★2019年Hondaモータースポーツ活動計画概要

Hondaは、2019年のモータースポーツ参戦体制と普及活動計画について、以下の通り発表しました。

 Hondaは創業当時から世界の頂点を目指し、モータースポーツへの挑戦を続けています。これまでさまざまなレースに参戦することで技術と人を磨くとともに、多くのお客様と楽しさ、喜び、感動を共有してきました。そして、今年はマン島T.T.レースに参戦してから60年という節目の年となります。

2019年も二輪、四輪それぞれの最高峰レースに参戦するとともに、日本をはじめとした各地域において、多様なカテゴリーのレースへの参戦を計画しています。
ライダー、ドライバー、エンジニア、メカニックほかチームスタッフをはじめとした、Hondaのモータースポーツ活動に関わる全ての人が「TEAM Honda」として一丸となり、全力で闘っていきます。

<以下、敬称略>

二輪モータースポーツ活動

 FIM※1ロードレース世界選手権 MotoGPクラスでは、2018年シーズンに3年連続5度目のチャンピオンを獲得したマルク・マルケスに加え、3度MotoGPチャンピオンを経験しているホルヘ・ロレンソが「Repsol Honda Team」に加入。Hondaは新体制で3年連続となるMotoGPタイトル三冠達成を目指します。またFIMスーパーバイク世界選手権では、株式会社ホンダ・レーシング(HRC)が「Moriwaki Althea Honda Racing」をサポートすることで参戦体制を強化します。
全日本選手権においてもロードレース、モトクロス、トライアルの最高峰クラスに参戦。モトクロス、トライアルの連覇と、ロードレースでのタイトル奪還による、2017年以来となる全日本選手権三大タイトル制覇に挑みます。

四輪モータースポーツ活動

 パワーユニット(PU)サプライヤーとして参戦するFIA※2フォーミュラ・ワン世界選手権(F1)では、「Scuderia Toro Rosso」に加え、「Red Bull Racing」へのPU供給を開始。2チームへ同一仕様のPUを供給しさらなる進化を図ります。またFIA フォーミュラ・ツー選手権(F2)、FIA フォーミュラ・スリー選手権(F3)への若手ドライバー参戦など、F1を目指すドライバーのチャレンジもサポートしていきます。
国内レースでは、昨シーズンダブルチャンピオンを獲得したSUPER GT GT500クラス、全日本スーパーフォーミュラ選手権においてチーム体制の変更を行い、連覇を目指します。
北米においてはインディカー・シリーズに、佐藤琢磨が2018シーズンと同じく「Rahal Letterman Lanigan Racing」から参戦します。

  • ※1Fédération Internationale de Motocyclisme(国際モーターサイクリズム連盟)の略称
  • ※2Fédération Internationale de l‘Automobile(国際自動車連盟)の略称

《参戦体制概要》  2019年1月11日現在 (外国籍ライダー・ドライバーの出身地には国籍を記載しております)

二輪参戦体制概要

※ “チーム名”の★印はワークスチーム、“マシン”の★印はワークスマシン、“ライダー”の★印はHRC契約を示す

【ロードレース】

FIMロードレース世界選手権(MotoGP)

<MotoGPクラス>

チーム名マシンNo.ライダー年齢出身地2018年戦績
Repsol Honda Team
(レプソル・ホンダ・チーム)
RC213V
93Marc Márquez
(マルク・マルケス)
25スペインMotoGP
チャンピオン
99Jorge Lorenzo
(ホルヘ・ロレンソ)
31スペインMotoGP 9位
LCR Honda CASTROL
(エルシーアール・ホンダ・カストロール)
35Cal Crutchlow
(カル・クラッチロー)
33英国MotoGP 7位
LCR Honda IDEMITSU
(エルシーアール・ホンダ・イデミツ)
30中上 貴晶
(ナカガミ・タカアキ)
26日本MotoGP 20位

<Moto3クラス>

チーム名マシンNo.ライダー年齢出身地2018年戦績
Team Estrella Galicia 0,0
(チーム・エストレーリャ・ガリシア・
ゼロ・ポイント・ゼロ)
NSF250RW
11Sergio García
(セルジオ・ガルシア)
15スペインCEV Moto3 2位
72Alonso López
(アロンソ・ロペス)
17スペインMoto3 23位
Leopard Racing
(レオパード・レーシング)
42Marcos Ramirez
(マルコス・ラミレス)
21スペインMoto3 10位
48Lorenzo Dalla Porta
(ロレンソ・ダラ・ポルタ)
21イタリアMoto3 5位
Team KÖMMERLING Gresini Moto3
(チーム・コマリング・
グレッシーニ・モトスリー)
19Gabriel Rodrigo
(ガブリエル・ロドリゴ)
22アルゼンチンMoto3 7位
54Riccardo Rossi
(リカルド・ロッシ)
16イタリアCEV Moto3 15位
Marinelli Snipers Team
(マリネッリ・スナイパーズ・
チーム)
14Tony Arbolino
(トニ・アルボリーノ)
18イタリアMoto3 18位
76Makar Yurchenko
(マーカー・ユルチェンコ)
20カザフスタンMoto3 30位
PETRONAS Sprinta Racing
(ペトロナス・スプリンタ・
レーシング)
71佐々木 歩夢
(ササキ・アユム)
18日本Moto3 20位
17John McPhee
(ジョン・マクフィー)
24英国Moto3 12位
Honda Team Asia
(ホンダ・チーム・アジア)
27鳥羽 海渡
(トバ・カイト)
18日本Moto3 22位
79小椋 藍
(オグラ・アイ)
17日本CEV Moto3 5位
SIC58 Squadra Corse
(シッチ58・スクアドラ・コルセ)
23Niccolò Antonelli
(ニッコロ・アントネッリ)
22イタリアMoto3 15位
24鈴木 竜生
(スズキ・タツキ)
21日本Moto3 14位

