★MotoGP2017オーストラリアGP 2位ロッシ「他のライダー同様”頭の悪い”走りが必要だった」

日本GPの後に素晴らしいレースを見せてくれたロッシ選手。スタートから力強い走りでマルケス選手、ザルコ選手、ビニャーレス選手、イアンノーネ選手とデッドヒートを繰り広げました。ザルコ選手とのバトルが長引いていなければマルケス選手を追うことも出来たかもしれませんが、本人はプレスカンファレンスでもバトルを実に楽しんだと話しています。

Sponsored Link

Q

「バレ、フィリップアイランドで2位獲得おめでとうございます。素晴らしくエキサイティングなレースでした。今日は激しい戦いの後に、左肩にはタイヤ痕が残っていますね。」

決勝2位 バレンティーノ・ロッシ

「本当に最高のレースでした。このトラックは本当に信じられないようなトラックですし、レースは実に素晴らしかったですね。フロントにいるライダー達は皆アグレッシブだったので、自分も彼らより”頭の悪い”走りをする必要がありました。はっはっは(笑)とにかく、彼らよりアグレッシブに走る必要があって、今日はザルコ、イアンノーネ、マルケス、ビニャーレスと素晴らしいバトルになりました。表彰台を獲得するために全力を尽くしました。最後にこうして2位を獲得出来たのは本当に嬉しいですし、チーム全員に感謝したいですね。」

(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★MotoGP2017カタールテスト3日目 ペドロサ「テストごとに自信が高まっている」
★マイク・ウェッブはどのようにしてMotoGPのレースディレクターになったのか?
★MotoGP2017 ヨハン・ザルコ「初めてのMotoGPレースに興奮」
★MotoGP2017アメリカGP ビニャーレス「妙な転倒だった。さらに強い状態でヘレスを目指す」
★MotoGPヘレステスト 各チームのコメント MarcVDSホンダ
★MotoGP2017フランスGP ロレンソ「自分にとってル・マンは特別なトラック」
★ヤマハ 2012年の創設から6年連続の受賞 インドのデザイン賞「インディアデザインマーク(I Mark)」を受賞
★ヤマハ 鈴鹿8耐3連覇を目指し、ファクトリー体制の2チームが参戦
★MotoGP 2017カタルーニャGPのブレーキングをブレンボが徹底解説
★MotoGP2017チェコGP Q2結果
★MotoGP2017チェコGP ドヴィツィオーゾ「今日は戦略面で学びがあった」
★MotoGP2017イギリスGP 6位ザルコ「最後はロレンソに勝てると思っていた」
★MotoGP2017ロッシ 「現実的にはもてぎでレースに復帰する形だが、アラゴン出場を目指している」
★MotoGP2017アラゴンGP2位 ペドロサ「アタックするタイミングを決めるが難しかった」
★ホンダ 2017 FIM MotoGP™ 世界選手権シリーズ 第15戦「日本グランプリ ファンミーティング」
★ホンダ FIM MotoGP世界選手権で二年連続コンストラクターズタイトルを獲得
★ヤマハ フロント2輪の3輪バイク新製品 ロードスポーツ「NIKEN」を「EICMA」に出展
★MotoGP2017バレンシアGP FP3結果
★MotoGP2017バレンシアGP ロッシ「2017年型のM1で走っていて快適だったことは一度もない」
★MotoGP2017バレンシアGP チャンピオンシップ優勝プレスカンファレンス