★ホンダ クルーザーモデル「レブル250」「レブル500」のカラーリングを変更し発売

Hondaは、タフでクールなイメージのスタイリングと、軽量で取り回しやすいサイズの車体に、扱いやすい出力特性のエンジンを搭載したクルーザーモデル「レブル250」「レブル500」のカラーリングを変更し、レブル250は1月25日(金)に、レブル500は2月15日(金)に発売します。

Sponsored Link

 レブル250では、「パールカデットグレー」「マットフレスコブラウン」の2色を新たに設定。従来色の「グラファイトブラック」「マットアーマードシルバーメタリック」と合わせ、全4色のカラーバリエーションとしました。

 また、レブル500には「グラファイトブラック」を新たに設定し、従来色の「マットアーマードシルバーメタリック」と合わせた全2色のカラーバリエーションとしています。
さらに、レブル250、レブル500ともにフレーム色をマットブラックに変更することで、タフでクールなイメージをより強調しました。

 レブル250、レブル500は、「モーターサイクルのある楽しみ、喜びを、もっと多くのお客様へ」を目的に開発され、低回転域からトルクフルで扱いやすく、高回転域へと気持ちよく伸びていくフィーリングのエンジン出力特性や、690mmの低シート高と軽量で取り回しやすい車体のサイズなどにより、幅広い層のお客様からご好評をいただいています。

販売計画台数(国内・年間)

レブル250

3,200台

レブル500

500台

メーカー希望小売価格(消費税8%込み)

レブル250

537,840円(消費税抜本体価格 498,000円)

レブル250〈ABS〉

588,600円(消費税抜本体価格 545,000円)

レブル500

785,160円(消費税抜本体価格 727,000円)

  • 価格(リサイクル費用を含む)には保険料・税金(消費税を除く)・登録などに伴う諸費用は含まれておりません

主要諸元

通称名 レブル250 レブル500
車名・型式 ホンダ・2BK-MC49 ホンダ・2BL-PC60
全長×全幅×全高 (mm) 2,190×820×1,090
軸距 (mm) 1,490
最低地上高 (mm)★ 150 135
シート高 (mm)★ 690
車両重量 (kg) 168〔170〕 190
乗車定員 (人) 2
燃料消費率※1(km/L) 国土交通省届出値
定地燃費値※2(km/h)
46.5(60)
<2名乗車時>
40.2(60)
<2名乗車時>
WMTCモード値★
(クラス)※3
34.1(クラス2-2)
<1名乗車時>
27.0(クラス3-2)
<1名乗車時>
最小回転半径 (m) 2.8
エンジン型式・種類 MC49E・水冷 4ストローク DOHC 4バルブ 単気筒 PC60E・水冷 4ストローク DOHC 4バルブ 直列2気筒
総排気量 (cm3) 249 471
内径×行程 (mm) 76.0×55.0 67.0×66.8
圧縮比 ★ 10.7 10.7
最高出力 (kW[PS]/rpm) 19[26]/9,500 34[46]/8,500
最大トルク (N・m[kgf・m]/rpm) 22[2.2]/7,750 43[4.4]/6,500
燃料供給装置形式 電子式<電子制御燃料噴射装置(PGM-FI)>
始動方式 ★ セルフ式
点火装置形式 ★ フルトランジスタ式バッテリー点火
潤滑方式 ★ 圧送飛沫併用式
燃料タンク容量 (L) 11
クラッチ形式 ★ 湿式多板コイルスプリング式
変速機形式 常時噛合式6段リターン
変速比 1 速 3.416 3.285
2 速 2.250 2.105
3 速 1.650 1.600
4 速 1.350 1.300
5 速 1.166 1.150
6 速 1.038 1.043
減速比(1次★/2次) 2.807/2.571 2.029/2.666
キャスター角(度)★/トレール量(mm)★ 28°00´/110
タイヤ 130/90-16M/C 67H
150/80-16M/C 71H
ブレーキ形式 油圧式ディスク
油圧式ディスク
懸架方式 テレスコピック式
スイングアーム式
フレーム形式 ダイヤモンド

〔 〕内はABS仕様
レブル250
■道路運送車両法による型式認定申請書数値(★の項目はHonda公表諸元)
*製造事業者/Thai Honda Manufacturing Co., Ltd. 製造国/タイ 輸入事業者/本田技研工業株式会社
レブル500
■道路運送車両法による型式指定申請書数値(★の項目はHonda公表諸元)
*製造事業者/本田技研工業株式会社

  • ※1燃料消費率は定められた試験条件のもとでの値です。お客様の使用環境(気象、渋滞など)や運転方法、車両状態(装備、仕様)や整備状態などの諸条件により異なります
  • ※2定地燃費値は、車速一定で走行した実測にもとづいた燃料消費率です
  • ※3WMTCモード値は、発進、加速、停止などを含んだ国際基準となっている走行モードで測定された排出ガス試験結果にもとづいた計算値です。走行モードのクラスは排気量と最高速度によって分類されます


(Source: ホンダ)

(Photo courtesy of ホンダ)

Sponsored Link