FIMスーパーバイク世界選手権(WSBK)

チーム名マシンNo.ライダー年齢出身地2018年戦績
Moriwaki Althea Honda Racing
(モリワキ・アルティア・
ホンダ・レーシング)
CBR1000RR SP2TBALeon Camier
(レオン・キャミア)
32英国WSBK 12位
TBA清成 龍一
(キヨナリ・リュウイチ)
36日本JRR※3JSB1000
8位
  • ※3All Japan Road Race Championship (全日本ロードレース選手権)の略称

FIM世界耐久選手権(EWC)

チーム名マシンNo.ライダー年齢出身地2018年戦績
F.C.C. TSR Honda France
(エフシーシー・ティーエスアール・
ホンダ・フランス)
CBR1000RR SP21Freddy Foray
(フレディ・フォレイ)
34フランスEWC
チャンピオン
Josh Hook
(ジョシュ・フック)
26オーストラリアEWC
チャンピオン
Mike Di Meglio
(マイク・ディ・メリオ)
30フランスEWC
2位
Honda Endurance Racing
(ホンダ・エンデュランス・
レーシング)
111TBA

EWC最終戦 鈴鹿8時間耐久ロードレース

※ 鈴鹿8時間耐久ロードレース参戦体制については、詳細が決まり次第発表します。

FIMアジアロードレース選手権(ARRC)

※ 今年から新設されるASB1000クラスには、「Honda Asia-Dream Racing(ホンダ・アジア・ドリーム・レーシング)」が「CBR1000RR SP2」をベースとした車両で参戦します。またSS600クラスには、「Astra Honda Racing Team (アストラ・ホンダ・レーシング・チ-ム)」、「A.P. Honda Racing Thailand (エーピー・ホンダ・レーシング・タイランド)」、「MuSASHi Boon Siew Honda Racing (ムサシ・ブンシュウ・ホンダ・レーシング)」の3チームから6台体制で参戦。AP250クラスには「Astra Honda Racing Team」、「A.P. Honda Racing Thailand」から4台で参戦予定です。詳細が決まり次第発表します。

MFJ※4全日本ロードレース選手権(JRR)

<JSB1000クラス>

チーム名マシンNo.ライダー年齢出身地2018年戦績
Team HRC
(チーム・エイチアールシー)
CBR1000RRW
13高橋 巧
(タカハシ・タクミ)
29埼玉県JSB1000
2位
KYB MORIWAKI RACING
(ケーワイビー・モリワキ・
レーシング)
CBR1000RR
SP2
TBA高橋 裕紀
(タカハシ・ユウキ)
34埼玉県JSB1000
5位
テルル MotoUP Racing Team
(テルル・モトアップ・
レーシング・チーム)
090秋吉 耕佑
(アキヨシ・コウスケ)
43福岡県JSB1000
9位
080羽田 大河
(ハダ・タイガ)
20山梨県ARRC SS600
11位
MuSASHi RT HARC-PRO.Honda
(ムサシ・アールティ・
ハルク・プロ・ホンダ)
634水野 涼
(ミズノ・リョウ)
20群馬県JSB1000
11位

Honda Dream RT 桜井ホンダ
(ホンダ・ドリーム・アールティー・
サクライホンダ)

22濱原 颯道
(ハマハラ・ソウドウ)
23神奈川県JSB1000
22位
Team ATJ
(チーム・エイティジェイ)
TBA関口 太郎
(セキグチ・タロウ)
43東京都J-GP2
2位

<J-GP2クラス>

チーム名マシンNo.ライダー年齢出身地2018年戦績
MuSASHi RT HARC-PRO.
(ムサシ・アールティ・
ハルク・プロ)
HP6-q634名越 哲平
(ナゴエ・テッペイ)
21東京都J-GP2
3位
Team 髙武 RSC
(チーム・コウタケ・
アールエスシー)
MD6004作本 輝介
(サクモト・コウスケ)
22鹿児島県J-GP2
4位
SDG Mistresa RT HARC-PRO.
(エスディージー・ミストレーサ・
アールティ・ハルク・プロ)
HP6-q71榎戸 育寛
(エノキド・イクヒロ)
20東京都J-GP2
7位

