotoGP2017日本GP マルケス「現時点で転倒することは問題ない」

練習走行中に軽いハイサイドによって転倒したマルケス選手ですが、今の段階で転倒することに関しては、これから全てをコントロール出来るよう調整して行けば良いので問題ないと語ります。連続表彰台獲得をもてぎでも続ける事が出来るでしょうか。

Sponsored Link

マルク・マルケス

「全体的には良い一日でした。転倒もありましたけどね。正直走り出して良い感触だったんですけど、最後の走行で新品タイヤを履いたんです。これでロングランをするつもりだったんです。ただ何かフィーリングが足りないような感触で、リアグリップに苦戦し始めたんです。」

「こんな状況でもラップタイムは良かったですね。ただその後スロットルをオンにしたところで妙な転倒をしました。通常はあそこでスロットルをオンにしてもトラクションコントロールが働いて無事で済むんですけどね。」

「あの瞬間はあまりにもああいった状況になったのが速かったので、明日にかけて作業が必要ですね。あれだけではなくて、いくつか安全性を高める上で必要な作業があります。こういうことが今の段階で起きるのはいいんです。レースの前ならね。ここから全てをコントロール下におくように作業していくだけですから。」

「ドヴィツィオーゾが午後にスピードを上げてくるというのは予想していました。自分は走り出して3周、4周でタイムを出すライダーですから。自分は限界を早めに見つける事が出来るんでしょうね。これは良いことでもありますが、時にはすぐに限界で走ってしまうという意味で悪い時もあります。」

「ただウェットの中ではコンディションは変わりますからね。今朝は水が多くありましたがバイクに良い感触を得ていました。午後は水が少なくなりましたが、水が少ないほうが良いかというとそういうわけでもないんです。こういう部分を良く理解して、水が少なくなった時のセットアップを詰めたいですね。」

(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link