★MotoGP2018アメリカGP マルケス「今シーズンはまだ長い。トップで走行出来るポテンシャルはある」

★MotoGP2018アメリカGP マルケス「今シーズンはまだ長い。トップで走行出来るポテンシャルはある」

アルゼンチンはレース前の混乱はあったとはいえ、普通に走行していればトップ5での完走は間違いなく可能であったはずのマルケスですが、結果的にノーポイントで終わりました。今週末のCOTAは今までに5連勝を達成しているとはいえ、マルケスがどのようなレースをするか大きな注目が集まります。

マルク・マルケス

「カタールで良いスタートを切ったあと、アルゼンチンではノーポイントに終わりました。しかしいずれのレースにおいてもバイクのフィーリングは良かったんです。今シーズンはまだ長いですし、重要なことはトップで走行出来るポテンシャルがあるということです。」

「これから素晴らしい雰囲気、素晴らしい思い出があるオースティンへと向かいます。オースティンは自分がMotoGPクラスで始めてポールポジションと優勝を獲得したサーキットです。そしてここで常に強さを発揮してきました。ですから、良い結果を得ようとするには最高の場所でしょう。」

「しかし、毎シーズンごとにバイク、タイヤ、コンディションが異なります。今年はトラック側でバンプを解消するための作業が行われていますから、トラックがどのようなコンディションなのか見てみましょう。今までの週末がそうであったように、週末の中でレースセットアップを進め、日曜にどの位置でレースを終える事が出来るかを見てみましょう。」

(Source: HRC)

(Photo courtesy of michelin)

MotoGPカテゴリの最新記事