<ST600クラス>

チーム名マシンNo.ライダー年齢出身地2018年戦績
日本郵便 Honda Dream
(ニッポンユウビン・
ホンダ・ドリーム)
CBR600RR23小山 知良
(コヤマ・トモヨシ)
35神奈川県ST600
2位
55國峰 啄磨
(クニミネ・タクマ)
20群馬県ST600
4位
420亀井 駿
(カメイ・シュン)
20兵庫県ST600
25位
BATTLE FACTORY
(バトル・ファクトリー)
97佐野 優人
(サノ・ユウト)
22大阪府ST600
5位
64伊達 悠太
(ダテ・ユウタ)
20広島県J-GP2
8位
SDG Mistresa RT HARC-PRO.
(エスディージー・ミストレーサ・
アールティ・ハルク・プロ)
71上原 大輝
(ウエハラ・ダイキ)
21長野県ST600
11位
MOTO BUM HONDA
(モトバム・ホンダ)
13杉山 優輝
(スギヤマ・ユウキ)
20埼玉県ST600
13位
TBA荒川 晃大
(アラカワ・コウタ)
16東京都筑波ロードレース選手権
NAT ST600クラス1位
鈴鹿サンデーロードレース選手権
NAT ST600クラス 1位
テルル MotoUP Racing Team
(テルル・モトアップ・
レーシング・チーム)
090斉藤 魁
(サイトウ・カイ)
18東京都JP250 NAT
5位
  • ※4Motorcycle Federation of Japan(一般財団法人 日本モーターサイクルスポーツ協会)の略称

【モトクロス】

FIMモトクロス世界選手権(MXGP)

<MXGPクラス>

チーム名マシンNo.ライダー年齢出身地2018年戦績
Team HRC
(チーム・エイチアールシー)
CRF450RW
243Tim Gajser
(ティム・ガイザー)
22スロベニアMXGP
4位
189Brian Bogers
(ブライアン・ボジャーズ)
22オランダMXGP
37位

<MX2クラス>

チーム名マシンNo.ライダー年齢出身地2018年戦績
Team HRC
(チーム・エイチアールシー)
CRF250RW
10Calvin Vlaanderen
(カルバン・ファランデレン)
22南アフリカMX2
6位

AMA※5スーパークロス世界選手権(450SX)

チーム名マシンNo.ライダー年齢出身地2018年戦績
Team Honda HRC
(チーム・ホンダ・エイチアールシー)
CRF450R94Ken Roczen
(ケン・ロクスン)
24ドイツ450SX
18位
14Cole Seely
(コール・シーリー)
28米国450SX
17位
  • ※5American Motorcyclist Association(米国モーターサイクリスト協会)の略称

AMAモトクロス選手権(450MX)

チーム名マシンNo.ライダー年齢出身地2018年戦績
Team Honda HRC
(チーム・ホンダ・エイチアールシー)
CRF450R94Ken Roczen
(ケン・ロクスン)
24ドイツ450MX
3位
14Cole Seely
(コール・シーリー)
28米国
718富田 俊樹
(トミタ・トシキ)
28石川県450MX
14位

MFJ全日本モトクロス選手権(JMX)

<IA1クラス>

チーム名マシンNo.ライダー年齢出身地2018年戦績
Team HRC
(チーム・エイチアールシー)
CRF450RW
114成田 亮
(ナリタ・アキラ)
38青森県IA1
チャンピオン
400山本 鯨
(ヤマモト・ケイ)
27埼玉県IA1
2位
TEAM HAMMER
(チーム・ハマー)
CRF450R6星野 裕
(ホシノ・ユタカ)
32広島県IA1
6位
Bells Racing MORIWAKI
SoCal MXTF
(ベルズレーシング・モリワキ・
ソーキャル エムエックスティーエフ)
44小島 庸平
(コジマ・ヨウヘイ)
33三重県IA1
7位
T.E.SPORT
(ティー・イー・スポーツ)
155大塚 豪太
(オオツカ・ゴウタ)
22栃木県IA1
10位
TBA小野 千成
(オノ・カズノリ)
19東京都IA1
17位
Team Sakurai
(チーム・サクライ)
TBA長門 健一
(ナガト・ケンイチ)
23広島県IA1
23位
Team TARGET
(チーム・ターゲット)
322横澤 拓夢
(ヨコサワ・タクム)
20岩手県IA2
8位

