アナ・カラスコ「100%ではないし痛みも感じるが、レース参戦に向けて準備を続けたい」

アナ・カラスコ「100%ではないし痛みも感じるが、レース参戦に向けて準備を続けたい」

アナ・カラスコ「100%ではないし痛みも感じるが、レース参戦に向けて準備を続けたい」2020年シーズン中に椎骨を骨折し、手術、そして長いリハビリを続けてきたアナ・カラスコがトラックに戻ってきた。

23歳のカラスコはスピードを発揮するだけでなく、Ninja400で長距離を走りこみ、傷の回復具合を確認した。なお、アナがトラック走行を行うのは約5ヶ月ぶりのことだ。

テストの際にトラックサイドでアドバイスを提供したのは、元FIM スーパーバイク世界選手権(SBK)ライダーのホアン・ラスコルツだった。アナは初日のテストで40周、2日目のテストで44周を走り込んだ。

次回テストは3月16日、17日に予定されており、今回のテストでアナ、チームもしっかりと走行出来るという確信を得ることが出来たようだ。

Advertisement
アナ・カラスコ「100%ではないし痛みも感じるが、レース参戦に向けて準備を続けたい」

懸命に作業を続けていきたい

アナ・カラスコ

「2日間のテストに満足しています。Ninja400をライディングした感触は悪くありませんし、ライディングをスタートする以前に思っていた以上に良い状態で走行出来ました。」
アナ・カラスコ「100%ではないし痛みも感じるが、レース参戦に向けて準備を続けたい」アナ・カラスコ「100%ではないし痛みも感じるが、レース参戦に向けて準備を続けたい」
「自信を持って走行できましたし、ラップタイムもターゲットタイムに近いものでした。 チームと再び作業ができたこと、ホアンからの貴重なインプットが大きなモチベーションになりました。」
アナ・カラスコ「100%ではないし痛みも感じるが、レース参戦に向けて準備を続けたい」

Advertisement

「未だに怪我から100%回復したとは言えませんし、痛みも感じます。しかしこういったことは予想していたことです。引き続き懸命に作業を続け、可能な限り早いタイミングでレースに参戦出来る準備を整えたいと思います。」
アナ・カラスコ「100%ではないし痛みも感じるが、レース参戦に向けて準備を続けたい」アナ・カラスコ「100%ではないし痛みも感じるが、レース参戦に向けて準備を続けたい」
Advertisement
アナ・カラスコ「100%ではないし痛みも感じるが、レース参戦に向けて準備を続けたい」
(Source: KRT)

(Photo courtesy of KRT)

スーパーバイク世界選手権カテゴリの最新記事