<IA2クラス>

チーム名マシンNo.ライダー年齢出身地2018年戦績
Bells Racing MORIWAKI
SoCal MXTF
(ベルズレーシング・モリワキ・
ソーキャル エムエックスティーエフ)
CRF250R40大城 魁之輔
(オオシロ・カイノスケ)
19沖縄県IA2
9位
TEAM KOHSAKA
(チーム・コウサカ)
TBA道脇 右京
(ミチワキ・ウキョウ)
24愛知県IA2
12位
TEAM HAMMER
(チーム・ハマー)
TBA鈴村 英喜
(スズムラ・エイキ)
19石川県IA2
27位
Team ITOMO
(チーム・イトモ)
TBA森 優介
(モリ・ユウスケ)
20熊本県IA2
23位
TBA奥村 海
(オクムラ・カイ)
20愛知県IA2
41位
TES with 正武塗装工業
(ティー・イー・スポーツ・ウィズ・
セイブトソウコウギョウ)
010倉持 陵生
(クラモチ・リョウ)
20茨城県IBOP
10位

<レディスクラス(LMX)>

チーム名マシンNo.ライダー年齢出身地2018年戦績
T.E.SPORT
(ティー・イー・スポーツ)
CRF150RⅡ2川井 麻央
(カワイ・マナカ)
16埼玉県LMX
2位
10小野 彩葉
(オノ・イロハ)
16東京都LMX
10位
TEAM HAMMER
(チーム・ハマー)
4竹内 優菜
(タケウチ・ユウナ)
21静岡県LMX
4位
Team ITOMO
(チーム・イトモ)
7勝股 七海
(カツマタ・ナナミ)
24千葉県LMX
7位

【トライアル】

FIMトライアル世界選手権(TrialGP)

チーム名マシンNo.ライダー年齢出身地2018年戦績
Repsol Honda Team
(レプソル・ホンダ・チーム)
COTA4RT
1Toni Bou
(トニー・ボウ)
32スペインTrialGP
チャンピオン
6藤波 貴久
(フジナミ・タカヒサ)
38日本TrialGP
6位

MFJ全日本トライアル選手権(JTR)

チーム名マシンNo.ライダー年齢出身地2018年戦績
TEAM MITANI Honda
(チーム・ミタニ・ホンダ)
RTL300R1小川 友幸
(オガワ・トモユキ)
42三重県IAS
チャンピオン

※印はHRCの契約テストライダー

ダカールラリー2019

チーム名マシンNo.ライダー年齢出身地2018年戦績
Monster Energy Honda Team
(モンスターエナジー・ホンダ・チーム)
CRF450
RALLY
47Kevin Benavides
(ケビン・ベナバイズ)
30アルゼンチンダカールラリー
2位
5Joan Barreda
(ホアン・バレダ)
35スペインダカールラリー
参戦
2Paulo Goncalves
(パウロ・ゴンサルヴェス)
39ポルトガルクロスカントリー
ラリー世界選手権
4位
15Ricky Brabec
(リッキー・ブラベック)
27米国ダカールラリー
参戦
10José Ignacio Cornejo
(ホセ・イグナシオ・コルネホ)
24チリダカールラリー
10位

四輪参戦体制概要

FIAフォーミュラ・ワン世界選手権(F1)

チーム名No.ドライバー年齢出身地2018年戦績
Aston Martin Red Bull Racing
(アストンマーティン・
レッドブル・レーシング)
10Pierre Gasly
(ピエール・ガスリー)
22フランスF1
15位
33Max Verstappen
(マックス・フェルスタッペン)
21オランダF1
4位
Red Bull Toro Rosso Honda
(レッドブル・トロロッソ・ホンダ)
23Alexander Albon
(アレクサンダー・アルボン)
22タイF2
3位
26Daniil Kvyat
(ダニール・クビアト)
24ロシア

SUPER GT<GT500クラス>

チーム名No.ドライバー年齢出身地2018年戦績
TEAM KUNIMITSU
(チーム・クニミツ)
1山本 尚貴
(ヤマモト・ナオキ)
30栃木県GT500
チャンピオン
Jenson Button
(ジェンソン・バトン)
38英国
AUTOBACS RACING TEAM AGURI
(オートバックス・レーシング・
チーム・アグリ)
8野尻 智紀
(ノジリ・トモキ)
29茨城県GT500
3位
伊沢 拓也
(イザワ・タクヤ)
34東京都
TEAM MUGEN
(チーム・ムゲン)
16武藤 英紀
(ムトウ・ヒデキ)
36東京都GT500
15位
中嶋 大祐
(ナカジマ・ダイスケ)
29愛知県
KEIHIN REAL RACING
(ケーヒン・リアル・レーシング)
17塚越 広大
(ツカコシ・コウダイ)
32栃木県GT500
7位
Bertrand Baguette
(ベルトラン・バゲット)
32ベルギーGT500
19位
Modulo Nakajima Racing
(モデューロ・ナカジマ・レーシング)
64Narain Karthikeyan
(ナレイン・カーティケヤン)
41インドSF
16位
牧野 任祐
(マキノ・タダスケ)
21大阪府F2
13位

全日本スーパーフォーミュラ選手権(SF)

チーム名No.ドライバー年齢出身地2018年戦績
DOCOMO TEAM DANDELION RACING
(ドコモ・チーム・ダンディライアン・レーシング)
1山本 尚貴
(ヤマモト・ナオキ)
30栃木県SF
チャンピオン
5福住 仁嶺
(フクズミ・ニレイ)
21徳島県F2 17位
TEAM MUGEN
(チーム・ムゲン)
15Daniel Ticktum
(ダニエル・ティクトゥム)
19英国FIA Formula 3 European Championship
2位
16野尻 智紀
(ノジリ・トモキ)
29茨城県SF
7位
REAL RACING
(リアル・レーシング)
17Tristan Charpentier
(トリスタン・ シャルパンティエ)
18フランスBritish F3
12位
B-Max Racing team
(ビーマックス・レーシング・チーム)
50Lucas Auer
(ルーカス・アウアー)
24オーストリアDTM
7位
TBAHarrison Newey
(ハリソン・ニューウェイ)
20英国

European Le Mans Series LMP2
12位

TCS NAKAJIMA RACING
(ティーシーエス・ナカジマ・レーシング)
64Alex Palou
(アレックス・パロウ)
21スペインFIA Formula 3 European Championship
7位
65牧野 任祐
(マキノ・タダスケ)
21大阪府F2
13位

インディカー・シリーズ

チーム名No.ドライバー年齢出身地2018年戦績
Rahal Letterman Lanigan Racing
(レイホール・レターマン・ラニガン・レーシング)
TBA佐藤 琢磨
(サトウ・タクマ)
41東京都インディカー・シリーズ
12位

カスタマーレース

 Hondaは、市販車をベースとしたレースカテゴリーにおいて、マシンの供給はもとより、より多くのチームにコンペティティブな戦いを繰り広げていただけるようカスタマーサービス体制を強化し、各チームとともにチャレンジしていきます。
2018年から開催となった「FIAワールド・ツーリングカー・カップ(WTCR)」に加え、世界各地で活況なTCRシリーズや耐久レースに向けては、CIVIC TYPE Rをベースとした「CIVIC TCR」を供給。さらに、北米、日本、欧州をはじめとした世界各地のGT選手権や耐久レースに向けては「NSX GT3」を供給します。

FIAワールド・ツーリングカー・カップ(WTCR)

※ 参戦チームについては、詳細が決まり次第Hondaホームページにて発表します。

SUPER GT<GT300クラス>

チーム名No.ドライバー年齢出身地2018年戦績
TEAM UPGARAGE
(チーム・アップガレージ)
18小林 崇志
(コバヤシ・タカシ)
31広島県GT300
12位
松浦 孝亮
(マツウラ・コウスケ)
39愛知県GT500
19位
Modulo Drago CORSE
(モデューロ・ドラゴ・コルセ)
34道上 龍
(ミチガミ・リョウ)
45奈良県GT300
14位
大津 弘樹
(オオツ・ヒロキ)
24埼玉県
AUTOBACS RACING TEAM AGURI
(オートバックス・レーシング・チーム・アグリ)
55高木 真一
(タカギ・シンイチ)
48山口県GT300
2位
福住 仁嶺
(フクズミ・ニレイ)
21徳島県F2 17位

※CARGUY Racing(カーガイ・レーシング)は参戦継続に向けて検討中です

IMSAウェザーテック・スポーツカー・チャンピンシップ<GTDクラス>

チーム名No.ドライバー年齢出身地2018年戦績

Heinricher Racing LLC with Meyer Shank Racing
(ハインリチァー・レーシング・LLCウィ
ズ マイヤー・シャンク・レーシング)

57Katherine Legge
(キャサリン・レッグ)
38英国GTD
2位
Jackie Heinricher
(ジャッキー・ハインリチァー)
※デイトナ24時間以外参戦
57

アメリカ

Simona De Silvestro
(シモーナ・デ・シルベストロ)
30スイス
Bia Figueiredo
(ビア・フィギュエイレド)
33ブラジル
Christina Nielsen
(クリスティーナ・ニールセン)
※デイトナ24時間のみ参戦
26デンマークGTD
7位

Meyer Shank Racing
(マイヤー・シャンク・レーシング)

86Trent Hindman
(トレント・ハインドマン)
23アメリカGTD
25位
Mario Farnbacher
(マリオ・ファーンバッカー)
26ドイツGTD
13位
Justin Marks
(ジャスティン・マークス)
37

アメリカ

GTD
9位
AJ Allmendinger
(AJ・オルメンディンガー)
37

アメリカ

GTD
47位

若手ライダー・ドライバーのトップカテゴリー参戦へ向けた取り組み

 ロードレースでは二輪モータースポーツへの関心が急速に高まるアジア地域においてHondaのレース活動と連動し、MotoGPクラスへのチャレンジという若手ライダーの夢の具現化を目指しています。今シーズンもMotoGPのMoto2、Moto3クラスに参戦する「Honda Team Asia」へのサポートを継続し、また、ステップアップの場として、FIM CEVレプソルMoto3ジュニア世界選手権のサポートを継続します。加えて、若手育成のプログラムとして「IDEMITSU Asia Talent Cup(イデミツ・アジア・タレント・カップ)」を引き続き活用し、世界で活躍できるライダーのさらなる発掘・育成に取り組みます。
モトクロスでは全日本選手権へ参戦するチーム、ライダーの国内合同練習会をはじめ、将来有望な若手ライダーによる海外キャンプや世界選手権への参戦などの育成プログラムを継続します。

 四輪においては、モータースポーツ界で活躍する若手ドライバーの発掘・ステップアップを目的としたプログラム「Honda フォーミュラ・ドリーム・プロジェクト(HFDP)」の展開を継続。松下信治が2年ぶりにFIA-F2に「CARLIN」から参戦し、角田裕毅と名取鉄平がFIA-F4からFIA-F3にステップアップし参戦します。
国内では、モータースポーツ界で活躍する有能な若手ドライバーのステップアップに向けて、全日本F3選手権、ジュニア・フォーミュラレースである「FIA-F4選手権」※6に参戦するドライバーをサポートします。

  • ※6国際自動車連盟がレーシングカートからF3へのステップアップを目指す若手ドライバーの育成を主な目的として世界各国で展開を目指すカテゴリー

《二輪》

FIMロードレース世界選手権(MotoGP)

<Moto2クラス>

チーム名マシンNo.ライダー年齢出身地2018年戦績
IDEMITSU Honda Team Asia
(イデミツ・ホンダ・
チーム・アジア)
KALEX20Dimas Ekky Pratama
(ディマス・エッキー・プラタマ)
26インドネシアCEV Moto2
5位
35Somkiat Chantra
(ソムキャット・チャントラ)
20タイCEV Moto3
9位

<Moto3クラス>

チーム名マシンNo.ライダー年齢出身地2018年戦績
Honda Team Asia
(ホンダ・チーム・アジア)
NSF250RW
27鳥羽 海渡
(トバ・カイト)
18日本Moto3 22位
79小椋 藍
(オグラ・アイ)
17日本CEV Moto3
5位

FIM CEVレプソルMoto3ジュニア世界選手権

チーム名マシンNo.ライダー年齢出身地2018年戦績
Asia Talent Team
(アジア・タレント・チーム)
NSF250RW
TBA國井 勇輝
(クニイ・ユウキ)
15東京都CEV Moto3
6位
TBA埜口 遥希
(ノグチ・ハルキ)
16奈良県IATC
2位
TBABill Van Eerde
(ビリー・バン・エールデ)
16オーストラリアIATC
チャンピオン
Astra Honda Racing Team
(アストラ・ホンダ・レーシング・チーム)
TBAMario Aji
(マリオ・アジ)
14インドネシアIATC
5位

ヨーロッパモトクロス選手権(EMX)<EMX250>

チーム名マシンNo.ライダー年齢出身地2018年戦績
Honda 114 Motorsports
(ホンダ・114・モータースポーツ)
CRF250R341能塚 智寛
(ノウツカ・チヒロ)
22福岡県JMX IA2
2位

《四輪》

FIA フォーミュラ・ツー選手権(F2)

チーム名No.ドライバー年齢出身地2018年戦績
Carlin
(カーリン)
TBA松下 信治
(マツシタ・ノブハル)
25埼玉県SF
10位

FIAフォーミュラ・スリー選手権(F3)

チーム名No.ドライバー年齢出身地2018年戦績
Jenzer Motorsport
(イェンツァー・モータースポーツ)
TBA角田 裕毅
(ツノダ・ユウキ)
18神奈川県FIA-F4選手権<日本>
チャンピオン
Carlin Buzz Racing
(カーリン・バズ・レーシング)
TBA名取 鉄平
(ナトリ・テッペイ)
18山梨県FIA-F4選手権<日本>
2位

全日本フォーミュラ・スリー選手権(全日本F3)

チーム名No.ドライバー年齢出身地2018年戦績
TODA RACING
(トダ・レーシング)
TBA大湯 都史樹
(オオユ・トシキ)
20北海道全日本F3
6位

FIA-F4選手権<日本>

チーム名No.ドライバー年齢出身地2018年戦績
HFDP/SRS/コチラレーシングTBA三宅 淳詞
(ミヤケ・アツシ)
19三重県SRS-Formula
スカラシップ

<ご参考>

 (株)モビリティランドでは、「モータースポーツで世界に通用する選手を育成する」ことを目的として、1992年に二輪の「鈴鹿サーキットレーシングスクール ジュニア」を設立。1993年に「鈴鹿サーキットレーシングスクール カート(SRS-Kart)」、1995年には「鈴鹿サーキットレーシングスクール フォーミュラ(SRS-Formula)」を開校し、トップライダー、トップドライバーを講師に迎え運営しています。これまでに数多くの卒業生が国内外の二輪・四輪それぞれのカテゴリーで活躍してきました。
二輪においては、MotoGPなどの世界選手権で通用する選手を輩出するため、2016年度より鈴鹿サーキットレーシングスクール ジュニアの育成制度とカリキュラム・使用車両をリニューアルし、名称を「SRS-Moto」へ変更しています。
また、四輪においては、2019年よりSRS-KartおよびSRS-Formulaの体制を変更。佐藤琢磨氏がPrincipalに、中野信治氏がVice Principalに就任し、選手育成の環境をより一層強化していきます。

モータースポーツ普及活動

 Hondaは、モータースポーツの普及にも積極的に取り組んでいます。モータースポーツ初心者でも気軽に楽しめるイベントを開催するなど、幅広い層の皆さまにモータースポーツの魅力を伝えることを目的としたさまざまな活動を行っています。

株式会社ホンダ・レーシング(HRC)ワンメイクレース シリーズ

 HRCによるワンメイクレースは、モータースポーツを楽しむカテゴリーと将来のMotoGPライダー育成を目的としたカテゴリーに分かれ、全国約30ヵ所のサーキットで年間400レース以上開催されています。
市販車両を使用した「HRC GROM Cup」、「CBR250R Dream Cup」、「CBR250RR Dream Cup」をはじめ、HRCの市販レーサーを使用したミニバイククラスの「NSF100 HRCトロフィー」、および将来のMotoGPライダーを育成するための「HRC NSF250R Challenge」も開催しています。
これらのHRCワンメイクレースシリーズは、全国各地のサーキットで開催され、一定の条件を満たした参加者を対象に全国大会(鈴鹿/もてぎ)の実施や、育成クラスのステップアップ支援制度など、参加者がレースを楽しんだり、夢を実現したりするプログラムとなっています。

Honda Sports & Eco Program

 (株)モビリティランドと(株)M-TECが共同で運営する参加型モータースポーツ「Honda Sports & Eco Program」は「Ecoでスポーツする。」をテーマに2012年から始まりました。環境とスポーツドライビングの両立を目指し、レース仕様の車両をレンタルして、「操る・磨く・競う」楽しさを気軽に体感できるモータースポーツです。入門者でも安心してレースデビューを目指せる4段階のスクールプログラムと、年4回のレースプログラムを継続して提供するほか、初級者から上級者まで、より多くの方が手軽にモータースポーツを体験いただける料金プランを設定するなど、充実した内容で展開していきます。

FIT 1.5 Challenge CUP

 (株)モビリティランドと(株)岡山国際サーキット、(株)菅生で展開される「FIT(フィット)」によるワンメイクレース「FIT 1.5 Challenge CUP」は、昨年に引き続き、JAF準国内格式競技として、「鈴鹿・岡山ツーリングカー選手権」と「もてぎ・菅生ツーリングカー選手権」が開催されます。

N-ONE OWNER‘S CUP

 軽自動車「N-ONE」による参加型モータースポーツ「N-ONE OWNER‘S CUP」は、レース入門者をはじめとした、より多くの方に参加いただけるレースを目指し、2014年から開催しているナンバー(車両番号標)付き車両によるスプリントレースです。ご好評をいただいているコンセプトはそのままに、今年も8ヵ所(鈴鹿サーキット、ツインリンクもてぎ、岡山国際サーキット、富士スピードウェイ、オートポリス、スポーツランドSUGO、十勝スピードウェイ、筑波サーキット)で開催。レース初心者へのサポートをさらに充実させていきます。

Honda エコ マイレッジ チャレンジ 2019

 Hondaは、環境にスポットを当て、創造力と自由な発想、そして技術を結集した手作りのマシンを使って、1Lのガソリンで何km走行できるかを競う「Honda エコ マイレッジ チャレンジ」を、1981年から開催しています。今年で39回目となるこの大会に、初回大会以来、のべ1万4000を超えるチームが参加しています。また日本国内だけでなく、タイ、中国、ベトナムにおいても開催しています。

Honda エコ マイレッジ チャレンジ 2019 国内開催スケジュール

開催日程大会名開催会場
6月15日(土)Honda エコ マイレッジ チャレンジ 2019 第33回 鈴鹿大会鈴鹿サーキット 東コース
(三重県)
6月22日(土)Honda エコ マイレッジ チャレンジ 2019 第11回 もてぎ大会ツインリンクもてぎ 西コース
(栃木県)
8月3日(土):練習走行
8月4日(日):決勝
Honda エコ マイレッジ チャレンジ 2019 第35回 九州大会HSR九州 サーキットコース
(熊本県)
9月28日(土):練習走行
9月29日(日):決勝
本田宗一郎杯 Honda エコ マイレッジ チャレンジ 2019
第39回 全国大会
ツインリンクもてぎ
スーパースピードウェイ
(栃木県)

モースポフェス2019 SUZUKA~モータースポーツファン感謝デー~

 2019年3月2日(土)・3日(日)に鈴鹿サーキット(三重県鈴鹿市)において、トヨタ自動車株式会社(本社:愛知県豊田市 代表取締役社長:豊田章男)と株式会社モビリティランド(本社:三重県鈴鹿市 代表取締役社長:山下晋)との3社共催イベント「モースポフェス2019 SUZUKA~モータースポーツファン感謝デー~」を開催します。国際的な二輪・四輪レースを開催する鈴鹿サーキットを舞台に、TOYOTA GAZOO Racing※7とHondaそれぞれの、世界選手権をはじめとする国内外のカテゴリーで活躍するマシンやドライバー、ライダーが出演。モータースポーツファンの方はもちろん、これまでレースやラリーを観戦したことのない皆さまにも、モータースポーツの迫力や魅力を体感いただけるコンテンツをご用意します。

  • ※7トヨタ自動車株式会社のモータースポーツ活動およびその関連活動の総称

Honda Racing THANKS DAY 2019

 Hondaは、モータースポーツファンの皆様に対する感謝イベント「Honda Racing THANKS DAY 2019」を今年もツインリンクもてぎで開催します。日程やプログラムは決定次第、ホームページにてご案内します。

Enjoy Honda 2019

 Hondaのモータースポーツや、二輪・四輪・パワープロダクツ製品を「見て、遊んで、体感する」ことを目的としたイベント「Enjoy Honda」を全国各地で開催※8しています。
今年は熊本県、三重県、愛媛県、宮城県、新潟県、栃木県、岡山県での開催に加え、初の開催会場として、石川県の石川産業展示館、静岡県のレインボー浜名湖、大阪府の大阪万博記念公園の3会場を加えた全10会場で開催します。
なお、鈴鹿サーキット、ツインリンクもてぎにおいては、2&4レースと併催します。

Enjoy Honda 2019 開催スケジュール

開催日程開催会場併催レース
4月6日(土)~4月7日(日)HSR九州
(熊本県)
4月20日(土)~21日(日)鈴鹿サーキット
(三重県)
MFJ全日本ロードレース選手権
全日本スーパーフォーミュラ選手権
5月11日(土)~12日(日)アイテム愛媛
(愛媛県)
5月25日(土)~26日(日)石川産業展示館
(石川県)
6月22日(土)~23日(日)スポーツランドSUGO
(宮城県)
全日本スーパーフォーミュラ選手権
7月13日(土)~14日(日)ハイブ長岡
(新潟県)
7月20日(土)~21日(日)レインボー浜名湖
(静岡県)
8月17日(土)~18日(日)ツインリンクもてぎ
(栃木県)
MFJ全日本ロードレース選手権
全日本スーパーフォーミュラ選手権
9月15日(日)~16日(月・祝)大阪万博記念公園
(大阪府)
9月28日(土)~29日(日)岡山国際サーキット
(岡山県)
全日本スーパーフォーミュラ選手権
  • 2019年1月11日現在の開催スケジュールです

<ご参考:<(株)モビリティランドで行う主な国際レースについて>

 (株)モビリティランドは、さまざまなレースやイベントを開催し、日本のモータースポーツ文化のさらなる発展への貢献を目指しています。
鈴鹿サーキットは、日本初の本格レーシングコースとして1962年に開場して以来、50年以上の長い歴史を経て、これまで多くのレースを開催してきました。昨年、鈴鹿サーキットで30回目の開催となったF1日本グランプリのほか、FIM世界耐久選手権(EWC)の最終戦として開催される鈴鹿8耐や、昨年初開催したFIA-GT3車両の世界統一戦と称される鈴鹿10時間耐久レースなども開催します。ツインリンクもてぎは、開業初期から継続開催しているFIMロードレース世界選手権(MotoGP)のほか、FIMトライアル世界選手権(TrialGP)など、年間を通してさまざまなレース、イベントを開催します。

主な国際レースの開催スケジュール

カテゴリー開催日程大会名開催会場
TrialGP6月8日(土)~9日(日)2019 FIM トライアル世界選手権
第2戦 ストライダー日本グランプリ
ツインリンクもてぎ
(栃木県)
ARRC6月28日(金)~30日(日)2019 FIM アジアロードレース選手権
日本ラウンド
鈴鹿サーキット
(三重県)
EWC7月25日(木)~28日(日)2018-2019 FIM 世界耐久選手権 最終戦
“コカ・コーラ” 鈴鹿8時間耐久ロードレース
第42回大会
鈴鹿サーキット
(三重県)
IGTC※98月23日(金)~25日(日)THE 48TH SUMMER ENDURANCE
SUZUKA 10 HOURS ENDURANCE RACE
鈴鹿サーキット
(三重県)
F110月11日(金)~13日(日)2019 FIA F1世界選手権
第17戦 日本グランプリレース
鈴鹿サーキット
(三重県)
MotoGP10月18日(金)~20日(日)2019 FIM MotoGP™世界選手権シリーズ 第16戦
日本グランプリ
ツインリンクもてぎ
(栃木県)
WTCR10月25日(金)~27日(日)FIA WORLD TOURING CAR CUP
PRESENTED BY OSCARO RACE of Japan
鈴鹿サーキット
(三重県)

(Source: Honda)